台風6号が発生、週末に関東上陸のおそれも その進路は

    今後の進路によっては東海・関東地方に上陸するおそれもある。隅田川花火大会やフジロック・フェスティバルが予定されている土曜日と日曜日にかけて、大雨に注意が必要だ。

    7月26日午前、台風6号(ナーリー)が発生した。27〜28日の土曜日、日曜日にかけて東海地方や関東地方に接近、上陸するおそれもあるという。

    気象庁によると、台風6号の中心気圧は1000hPaで、中心付近の最大瞬間風速は25メートル。進路予測では、今後太平洋を北上し、紀伊半島に近づいたのち、関東方面へ向かうとみられている。

    土曜日には東京・台東区で隅田川花火大会が、また金曜日から日曜日にかけては新潟県湯沢町でフジロック・フェスティバルが開催されるなど、イベントが目白押しの週末。今後の台風の進路には十分注意が必要だ。

    Yahoo! 天気・災害 / Via typhoon.yahoo.co.jp

    気象庁によると、東日本太平洋側で雷をともなった非常に激しい雨が予想されている。予想は以下の通り。

    ▽27日6時までの24時間(多い所):東海地方150ミリ、関東甲信地方で80ミリ

    ▽28日6時までの24時間(同上):東海地方100〜200ミリ、関東甲信地方100〜150ミリ

    台風は28日午前9時までには熱帯低気圧に変わるとみられるが、その後も雨量が増えるおそれがあるとして、気象庁は土砂災害や河川の増水、氾濫に注意を呼びかけている。