「羽生連覇」の号外、メルカリで高額取引 スポーツ報知は「郵送します」と呼びかけ

    5千円で落札されたものも。

    平昌オリンピックのフィギュアスケート男子で2月17日、66年ぶりの2連覇を果たした羽生結弦選手。その号外が、メルカリで高額取引されています。

    メルカリ

    午後9時現在、「羽生 号外」で検索をかけると、全国紙からスポーツ紙、地方紙まで、さまざまな号外が並んでいます。

    多くは1千円以上で販売されており、すでに売れているものも。なかには、朝日新聞と毎日新聞のセットで5千円で売却済みとなっているものもありました。

    その一方、報知新聞社は、スポーツ報知の号外を希望者に送料のみで「お分けする」と告知しました。

    号外が、表面が羽生選手の金メダル、裏面で宇野昌磨選手の銀メダルを伝えるものだといいます。

    同社のホームページによると、「この号外を送料のみ実費で希望者にお分けします」として、以下のように記載しています。

    ご希望の方は封筒に返信用切手(100円)を同封の上、返送先の〒住所、氏名、電話番号を書いて、〒108―8485 報知新聞社販売局「フィギュアスケート号外」係へ。2月28日必着。

    同社によると、今回に限らず、号外が配布される時は毎回希望者に郵送しているとのこと。

    Twitter上には「さっそく申し込んだ」「素晴らしい配慮」などというコメントが集まっています。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here