ジャニーズ事務所が「テレビ局への圧力」報道でコメント【全文】

    公正取引委員会は「SMAPの元メンバー3人を出演させないよう、民放テレビ局などに圧力をかけた」という情報を受け、ジャニーズ事務所に対し、「独占禁止法に触れるおそれがある」と注意をしたという。

    ジャニーズ事務所が、SMAPの元メンバー3人を出演させないよう、民放テレビ局などに圧力をかけた疑いがあると、7月17日夜に報道各社が相次いで伝えた。同事務所はそうした疑いを否定するコメントを発表した。

    時事通信

    3人は「新しい地図」として活動する稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん。

    NHKによると、公正取引委員会は同事務所に対し、「独占禁止法に触れるおそれがある」と注意をしたという。

    また、朝日新聞によると、「ジャニーズ事務所が圧力をかけている」という情報があったことを受け調査したが、違反行為の認定はできなかったため、「未然防止のための注意」をしたという。

    ジャニーズ事務所は同日夜、コメントを発表した。「圧力などをかけた事実はなく」としながら、調査を受けたことは「重く受け止める」として認め、「今後は誤解を受けないように留意したい」と結んだ。

    コメント全文は以下の通り。

    ジャニーズ事務所

    弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます。


    弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います。


    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here