back to top

【熊本地震】被災地は2カ月で元どおりにはならない 写真は語る

くまモンも「応援」に立ち上がった。

熊本、大分を襲った地震の発生から2カ月。

熊本県内では6月14日から、ようやく仮設住宅への入居が始まった。だが、いまだに6千人以上が避難生活を続けている

被害の大きかった益城町などでは、崩れたままの家屋も多い。「忘れないで」「まだ支援が必要です」。そんな声がツイッターに、こぼれる。

これらの写真は被災直後のものではない。6月に入ってから撮られたものだ。

広告

空から熊本市内を見ると、目立つのは青い屋根。

雨漏りを防ぐために張られたブルーシートだ。

地震から2ã‚«æœˆã®ç†Šæœ¬å¸‚ã€‚å±‹æ ¹ã«ã‹ã‹ã£ãŸãƒ–ãƒ«ãƒ¼ã‚·ãƒ¼ãƒˆãŒã€ã¾ã å¾©èˆˆé€”ä¸Šã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’ç¤ºã—ã¦ã„ã¾ã™ã€‚ ( 動画提供:@90121__ )

動画を撮影した熊本市の女性は、こう訴える。

「報道がなくなり復興してると思われてるかもしれないけれど、これが熊本の現状。ほんの少し回復しても、復興まではまだまだです」

そんな熊本の人たちを応援しようと県は15日、「復興シンボルマーク」を発表した。

復興の旗振り役となったくまモンが、「心を一つに頑張ろう!」と呼びかける姿だ。

「復興に向けた熊本県の決意を力強く宣言する」

そんな思いも込められているという。

広告


Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.