go to content

深刻化する犯罪の高齢化。「犯罪白書」から見える6つのこと

刑法犯は戦後最少、児童虐待は過去最多。

政府は11月11日、今年の犯罪白書を閣議決定した。

AFP / 時事通信

高齢化が進むなか、「お年寄りの犯罪」にも注目が集まる。いったい、どんな数字が並んでいるのか。

法務総合研究所から犯罪白書を入手したBuzzFeed Newsは、その内容を6つのポイントにまとめた。

1.刑法犯罪は戦後最少を更新

2002年に戦後最多の285万4061件を記録した刑法犯の認知件数は、13年連続で減少している。

2015年は109万8969件と前年より11万件減少し、3年連続で戦後最少を更新した。たとえばこんな感じだ。

* 殺人:933件(121件減)

* 放火:1092件(1件減)

* 強盗:2426件(630件減)

* 強姦:1167件(83件減)

* 詐欺:3万9432件(2091件減)

* 窃盗:80万7560件(8万9699件減)

2.いちばん多く検挙されているのは高齢者

平成28年版犯罪白書より

年齢層別にみてみると、検挙された人数は65歳以上が4万7632人(19.9%)と最多だ。

社会の高齢化に伴うものであるとも言える。いちばん人数が少ないのは、30代の3万4729人だった。

ただし、10万人あたりの人口比でみると、高齢者の割合は142.5人と最低。20代(321.3人)が最多になる。

ちなみに、受刑者の高齢化率も10.7%と、過去最高を記録している。

3.高齢者の犯罪の半分以上が「万引き」

平成28年版犯罪白書より

刑法犯として検挙された女性高齢者(1万6297人)のうち81.2%、男性(3万1335人)のうち45.6%が、万引きで検挙されている。

傷害と暴行は男女合わせて5523件と過去最多。20年前と比較すると、20倍にまで膨れ上がっている。

白書ではこの点について、「激情・憤怒にかられ、頑固さやプライドなどを背景として犯行に及ぶ傾向がある」などと指摘する研究を引用している。

4.外国人による刑法犯罪は微減

2005年に4万3622件と過去最多だった外国人の検挙件数は、1万6017件と前年より4.7%減っている。

いちばん多いのは窃盗の6303件で、全体の66.9%を占めた。次に多いのは傷害と暴行。1017件(10.8%)と、近年は増加傾向にある。

5.児童虐待が過去最多

平成28年版犯罪白書より

子どもが被害に遭う犯罪も増加傾向にある。行政などの積極的な取り組みの成果ともみれるが、楽観視できる数字ではない。

なかでも児童虐待で検挙されたのは811人と2年連続で増加しており、過去最多。うち殺人は42人、傷害や暴行は581人だった。

検挙されたのは全体では父親が75.7%だが、殺人では母親が83.3%と高い。実の親による犯行が全体の約6割だ。

6.検挙されたうちの約半数が再犯者

平成28年版犯罪白書より

刑法犯で検挙された23万9355人のうち、48%が、過去に検挙された経験(交通違反をのぞく)を持つ再犯者だった。

白書でも再犯防止策は「依然として道半ば」と評価している。なかでも問題視されているのが、高齢者の再犯だ。

2014年に刑務所を出所した高齢者のうち、2015年末までに再び刑務所に入った「再入率」は20.4%で、他の年代よりも高かった(30〜64歳は18.9%、29歳以下は13.5%)。

白書では「出所後の社会生活の立て直しが高齢者では特に困難」であると指摘。重点的な対策の必要性を提言している。

犯罪白書は12月中にも法務省のサイトに公開される予定だ。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.