• tokyo2020 badge
  • Tokyo badge

「面白おかしくしたいんだろう」森喜朗氏、謝罪会見で“逆ギレ”【質疑応答全文】

発言を謝罪、撤回したが、辞任については否定した。「女性がたくさんいる会議は時間がかかる」などという発言に対しては、国内外から批判が殺到。辞任を求める声もあがっていた。

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などとの発言が女性差別であると批判を集めた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会長の森喜朗元首相(83)。

2月4日に都内で会見を開き、「オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現であった」と謝罪、撤回した。

辞任については否定した。会見では記者に「おもしろおかしく書きたいだけだろ」と噛み付く場面もあった。発言とやりとりの全文(要旨)をお伝えする。

時事通信

問題の発言があったのは、2月3日にオンラインで開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会。

女性理事を増やそうというJOCの方針に対する個人的な意見として、以下のように述べた(共同通信による)。

女性理事を選ぶっていうのは文科省がうるさく言うんです。だけど、女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。

ラグビー協会、今までの倍の時間がかかる。女性は今、5人か。女性っていうのは競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。それで、みんな発言される。

女性の数を増やしていく場合は、この発言の時間もある程度は規制をしておかないとなかなか終わらないので困る、と誰かが言っていた。

その上で、「結局、あんまりいうと、新聞に書かれますけど、…女性を必ずしも数を増やしていく場合は、発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらないで困る」と続けたという。

なお、JOCは理事25人のうち女性が5人しかおらず、スポーツ庁がまとめた指針に基づいて、女性の割合を40%以上に引き上げることを目標としている。

BuzzFeed

冒頭発言

「ご心配いただいていることに恐縮をしております。昨日の発言につきましては、オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現であったと認識いたしております。まず、深く反省をしております。そして、発言を撤回し、不愉快な思いをされた皆さまにはお詫びを申し上げたい」

「オリンピック・パラリンピックにつきましても男女平等が明確にうたわれております。アスリート、スタッフも多くが女性活躍しておりまして、大変感謝しております。私たちの組織委のことを申し上げたことではなく、円満にうまくいっている」

「大会まで半年になりまして、関係者一同一生懸命頑張っておられる。その責任者である私がみなさんのお仕事に支障があることになってはいけない。そう考えて、お詫びをし、訂正をすることを申し上げたわけであります」

「世界のアスリートを受け入れる都民、国民、IOC・IPCをはじめとした国際的な関係者にとっても、オリンピック・パラリンピック精神に基づいた大会が開催できますように、引き続き、献身し、努力していきたい」

Q 辞任のお考えは

「考えはありません。私は一生懸命献身的にお手伝いして7年間やってきたわけですので、自分からどうしようという気持ちはございません。皆さまから邪魔だと言われれば、おっしゃる通り、老害は粗大ゴミになったのかもしれませんから、そしたら掃いてもらえばいいんじゃないですか」

Q 国内はじめ、世界への説明については

「これ以上のことを申し上げるとまた誤解が誤解を生むし、必ずしもいつも来ていた方と違う皆さんもおられてよくわからないところがある。私は組織委の理事会ではなく、JOCの理事会に名誉委員という立場で挨拶をした。私は正式なアレじゃないから、お礼のつもりでと、一番終わった後にあいさつした。自分なりに制御はしていたつもりです。ですから組織委の理事会と一緒にしておられる方、特に外国は一緒にされるかも。それはみなさんの報道の仕方だと思いますが…あくまでもJOCの評議委員会で私は挨拶した」

「(JOC会長の)山下さんは今度の改革は大変大きな改革で、JOCが人事の改革に大変な苦労をして、理事会では相当突き上げがあって難航しているという相談があったので、がんばれがんばれと言ってきた。ですから山下さんの最初の大きな仕事として、最も成功しないといけないことは人事のことでしたから、そのことがよくできたと私は評価し、お礼を申し上げると発言をしたんです。いわゆる政府から来ているガバナンスに対しては、あまり筋のところにこだわるな、なかなか運営が難しくなることもありますよ、というなかで、私が知っている理事会の話を引用して、ああいう発言になったということです」

Q ラグビー協会の特定の女性理事を念頭に置いたものでは

「一切頭にありませんし、ラグビー協会の理事会で誰がどういう人が理事で、どういう話をしたかは知りません」

Q IOCから問い合わせは

「さあ、私はわかりませんが、職員は毎日向こうの朝が明けると、そのころから会議がはじまりますから、そういう話はあるかもしれません。(自分で説明する意思は)それは必要ないでしょう、ここで話しているんだから」

Q 責任を取らないことは開催への批判を強めるのでは

「ご心配をいただいたということであれば、ありがとうございます。あなたのおっしゃる通りのことは最初申し上げたじゃないですか。誤解を生んではいけないので、撤回している。オリンピック精神に反すると思うからと申し上げた」

Q 女性登用については多様性ではなく、文科省がうるさい(「女性理事を選ぶと文科省がうるさく言う」と発言)から規定が定められているという認識なのか

「そういう認識ではありません。女性と男性しかいない。もちろん両性もあるが。どなたが選ばれたっていいが、数字にこだわるのは一つの標準でしょうけど、あまり無理なさらないほうがいいということを言ったわけです」

「(うるさいというのは)ガバナンス取るためにみなさん苦労されているようです。私はどこの連盟にも入っていないが、いろいろな話はいろいろ入ってきます。そんな話を総括して、会の運営は難しいと山下さんに申し上げたんです」

Q 聖火リレーについて、タレントの田村淳さんが直近の発言(「人気タレントは人が集まらないところで走ったら」「田んぼがいい」などの発言)を理由に辞退された

「昨日のことに合わせて報道されていたんでしょうが、これは昨日の会合じゃないと思います。一昨日でしょう、自民党の会合で質問があったので、各府県の実行委にお願いをしていて、基本的には密を避けていってほしいと言っているというなかで、人気があるタレントさんは、人が集まってくるところはご遠慮したほうがいいと私が思っていると。それを指示するとか…誰が走るとかは、僕らが決めることではないので。実行委が決めることですから」

「県に言えることは、密を避けてくださいと。タレントさんがくるとファンがわっと集まってくる。その密をどう避けるのかという話の例で、国会議員おられましたから、何もないところでは田んぼで走るしかないね、と。土足で入るから農村には迷惑かけるが、空があいてるから空気もこもらないし、それしかないですね、という意見もありますと紹介したわけで、組織委がどうすると話をしたわけではない」

「(著名人のランナーには)私は走ってくださいとも、走ってくださらないでとも話す立場にはありません。お決めになられた場合は所定の手続きを経る。誰が走るか、一切知りません」

Q 会長は女性が話が長いと思っているのか。小池知事も「人による」と述べていたが

「最近女性の話を聞かないからあまりわかりません」「私も長い方なんです」

Q クオータ制(候補者や議席の一定割合を男女に割り当てる制度)へのお考えは

「民意が決めることじゃないですか。反対でも賛成でもありません。国民が決めることだと思います」

Q 発言のどこがどう不適切だったとお考えか

「男女の区別をするような発言をしたことですね」

Q 会長として適任か

「さあ。あなたはどう思いますか。(適任ではないと思います)じゃあそういうふうに承っておきます」

Q 先ほどのは会長としての発言ではないので、責任が問われないという趣旨の発言をしていたのでは

「責任が問われないというわけではないですよ。場所をわきまえてちゃんと話したつもりです。組織委じゃないからよかったというわけではなく…ちゃんと昨日の全部みてから質問してください」

Q わきまえるという発言(「組織委の女性理事はみんなわきまえておられて」と発言)は、女性は発言を控えるべきという趣旨か

「そういうことでもありません。場所だとか時間だとかテーマだとか。そういうものに合わせて話すことが大事なんじゃないですか。そうしないと会議は前に進まない」

「(女性と限る必要は)だから私も含めてっていってるじゃないですか。(追加質問中に)面白おかしくしたいから聞いているんだろう。さっきから話している通りです」

Q 誤解と表現したが、誤った認識ではないか

「そういうふうに聞いておるんです。去年からですね、一連のこのガバナンスに基づいて各協会や連盟は苦労しておられたようです。私は昔は全体を統括するいまのスポーツ協会の会長をしておりましたから、皆さんたちは相談にも来られます」

「なかなか大変なんですということでした。特に山下さんのときは、JOCの理事会の理事をかなり削って女性の枠を増やさないといけないということで、大変苦労したという話をしておられて、理事のなかで反対があったのに大変だったが、なんとかここにたどり着いたという苦労話を聞いたので…」

Q 各団体から「女性の話が長い」と聞いているのか

「そういう話はよく聞きます。(どの団体か)それは言えません」

Q データや根拠がないのでは

「さあ、僕はそういうことをいう人がどういう根拠でおっしゃったはわかりませんけど、女性の理事を選んで、結果としていろいろなことがあったという話を聞いたことがあったので、山下さんにこれから苦労されますよと申し上げたんです」

Q 女性を尊重しない発言に怒っている声への受け止めは

「だから謙虚に受け止めて、撤回をさせていただくと言っているんです」


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here