「熊はぬいぐるみじゃない」野生のヒグマをSNSにアップは危険、注意呼びかけ

    北海道では、札幌市南区の住宅街でもヒグマが目撃されたばかり。一方、知床地域での直近一週間の目撃件数は40件にのぼる。熊と出会った場合に気をつけるべきこととは。

    夏休みシーズンをむかえ、北海道の道路などで出会った野生のクマをネット上にアップする人たちがいる。

    知床財団 / Via Twitter: @bear_shiretoko

    中には熊にギリギリまで近づいたり、「クマのプーさん」などという言葉とともに写真をアップしたりしている人も。

    ただ、こうした行為は極めて危険だ。知床財団でも再三にわたり、注意を呼びかけている。

    同財団によると、この時期には多くのヒグマが出没する。

    知床財団 / Via Twitter: @bear_shiretoko

    北海道では、札幌市南区の住宅街でもヒグマが目撃されたばかり。一方、知床地域での直近一週間の目撃件数は40件にのぼる。

    同財団によると、こうしたクマを「インスタ映え」のため、撮影しようとする観光客があとを絶たないという。しかし、これはとても危険な行為だ。

    小さく見える若いクマでも、その体重は30〜60kg。さらに時速60kmで走ることができる。同財団は「野生のヒグマはヌイグルミではありません」「攻撃能力を甘く考えてはいけない」と、注意を呼びかけている。

    また、撮影者が襲われる危険性が高いだけではなく、「クマの人慣れ」によってその生態がかわってしまうおそれがある。「人を守ることがヒグマを守ることにつなが」るのだという。

    クマを見かけた場合には「近づかない」「車から降りない」「餌をやらない」の3点に気をつけないといけない。

    知床財団 / Via Twitter: @bear_shiretoko

    ヒグマは素早く動くものに反応する。走って逃げたり、大声でわめいたりする行為は、クマをさらに驚かせることになる。

    また、子グマの場合は、母グマが子どもを守るために突進してくることもあるので、さらなる注意が必要だ。

    道路上で見かけた場合は、車を止め、クマが離れるまで車内で待つことが大切だという。

    同財団の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「不用意に近づいてはいけません」と語る。

    知床財団 / Via Twitter: @bear_shiretoko

    「ヒグマは、人が普段接している犬や猫、家畜とかとは一線を画す、野生の生き物です。おとなしそうに見えたり、小さそうに見えたりするクマでも、非常に強い力を持っている存在です」

    「ですから、不用意に近づいてはいけません。また、仮に人が餌をやったり、ゴミを捨てたり、人の行動によってヒグマの性質が変わってしまうことも確認されている。野生のヒグマに影響をしないように行動してもらいたい」

    実際にクマに出会った場合の対処法は、同財団のホームページにも掲載されている。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here