• buzzopi badge

「匿名はすごく残酷」女子高生を襲ったネットいじめ、その現実とは

SNSを介して匿名で質問を送ることができるサービス「質問箱」を介した、ネットいじめ。その実態とは。

匿名性が高く、特に外から見えにくいことから、深刻化すると懸念されている「SNSいじめ」。その実態はどうなっているのか。

BuzzFeed NewsのLINE公式アカウント「バズおぴ」で、「SNSいじめ」について意見を募ったところ、「質問箱」の匿名いじめに悩む意見が複数の高校生から送られてきた。

うち2人の女子生徒に、話を聞いた。

Kota Hatachi / BuzzFeed

そもそも「質問箱」とは、SNSを介してユーザーとやりとりをするためのツールだ。ほかにも、同様のサービスは複数存在する。

匿名で質問を送ることができる一方、ほかのユーザーが質問した内容は一覧になって見ることがでいる。芸能人やインフルエンサーなども活用していることから若年層にも広がっている。

「誰かわからないので、もしかしたらクラスのみんなにこんな風に思われてるんじゃないか、と一時期学校に行くのが辛いことがありました」

そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、秋田県の高校3年生、しめさん。「質問箱」を通じたいじめに悩まされた経験を持つ。

「1人が言い出すとそれに便乗して書き込む人も多かったので連続で悪口や偏見、根も葉もないうわさを書かれました。自分の見た目や性格のこと『何時に誰といたよね』など、常に監視されてるんじゃないかと思ってしまうくらいの個人情報も質問箱に来たことがあります」

「匿名で誰が書きこんでいたか本当に分からなかったです。だからこそ余計に、学校で自分がこう思われてるんだな、学校行きたくないな、人の目が怖いな、と負のループに陥ってしまいました」

対人関係に不安も

Getty Images

画像加工しています

すぐに、質問箱は閉鎖した。しかしトラウマはなかなか、抜けなかった。

「正直に言うと、質問箱を消してからも対人関係に不安を持つようになってしまいました」

しめさんは、ネット上で知り合った友人に相談をしたことで、いじめを乗り越えたという。

「自分には学校しかないわけではない、他にも逃げ道はあるんだ、と楽観的に考えてるうちに、自分を演じて生活することはなくなりました。当時からTwitterで仲良くしてた女の子に相談をしていて、その子に支えられて乗り切れたと思います。ある程度『無関係』を築けるネットの方が楽だなとも思い始めました」

同じような被害に遭っている人に伝えたいことを聞くと、こう語った。

「質問箱などのツールを消してしまうのをおすすめしたいと思います。消すという行為は悪口を書き込んだ人からすれば『逃げた』とも思われるかもしれませんが、ネットのいじめは、現実世界でのいじめより遥かにタチが悪いです」

「顔が見えないのをいいことに好き放題書き込む人たちは、人の気持ちを理解できないんだなと、ちょっと嘲笑ってしまうくらいが丁度いいんです。あまり言いすぎて自分まで加害者にならないような大人な対応をすること、そして、ネットでも現実でも構わないので、誰か一人本当に信頼できる人を見つけ相談することで、少し気が楽になると思います」

「ブス」「友達いるんですか」

Getty Images

画像加工しています

「誰かもわからない、匿名の悪口は怖かったです…」

同じく「質問箱」でいじめを受けた経験がある、京都府に住む高校2年生のあいさんはそう語る。

自身のInstagramのアカウントに3週間ほど設置したところ、送られてきた40ほどの質問のうち、8割は悪口だったという。

「ブス」「自分のこと可愛いって思ってる」「うるさい」「天パやからちゃんとストレートアイロンかけろ。ウザイ」「〇〇(電車名)でめっちゃうるさいので黙れ」「友達と話しているけど、あなたの友達みんな苦笑いしてるよ」「友達いるんですか?」

そうした罵詈雑言の数々は、全てが匿名だった。誰が書き込んだのかがわからないーー。それが、あいさんを一番苦しめたものだ。

「すぐに、質問箱を封鎖しました。匿名はすごく残酷なもので、書いた本人は軽い気持ちだと思います。『匿名だから絶対に分からないだろう笑』みたいな感じで……」

中学時代に友人を失ったことがあるというあいさんは、もしいま、いじめを受けている人がいたとしても「絶対に自殺しないでください」と語る。

「絶対に自殺はしないでください。絶対に人生いいことあります。誰が書き込んだか、わからない人はSNSから離れるのもいいと思います。学校や、SNSだけがあなたの人生でないです」


文科省の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対し、もし自分が被害にあったら「すぐ信頼できる大人や友達に訴えてください。大切なことは『SOS』と『自己防衛』です」と呼びかけています。

ネットいじめに文科省では、「24時間子供SOSダイヤル」(0120-0-78310)を開設しています。


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加