back to top

【高校野球】阿波おどりにガラガラヘビ。甲子園の応援がユニークすぎる(動画を削除しました)

注:本来はネットにアップされた動画を紹介する記事でしたが、内容を変更しました。詳しくは「アップデート」をお読みください。

アップデート

大会主催者の朝日新聞社より、各動画の撮影者が大会規約の4項(球場および周辺で撮影した写真・動画は、インターネットのサイト、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどの電子媒体や出版物への掲載は禁止しています)に違反しており、当該動画の削除をTwitter社を通じて実施している、と連絡がありました。

BuzzFeedは動画の使用許諾を撮影者から得ていましたが、オリジナルの動画が削除されることに伴い、記事中の動画も削除しました。

代わりに、猫の写真を挿入しておきます。どうぞお楽しみ下さい。

熱戦が繰り広げられてきた夏の甲子園。ついに、ベスト8が出揃った。

各校の選手を支えるのは、アルプスの声援だ。

ベンチ入りできなかった部員たちや吹奏楽部、チアリーダー。その熱すぎる空気が、動画を通して伝わってくる。

木更津総合(千葉)=初のベスト8進出

勝利の際に空に向かって大きく声を出す「全力校歌」が有名だ。アルプスのオレンジ色が眩しい。準々決勝の第4試合、作新学院との対戦に注目が集まる。
Daichi Ito / BuzzFeed

勝利の際に空に向かって大きく声を出す「全力校歌」が有名だ。アルプスのオレンジ色が眩しい。

準々決勝の第4試合、作新学院との対戦に注目が集まる。

聖光学院(福島)=2年ぶり4回目のベスト8

X-JAPANの名曲・紅のアレンジ。これも高校野球応援歌の定番だ。思わずこちらも、ゆらゆらしてしまいそう。準々決勝の第3試合、北海と戦う。
Daichi Ito / BuzzFeed

X-JAPANの名曲・紅のアレンジ。これも高校野球応援歌の定番だ。思わずこちらも、ゆらゆらしてしまいそう。

準々決勝の第3試合、北海と戦う。

北海(南北海道)=22年ぶり10回目のベスト8

お笑いコンビ・とんねるずのシングル「ガラガラヘビがやってくる」を熱唱し、打線を盛り立てる。蛇を思わせる緑色のメガホンを打ち鳴らす。
Daichi Ito / BuzzFeed

お笑いコンビ・とんねるずのシングル「ガラガラヘビがやってくる」を熱唱し、打線を盛り立てる。蛇を思わせる緑色のメガホンを打ち鳴らす。

常総学院(茨城)=3年ぶり6回目のベスト8

全員で肩を組んで合唱する「常総節」が名物。近畿大学が発祥の「近大節」をアレンジしたものだ。18日の準々決勝・第1試合で秀岳館とぶつかる。
Daichi Ito / BuzzFeed

全員で肩を組んで合唱する「常総節」が名物。近畿大学が発祥の「近大節」をアレンジしたものだ。

18日の準々決勝・第1試合で秀岳館とぶつかる。

秀岳館(熊本)=初のベスト8進出

高校野球応援歌の定番ソング・アフリカンシンフォニー。猛々しさの合間の指笛が心地よい。
Daichi Ito / BuzzFeed

高校野球応援歌の定番ソング・アフリカンシンフォニー。猛々しさの合間の指笛が心地よい。

鳴門(徳島)=3年ぶり3回目のベスト8

得点後に見られるのは、400年の歴史を持つ「阿波おどり」。軽快なリズムで陽気に踊る応援団が、微笑ましい。準々決勝は第2試合。明徳義塾との四国対決を制するのはどちらか。
Daichi Ito / BuzzFeed

得点後に見られるのは、400年の歴史を持つ「阿波おどり」。軽快なリズムで陽気に踊る応援団が、微笑ましい。

準々決勝は第2試合。明徳義塾との四国対決を制するのはどちらか。

明徳義塾(高知)=3年ぶり5回目のベスト8

下から見る吹奏楽、なんだか新しい。朝日新聞によると、応援には「マーチングバンド部の先生の音大時代の仲間、そしてその知り合いが集まる」のだとか。
Daichi Ito / BuzzFeed

下から見る吹奏楽、なんだか新しい。

朝日新聞によると、応援には「マーチングバンド部の先生の音大時代の仲間、そしてその知り合いが集まる」のだとか。

夏の甲子園も、残すところあと3日。18日の準々決勝では、どんな音色がアルプスを包むのか。

(サムネイル:時事通信)

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.