今しか見られない熊本城の雄姿がすごい 「まるで要塞」と話題に

    震災から2年。いまも復旧工事が進んでいる。

    2年前の震災で大きく傷ついた熊本城。その復旧工事の様子が「今しか見られない」などと話題を呼んでいます。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    急ピッチで進む工事。近くで見ると、その迫力に圧倒されます。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    大天守は修復工事用の足場に覆われ、小天守もまるで浮いているような姿に、ネット上には「まるで要塞のよう」というも。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    2度の揺れで7千枚以上の瓦やしゃちほこが落ちるなど、大きく傷ついた熊本城。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    2016年11月撮影

    瓦のふき直しもほぼ終わり、4月7日にはしゃちほこも復活しました。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    手前は唯一現存する「宇土櫓」。地震でも大きな損害はなかった

    工事は2020年度末までに終わる見通しで、その翌年度からは天守閣の一般公開も予定されています。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    ただ、城内のあちらこちらで崩れた石垣は、いまも震災当時のままになっています。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    いまは、崩れた石をひとつずつ記録していくという緻密な作業が進んでいるところです。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    城の周りには、そうした石がずらりと並んでいます。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    すべての復旧が完了するのは、20年後。2039年の予定です。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    1日もはやく、その姿が元どおりになることを祈りながら。その工事の様子も、ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

    Kota Hatachi / BuzzFeed

    2013年に撮影した熊本城の天守閣

    BuzzFeed Newsでは【震災から2年、私はいまもあの日の夢をみる。それでも、被災者とは言えない】という記事も掲載しています。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here