• factcheckjp badge

杉田議員を批判した橋本聖子氏の発言「事務所が否定」は誤り。「女性はいくらでも嘘」発言めぐり拡散

杉田水脈議員と同じく自民党で、内閣府の橋本聖子・男女共同参画担当相が「女性はいくらでも嘘をつける」という発言について批判したことに対し、「事務所が否定した」という情報が一部で広がった。

性暴力の被害者をめぐり、自民党内部の会合で「女性はいくらでも嘘をつける」と発言した杉田水脈衆議院議員(比例中国ブロック)。

同じく自民党で内閣府の橋本聖子・男女共同参画担当相がこの発言について批判したことに対し、「事務所が否定した」という情報が一部で広がった。

これは、「誤り」だ。発端はあるツイートだが、事務所側もこの点を否定している。BuzzFeed Newsはファクトチェックを実施した。

Twitterより

杉田議員の発言があったのは9月25日、自民党内部で開かれた来年度予算の概算要求に関する会議の場。

性暴力被害者の相談事業について、民間委託ではなく警察が積極的に関与するよう主張。「女性はいくらでも嘘をつける。そういう方は多々いた」などと発言した。

これに対し、橋本氏が9月29日の会見で批判的な発言をしている。これについては、朝日新聞が《杉田水脈氏の発言、橋本聖子氏「残念」 9万件の署名も》と同日に報じた。そこで引用されているのは以下の通りの発言内容だ。

「努力されている方を踏みにじるような発言であり、非常に残念だ」と述べた。個人的な考えとしつつ「自民党として適切な措置をするべきだ」と語った。

しかし、当時は杉田議員が発言を否定していたこともあり、この報道に対し疑義を示す声が、Twitter上では相次いであがっていた。

特にネット上で拡散していたのは「橋本氏の発言そのものがなかった」とする情報だ。発端は、以下のような同日のツイートだったとみられる。

橋本聖子事務所(議員会館)によると、橋本聖子大臣は『女性はどれだけでも嘘をつける』との発言を批判していないとの事

そもそも『女性は〜』の発言自体無かったとの回答

ツイート自体は後に削除され、訂正もされているが、これが発端になり、「事務所が発表してるなら、やはりフェイクニュースだったのですね」などとする書き込みが見られた。

その後、橋本担当相の発言を報じた朝日新聞の記事について「捏造」「廃刊しろ」「お得意のフェイクニュース」などと批判する書き込みも散見されている。

橋本氏の発言内容は?

Twitterより

BuzzFeed Newsの取材に対し、橋本氏の事務所は「会見での発言を否定」したということ、そのものを否定した。

なお、橋本担当相の会見については、TBSラジオ「Session」がそのやり取りの録音を報じている。

その書き起こしは以下の通り。杉田議員の発言を「承知している」としたうえで強いトーンで批判していることがわかる。

記者:自民党内閣部会の中で杉田水脈議員が相談事業に対し、「女性はいくらでも嘘につけますから」と発言したとされています。ご本人は発言を否定していますけれど、こういった考え方についての大臣の受け止めをお願いします。

橋本担当相:はい。杉田議員の発言については9月25日の自民党の部会において、そのような発言があったということはお聞きいたしました。承知をしておりますけれども、非常に私は残念だなというふうにに思います。

今、このコロナ禍において性暴力、性犯罪、いろいろな虐待も含めて大変な困難に陥っているということで、今回のこういった取り組み、ワンストップ支援センター等含む取り組みについて大変な力を注いで、がんばっておられる職員や、あるいは地方自治体においても連携して、声なき声を聞いて、いかに政策に結びつけるという努力をされている方の、そういったことを踏みにじるような発言ではなかったかなと、私は非常に残念に思います。

こういった声というのが、個人の発言かというふうには思いますけれど、やはり自民党として適切な措置をされていくべきでないかというふうに私は考えます。

ひとりでもやはり、多くの女性が、声をあげることができない。そういった困難な状況に陥っている方たちに対して、内閣府としては、全力でその対応に努力していきたいというふうに考えております。

杉田議員は発言を認め謝罪

時事通信

杉田議員は当初自らの発言を否定していたが、9月30日に自民党の下村博文政調会長から口頭注意を受けたのち、ブログ上で「ご指摘の発言があったことを確認しました」と認め、謝罪した。

そのうえで、発言については「民間委託の拡充だけではなく、警察組織の女性の活用なども含めて暴力対策を行なっていく議論が必要だということであり、女性を蔑視する意図はまったくございません」と弁解している。

また、発言は慰安婦関係の民間団体の女性代表者を念頭に置いた話であるとして、「嘘をつくのは性別に限らないことなのに、ご指摘の発言で女性のみが嘘をつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった」(原文ママ)などとお詫びした。

杉田議員の発言については抗議の声も広がっており、発言の撤回や謝罪、辞職を求めた署名は12万7千筆を超えている。署名は今後、自民党の野田聖子幹事長代行に提出される予定だ。


BuzzFeed JapanはNPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)のメディアパートナーとして、2019年7月からそのガイドラインに基づき、対象言説のレーティング(以下の通り)を実施しています。

ファクトチェック記事には、以下のレーティングを必ず記載します。ガイドラインはこちらからご覧ください。なお、今回の対象言説は、FIJの共有システム「Claim Monitor」で覚知しました。

また、これまでBuzzFeed Japanが実施したファクトチェックや、関連記事はこちらからご覧ください。

  • 正確 事実の誤りはなく、重要な要素が欠けていない。
  • ほぼ正確 一部は不正確だが、主要な部分・根幹に誤りはない。
  • ミスリード 一見事実と異なることは言っていないが、釣り見出しや重要な事実の欠落などにより、誤解の余地が大きい。
  • 不正確 正確な部分と不正確な部分が混じっていて、全体として正確性が欠如している。
  • 根拠不明 誤りと証明できないが、証拠・根拠がないか非常に乏しい。
  • 誤り 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがある。
  • 虚偽 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがあり、事実でないと知りながら伝えた疑いが濃厚である。
  • 判定留保 真偽を証明することが困難。誤りの可能性が強くはないが、否定もできない。
  • 検証対象外 意見や主観的な認識・評価に関することであり、真偽を証明・解明できる事柄ではない。

Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here