• historyjp badge

あの日、長崎で奪われたもの。原爆投下直後の貴重な写真

1945年8月9日。長崎に投下されたプルトニウム型原爆「ファットマン」は、一瞬にして多くの命を奪った。人々はその後、どう生きたのか。

1945年8月9日午前11時2分、長崎に1発の原子爆弾が落とされた。

時事=米国立公文書館提供

これらは、今から74年前。原爆が落とされた後の長崎の様子だ。

Universal History Archive / Getty Images

当時、約24万人が暮らす長崎の上空約500メートルで炸裂したプルトニウム型原爆「ファットマン」。

時事通信

たった一発の爆弾は、一瞬にして多くの命を奪った。

Keystone / Getty Images

原爆によって路面電車から投げ出された死者

大勢の未来を奪った。

時事=山端さんの遺族提供

長崎原爆の爆心地付近で故山端庸介さんが撮影した「黒焦げとなった少年」

市内は一面の焼け野原「原子野」と化し、その年の暮れまでに、約7万4千人が亡くなった。

Historical / Getty Images
Ullstein Bild Dtl. / Getty Images

爆心地から1.5kmにある井樋の口停留所近くの被爆者

Universal History Archive / Getty Images
Keystone / Getty Images
Historical / Getty Images
Mpi / Getty Images

爆風で壊れた路面電車

爆風で壊れた路面電車

倒壊した三菱重工の工場

Keystone-france / Getty Images

1945年10月に撮影された山王神社一の鳥居

Historical / Getty Images

1945年10月に撮影された市内の様子

Bettmann / Bettmann Archive

爆心地にあった浦上天主堂。のちに取り壊され、「もうひとつの原爆ドーム」とも呼ばれるようになった。

Galerie Bilderwelt / Getty Images

浦上天主堂南側入り口。爆心側の入り口で、聖ヨハネ像(右)と悲しみのマリア像が立つ

時事通信

1946年7月に撮影された、爆心地から1キロの長崎医科大

Keystone-france / Getty Images

爆心地付近の城山国民学校南棟。同校には三菱長崎兵器製造所の給与課が疎開していた

時事通信

長崎病院から城山方向を臨む

時事通信

それでも。人々は少しずつ、復興へと向かっていった。

Bettmann / Bettmann Archive

1945年9月17日に撮影された街並み

Fotosearch / Getty Images

原爆投下から74回目の夏。被爆者の平均年齢は、82.65歳を超えた。

Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here