• bousaijp badge

新潟県で震度6強、津波も 地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと

この地震で、新潟県村上市で震度6強を、山形県鶴岡市で震度6弱を観測している。山形県や新潟県上中下越、佐渡、石川県能登で高さ1mの津波注意報が出ている。すでに到達した地区もあるとみられ、海岸や川の河口付近には絶対に近づかないことが必要だ。

6月18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生した。

この地震で、新潟県村上市で震度6強を、山形県鶴岡市で震度6弱を観測している。

また、山形県や新潟県上中下越、佐渡、石川県能登で高さ1mの津波注意報が出ている。すでに到達した地区もあるとみられ、海岸や川の河口付近には絶対に近づいてはいけない。

内閣府によると、津波の高さが1m以上だと、木造家屋に被害が出はじめる規模になる。車や人が流されるほどの力を持っている。

NHKによると、この地震による柏崎刈羽原発への影響はないとみられるという。

やるべきこと・やってはいけないこと

地震発生直後、なにをすべきで、なにをやってはいけないのか。東京都の防災情報ハンドブック「東京防災」からまとめた。

NGなこと

東京防災

ガスや電気が通っている自宅などでは、ガスに引火する可能性がある。火はつけない。ブレーカーを上げない。電気のスイッチも触らないようにしよう。

被災地以外の人にとって大事なのは、不要不急な電話を控えることだ。被災直後は、電話回線がパンクする恐れがある。用がないなら、電話は絶対にやめる。

発生直後の行動について

自宅にいる場合の注意は次の画像にまとまっている。

東京防災

移動中の注意点

落下物や、切れた電線などにも注意がいる。

東京防災

避難したほうがいい?

避難を判断するための、フローチャートがまとまっている。もし、家族が離れ離れになっている場合は、自宅に安否メモを残す、電話会社が提供している災害用の伝言サービスを使うことが大事だ。

東京防災

避難する際の注意

東京防災
  • ブレーカーを落とす
  • ガスの元栓を閉める
  • 災害メモを残す
  • 伝言板、SNSで連絡する

各地の震度は以下の通り。

震度6強:新潟県村上市 

震度6弱:山形県鶴岡市 

震度5弱:秋田県由利本荘市 山形県酒田市  大蔵村  三川町  新潟県長岡市  柏崎市  阿賀町 

BuzzFeed Newsでは防災関連の記事をこちらにまとめています。


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here