go to content

政治家必見?政務活動費を不正請求した議員たちの言い訳8選

「手口は先輩議員から引き継いだ」

政務活動費の不正が相次いでいる。領収書をなくしたり、白紙だったり、嘘のお茶代だったり、交通費だったり……。

政務活動費913万円をだまし取ったとして詐欺の罪に問われた野々村竜太郎元兵庫県議の支払証明書=時事通信

そもそも政務活動費とは、議員のいろいろな活動のために、地方自治体が負担するお金。

地方自治法では「議員の調査研究その他の活動に資するため必要な経費」とされていて、その詳しい使い方や額は各自治体によってバラバラだ。ちなみに、全国でいちばん高額の東京都は毎月60万円という。

使い切らなかった分は、返金する。ただ、透明性が低いために、不正が後を絶たない。夏ごろから話題を呼んでいる富山では、県議3人、富山市議12人、高岡市議1人が辞職している。

BuzzFeed Newsでは、それぞれの議員たちがどんな「言い訳」をしているのか、各報道からまとめた。

1.「飲むのが好きなので、誘われれば嫌といえない性分」

富山市議:自民会派元会長の中川勇氏の言い訳。

朝日新聞の取材に対しては、「老後の生活が心配だった」と説明。「返還したから終わりとは思っていない。ずっと背負っていかないと。お天道様は必ず見とる」と、反省の弁も。

すでに議員辞職。10月6日、白紙の領収書を使って政務活動費約494万円を請求したとして、富山市に有印私文書偽造・同行使の容疑で刑事告発された。

2.「最初から偽造だと思っていた」

富山市議:自民会派の谷口寿一氏の言い訳

中川氏に偽造を頼まれた領収書で、政務活動費約91万円を請求し、一部を渡していた。朝日新聞によると、「使えるものは使い切るという考えが会派にあった」との発言も。

すでに議員辞職。富山市から同じく刑事告発された。

3.「返還するくらいなら、将来の政治活動のために取っておきたかった」

富山県議:元自民党で元副議長の矢後肇氏の言い訳

7月、政務活動費約460万円を不正に受け取ったことを認め、「一身上の都合」で離脱してから、辞職した。

書籍約460冊分を架空請求していたという。

4.「生活が苦しかった」

富山県議:民進党県連元代表の坂野裕一氏の言い訳

記者会見では「県議になって交際費が増え、サラリーマン時代より自分が使える金が少なくなった」とも説明。議員辞職後、民進党を除籍となった。

旧民主党富山県連では、党本部から受け取った政党交付金のうち、約4525万円が使途不明になっていることが10月11日、明らかになっている。

5.「手口は先輩議員から引き継いだ」

富山市議:民進党系会派元幹事長の針山常喜氏の言い訳

記者会見には会派元会長の高田一郎市議とともに臨み、「政務活動費の問題が広がり、身が縮む思いで怖かった」とも語った。

3年間で計約1182万円を受け取り、会派でプールしていたという。

6.「(白紙の領収書は)僕が欲しいと言ったか定かでない」

岐阜市議:自民会派の高橋正氏の言い訳。

来客用のコーヒー豆代の領収書で、不正請求をしていた。コーヒーについては会見「僕が1人で飲んでいた時もあったかも知れない」とも説明している。

約30万円を不正請求していたとして、議員辞職した。

7.「だらしなく、子どもの頃からなくしてしまう」

岐阜市議:丸山慎一氏の言い訳。

東京視察時などの領収書を添付せず、政務活動費を過大請求していた。

領収書は、なくしたり、もらい忘れたりしてしまったという。会見では「泥酔して泊まったため、ホテル名を忘れた」とも釈明。総額約19万円を返還し、辞職は否定している。

ちなみに視察先には銀座の天ぷら店も含まれていた。産経新聞によると、その理由について「やはり超一流を見たい。値段と味のバランスを知ることが経済では重要」と説明している。

8.「記憶にない」

涙ながらに釈明会見する野々村竜太郎元兵庫県議=時事通信

兵庫県議:野々村竜太郎被告の裁判での言い訳

計344回の「日帰り出張」をしたなどと嘘の収支報告書を提出。政務活動費913万円をだまし取った罪に問われ、今年7月、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定した。

「全国市民オンブズマン連絡会議」の調査(計114議会が対象)によると、2015年度の支給総額は190億7千万円だった。

返した割合がわかる「執行率」を見ると、富山市議会だけは、2年連続で100%。ほぼ返還されていない、ということだ。

全国平均は86.6%。野々村被告の会見で注目を浴びた兵庫県議会では、執行率が毎年1割ずつ減少。2015年度は66.4%だった。

不正多発の原因ともされる透明性はどうか。

インターネット上やCD交付という形で領収書が公開されていたのは、兵庫県や高知県、大阪府、大阪市、神戸市などの18議会と、全体の16%。報告書では、そんな状況をこう批判している。

「議会の非公開度は市民の常識とかけ離れている」

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.