京都アニメーション、放火で爆発か。複数人が死亡、目撃者の女性が撮影した動画

    男がガソリンのような液体を撒いたといい、すでに身柄は確保されている。

    「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズや「けいおん!」「聲の形」などで知られる京都アニメーションで7月18日午前10時半ごろ、爆発的な火災が発生した。

    Twitter: @matushita_torio

    NHKによると爆発音が響いて火災が発生したといい、警察は複数の人の死亡を確認したという。また、けが人は30人以上で、10人以上が意識不明という。

    40代の男がガソリンのような液体を撒いたといい、すでに身柄は確保されているという。

    Twitterには目撃情報が多数アップされている。

    現場から150〜200mくらいに住んでいるという30代の女性は、BuzzFeed Newsの取材にこう語る。

    「ヘリやパトカー、救急車の音がすごかった。匂いがしてきたので、窓を開けたら燃えていました。火はあまり表から見えませんでしたが、一旦落ち着いて煙はまたではじめています」

    近くまで行ったところ、建物の窓は真っ黒になっていたという。

    Twitter: @matushita_torio

    周りは住宅密集地で、救急車やパトカーで道が埋まり、通行止になっていたそうだ。

    女性は京都アニメーション作品のファンであるといい、「すごいショックですね。中にいる人が心配です」と語った。

    女性が撮影した動画からは、煙がもうもうと上がっている様子が伺える。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here