• factcheckjp badge

民主党政権も「元首相の合同葬」や「国葬」を開いた?→誤り。実際は…

そもそも民主党政権下では参議院議長の「議員葬」が開かれていたが、元首相の合同葬は開かれていない。また、戦後、日本では「国葬」と呼ばれる葬儀は1度しか開かれていないからだ。

中曽根康弘元首相の内閣と自民党による「合同葬」に、今年度予算の予備費から9643万円が拠出されることに批判が集まった中で、民主党政権下でも「元首相の合同葬」や「国葬」が開かれていたなどとする情報が拡散している。

しかし、これは「誤り」だ。そもそも民主党政権下では参議院議長の「議員葬」が開かれていたが、元首相の合同葬は開かれていない。

また、戦後の日本では国葬と呼ばれた葬儀は1度しか開かれていないからだ。BuzzFeed Newsはファクトチェックを実施した。

Twitterより

拡散している9月25日のツイートでは、批判を受け広がった「#中曽根の葬式に税金出すな」というTwitterのハッシュタグに言及。Wikipediaの画像を貼り付け、以下のように述べている。

民主党政権下でも内閣と合同の葬儀が行われています。
元総理の葬儀を国が行う事がさも異常な事のように騒いでる方々は「国葬」という文化を知らないのでしょうか?今騒いでる方は民主党政権でも騒いでましたか?

このツイートは2000以上リツイートされ、5000以上いいねされるなど拡散しているが、誤りだ。

まず前提として、画像にある宮沢喜一元首相の内閣・自民党合同葬が開かれたのは2007年8月28日のこと。当時は第一次安倍政権下であり、民主党政権下ではない。

ツイートされた画像はWikipediaの「国葬」から引用されたものだ。この項目では9月11〜25日まで宮沢元首相の国葬が「2011年8月28日」にあったと誤記されていた。

ツイートした人物は、この点をそのまま誤引用していたとみられる。Wikipediaはその後、修正されている。

なお、BuzzFeed Newsが確認したところ、過去10例の元首相経験者の「合同葬」「国葬」「国民葬」のうち9例は自民党政権下で、1例は自民党を含んだ連立政権下(自民・社会・さきがけ連立の村山富市内閣)で開かれていた。

民主党政権下で「国葬」も誤り

時事通信

故西岡武夫前参議院議長の参院葬で、追悼の言葉を述べる野田佳彦首相(東京・港区の青山葬儀所) 

投稿者もその後、この点を間違いであるとしてリプライで訂正をしているが、ここでも「民主党政権下でも税金で国葬が行われていたのは事実」と記している。

これに関しても「誤り」であると言える。民主党政権下で開かれたのは「参議院葬」であり、「国葬」ではないからだ。

2011年に西岡武夫参議院議長(当時現職)が亡くなった際に開かれた「議員葬」は参議院議員運営委員会の理事会で「全会一致」で決定されているものだ。

参議院も国家機関であるため、結果として国費による出費ではあるが、過去の「国葬」や「国民葬儀」「合同葬」のように内閣としての決定や支出ではない。

青山葬儀所で開かれたこの葬儀の予算は1411万円。参議院経費から支出されている。参議院先例集によると、このほか過去2例の「参議院葬」(1949年、1990年)でも予算は参議院経費から支出されている。

なお、BuzzFeed Newsの調べでは、政府と自民党による過去の首相経験者の「合同葬」の政府側の予算は5549万円(2005年、鈴木善幸元首相)〜1億1873万円(1988年、三木武夫元首相)となっている。会場も日本武道館などで開かれており、「参議院葬」とは規模が大きく違うことがわかる。

戦後の「国葬」は一度だけ

時事通信

吉田元首相の国葬で献花する一般の参列者(東京・千代田区の日本武道館) 

日本では戦後、国葬と呼ばれるものは、吉田茂元首相の際の1度しか営まれていない。

戦前には、岩倉具視を初めとし、東郷平八郎、山本五十六、さらに伊藤博文や山県有朋ら首相経験者も国葬が営まれてきた。1926年には、国葬について明文化した「国葬令」が制定。その対象は皇室関係者のほか、「国家に偉勲ある者」とされている。

しかし、「国葬令」は日本国憲法が施行された1947年に廃止。その後、国費が使われてきた元首相の葬儀はいずれも閣議決定に基づいて実施されてきた。

このなかで「国葬」とされたのは吉田元首相だけ。このケースは戦後唯一の「国葬」となっている。これは閣議決定を根拠に実施され、故人の信仰に沿ったカトリックの葬儀ののち、宗教色を排除して営まれた。

ただし、政府としては吉田元首相の葬儀は「国葬」ではないとの立場をとっているようだ。中日新聞(1997年9月7日)には、当時の総理府官房総務課内閣係の「あれは国葬儀といいまして、閣議決定に基づく内閣主催の葬儀でした。国が主催した国葬ではありません」とするコメントが紹介されている。

なお、佐藤栄作元首相の葬儀でも同様の「国葬」は検討されたが、野党の反発により「国民葬」となったという。

また、1989年の昭和天皇の「大喪の礼」は国の儀式として行われたが、「国葬」という言葉は公式には用いられてない。1951年の貞明皇后の「大喪儀」はGHQの占領下だったこともあり、宮内庁によると「事実上の国葬」とされている。

BuzzFeed JapanはNPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)のメディアパートナーとして、2019年7月からそのガイドラインに基づき、対象言説のレーティング(以下の通り)を実施しています。

ファクトチェック記事には、以下のレーティングを必ず記載します。ガイドラインはこちらからご覧ください。なお、今回の対象言説は、FIJの共有システム「Claim Monitor」で覚知しました。

また、これまでBuzzFeed Japanが実施したファクトチェックや、関連記事はこちらからご覧ください。

  • 正確 事実の誤りはなく、重要な要素が欠けていない。
  • ほぼ正確 一部は不正確だが、主要な部分・根幹に誤りはない。
  • ミスリード 一見事実と異なることは言っていないが、釣り見出しや重要な事実の欠落などにより、誤解の余地が大きい。
  • 不正確 正確な部分と不正確な部分が混じっていて、全体として正確性が欠如している。
  • 根拠不明 誤りと証明できないが、証拠・根拠がないか非常に乏しい。
  • 誤り 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがある。
  • 虚偽 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがあり、事実でないと知りながら伝えた疑いが濃厚である。
  • 判定留保 真偽を証明することが困難。誤りの可能性が強くはないが、否定もできない。
  • 検証対象外 意見や主観的な認識・評価に関することであり、真偽を証明・解明できる事柄ではない。

Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here