お兄ちゃんがくれたお年玉のセンスがよすぎる… 話題になったその渡し方とは…?

    まさかの「表示価格より半額引き」?!スーパーでよく見るアレに入ったお年玉が話題です。

    ユニークすぎるお年玉の渡し方が、Twitterで話題になっています。

    新年早々に「お兄ちゃんがくれたお年玉センスよすぎて草」とツイートされ、1.8万リツイートされるほど注目されているのは…

    そう、スーパーでよく見る、アレに入ったお年玉でした。

    まさかの「表示価格より半額引き」?!

    Twitter: @anko_1012722

    表示金額は20000円ですが、広告の品ということで、半額にされたお年玉。

    国産の新年用、しっかりと天然です。

    「開封後はお早めにお使いください」など、裏もしっかりこだわりが。

    Twitter: @anko_1012722

    住所欄には「今月厳しい市あいに区」と記載されています。お兄さんも半額にせざるをえない理由があったようですね。

    このお年玉をもらったのは、大学生のあんころもちさん。BuzzFeedの取材にこう語ります。

    「やっぱり私の兄はやることが違うなと思いました(笑)。こんなに凝ったお年玉を貰うのは初めてでした」

    いったい、どんなお兄さんなのでしょうか…?

    「普段から面白くて家族のムードメーカーという感じです。ふざけている時の方が多いですが本当はしっかりしていて、私に困ったことがあったら真剣にアドバイスしてくれることもあります」

    お年玉の「保存方法」には「財布、もしくはお母さん銀行」と書かれています。

    消費期限には「欲しい物を購入した日」とも。あんころもちさんの気になる使い道は…?

    「無駄遣いはしないように何か特別なことに使いたいです。このまま保管しておくのもありですね(笑)」

    せっかくだから取っておきたいと思ってしまうような素敵なお年玉。早くも来年が楽しみですね👏👏👏