• tokyo2020 badge
  • Tokyo badge

「子どもを1人もつくらない女性が…」で過去にも批判。森会長、繰り返される問題発言

森氏はこれまでも、社会で問題視される発言を繰り返してきた。今回の発言で辞任の可能性にも言及した氏の、言動を振り返る。

「女性の理事を増やす場合は、発言時間を規制しないとなかなか終わらないので困る」

時事通信

女性差別発言をした東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会長の森喜朗元首相(83)に対する批判が、国内外で高まっている。

森氏はこれまでも、社会で問題視される発言を繰り返してきた。今回の発言で辞任の可能性にも言及した氏の、言動を振り返る。

1. 「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」

朝日新聞によると、問題の発言があったのは、2月3日にオンラインで開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会。

女性理事を増やそうというJOCの方針に対する個人的な意見として、以下のように述べたという。

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」

その上で、「結局、あんまりいうと、新聞に書かれますけど、…女性を必ずしも数を増やしていく場合は、発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらないで困る」と続けたという。

JOCは理事25人のうち女性が5人しかおらず、スポーツ庁がまとめた指針に基づいて、女性の割合を40%以上に引き上げることを目標としている。

2. 「子どもを1人もつくらない女性が…」

森氏が女性差別の発言をしたのは、これが初めてではない。

自民党少子化問題調査会長だった2003年にも、子どもを持たない女性を否定する発言をし、批判を浴びている。

少子化問題に関する言及で、西日本新聞(2003年7月3日)によると、発言は以下の通り。

「子どもをたくさんつくった女性が将来、国が『ご苦労さまでした』といって面倒見るのが本来の福祉。子どもを一人もつくらない女性が、好き勝手とは言っちゃいかんけども、自由を謳歌し楽しんで年取って、税金で面倒見なさいっていうのは本当はおかしいんですよ」

3. 「日本は天皇を中心としている神の国である」

時事通信

森氏が首相だった2000年の発言。「神の国発言」とも言われ、国民主権である日本国憲法の否定であり、戦前の「皇国史観」を抱えていると捉えられたことから批判が集まった。

これは、「神道政治連盟国会議員懇談会」の祝賀会における発言で、朝日新聞(2000年5月16日)によると、以下のような内容だ。

「日本の国、まさに天皇を中心とする神の国であるぞということを、国民の皆さんにしっかりと承知していただく」

4. 「あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね」

ソチ五輪で代表だったフィギュアスケートの浅田真央選手に対する、2014年2月の発言。スポーツ選手たちからも批判の声があがった。

福岡市内での講演の発言で、西日本新聞(2014年2月21日)によると内容は以下の通り。

「見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね」「転んだことが心の傷に残って、今度は転んじゃいかんという気持ちが強く出たのだと思いますね。ちょっと運が悪かった」「日本は(団体戦に)出なきゃよかった。負けると分かっていた。浅田さんを出して恥をかかせることはなかった」

5. 「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」

時事通信

東京都内で開かれたリオデジャネイロ五輪の壮行会での発言。国歌を歌わなかった選手らに対し、来賓あいさつで訴えた。

なお、この際は「国歌斉唱」ではなく、陸上自衛隊中央音楽隊の陸士長による「国家独唱」であったが、森氏が誤解していたとみられる。

朝日新聞(2016年7月4日)によると、発言内容は以下の通り。

「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」「口をモゴモゴしているだけじゃなくて、声を大きく上げ、表彰台に立ったら、国歌を歌ってください」

6. 「たった2500億円も出せなかったのか」

新国立競技場の建設が見直しとなり、同所でのラグビーW杯の開催が断念されたことを受けた発言。

自身がラグビー協会会長を務めたこともあることから、「恨み節」とも報じられた。

発言は安倍首相との会談後のもの。日刊スポーツ(2015年7月18日)によると、以下のような内容だ。

「施設に掛けるお金は都が3000億円。組織委が五輪に掛けるお金は、その比ではない。国がたった2500億円も出せなかったのかねという不満はある」

この際、撤回された建築家のザハ・ハディド氏のデザインについても「僕はもともと、あのスタジアムは嫌だった。生がきみたいだ」と述べている。

7. 「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思うが、選手は気をつけてほしい」

時事通信

新型コロナウイルスの感染が日本で広がり始めていた昨年2月の発言。

都内で開かれた公式ウェアの発表会における発言。共同通信(2002年2月21日)によると、内容は以下の通り。

「早くコロナウイルスがどこかへ消し飛んでほしいなと神にも祈るような毎日だ」「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思うが、選手は気をつけてほしい」

森氏は翌3月にも、21年夏の五輪開催について「神頼みみたいなところはあるが、そうした気持ちが必ず通じていくと思う」と語っていた(朝日新聞、2020年3月31日)。

コロナに対して「精神論」で乗り切ろうとしているとも写るこうした姿勢には、批判も集まった。

8. 「こういう時期になぜ世論調査するのか」

2021年に入り、世論調査で東京五輪の開催に否定的な中止、再延期を求める声が8割を超えていることを受け、コロナ禍における世論調査の実施に苦言を呈した。

発言は1月12日の都内における講演会のもので、デイリースポーツによると、以下の通りだ。

「世論調査を無視しろとは言わないが、世論調査にはタイミングと条件がある」「今のコロナで、こういう騒ぎでやっている時に、『オリンピックどうですか?』と聞かれたら、何と答えますか?答えようがないでしょう」

「そういう時期に、なぜあえてこういう『五輪をやるべきか』『延期すべきか』『中止すべきか』という世論調査をするのか。世論の動向を見るのは大事なことだけど、これをこうして発表しなければならんのかなと。私には疑問がある」

森氏は緊急事態宣言が発令された1月7日にも「不安?まったくありません」「やるのは7月でしょ」と発言し、世論との乖離に批判が集まっていた。

9. 「辞任を求める声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれない」

AFP=時事

問題発言ではないものの、今回の「女性差別発言」を受けた毎日新聞(2月4日)の取材への回答。

「女性を蔑視する意図は全くなかった」と釈明し、以下のように辞任の可能性に言及したという。

「責任を果たさなければならないと思っているが、辞任を求める声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれない」

同日朝にはTwitterで「#森喜朗氏は引退してください」が広がり、一時トレンド入りしている。

ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌LINEの友達登録で編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加

Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here