• factcheckjp badge

「陰謀論」を発信、YouTuberは東北大助教 大学側は「対応を検討」

アメリカ大統領選をめぐって、日本でも大量に拡散された陰謀論。発信者ひとりが、東北大の大学院情報科学研究科に所属している男性助教であることがわかった。

米大統領選をめぐり、日本のトランプ氏支持者の間で、大量に拡散した陰謀論や偽情報。

なかでもYouTubeを介した拡散が新たな拡散経路として問題視されていたが、発信者のうちのひとりが東北大学の男性助教だったことがわかった。

大学側はBuzzFeed Newsの取材に対し、「対応を検討している」と回答している。

YouTubeより

助教のYouTubeチャンネル(画像を一部加工しています)

助教は、東北大の大学院情報科学研究科に所属している。同大の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材にこの人物がYouTubeで陰謀論を配信していた事実を認めた。

「中国時事評論専門家」を名乗る助教のYouTubeチャンネルは、2020年8月に開設。

2月26日現在のチャンネル登録者数は23万人以上。動画の再生回数は累計1800万回以上。1本あたり、50万回以上のもある。

「日本文化」と「時事評論」に関する動画を配信すると銘打っているが、直近の動画のほとんどはトランプ氏に関するもの。大統領選に関する様々な情報や「裏話」を披露しているが、多くはソースが不明か、海外サイトやトランプ氏支持者の発信などで、一次ソースではない。

助教は1月中旬、このチャンネルで事実に基づかない陰謀論を配信。

「軍部により緊急放送システムが使われる。現金と食料と水を用意したほうがよい」

「民主党のペロシ下院議長、イタリア大統領、ローマ法王が逮捕された。ミシェル・オバマや億万長者、ハリウッドスターやマスコミ従事者なども逮捕される」

「1月19日に世界のディープステートの人間を一網打尽にする」

ーーなどと訴えた。

動画は100万回以上再生されたが、その後、本人は「デマみたいにご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした」などと謝罪し、「このようなことが2度とないように努めます」として、動画はすでに削除されている。

「エイリアン」にも言及

YouTubeより

助教のYouTube動画(画像を一部加工しています)

このチャンネルでは、ほかにも多くの陰謀論を紹介している。動画はどれも、残されたままだ。

たとえば、「トランプ大統領が戒厳令を出す」「議会襲撃事件は陰謀、アンティファの自作自演」「選挙人投票の裏には中共の指導があった」「トランプ氏の後ろにいる組織は量子コンピューターで予言している」「人身売買で大多数の子どもが連れ去られたことに関連し、トランプ氏がエイリアンに関する発表を控えている」といったものが確認できた。

「ディープステートが児童人身売買に関わっている」「トランプ氏がオバマに関する機密ファイルを公開し、ディープステートは国家反逆罪で死刑を言い渡される可能性が高い」という発言もあった。

ここでいう「ディープステート」とは、アメリカの極右勢力による陰謀論者「Qアノン」が主張する「アメリカを陰で操る組織」のことだ。助教は、この「Qアノン」についても動画で「トランプさんの後ろに強力な組織Qがある」などと述べている。著名なQアノン支持者の情報も複数紹介していた。

助教のチャンネルは昨年9月の発足当初、中国共産党批判や日本国内政治に関する動画を多く発信していたが、再生数は数千〜数万回程度で推移していた。

しかし、10月ごろからはアメリカ大統領選に関する発信にシフトし、それに応じて再生回数やチャンネル登録者数も増加。10万回再生以上の動画も現れ、さらに陰謀論が多く発信された1月には、チャンネル登録者が一気に10万人以上増えていることがわかる。

分析計測ツール「NoxInfluencer」で調べたところ、このチャンネルの収益は月あたり55万〜170万円程度と推計された。

東北大学の回答は

BuzzFeed

日本で拡散した陰謀論(コラージュ)

東北大の広報担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対し、助教が事実に基づかない陰謀論などを発信している可能性があることを認めた。

そのうえで、「助教の活動につきましては、内容などを確認し、対応を検討しております」と回答した。

助教をめぐっては、所属研究室も2月24日、サイト上で声明を発表。朝日新聞によると、「真実性が疑われる情報を十分検証せずに配信する行為は、事実探求を放棄している点と偽情報が社会混乱を招く可能性が高い」などという内容だったが、同大広報担当者によると「誤解を招く箇所が複数あった」として、現在は取り下げられているという。

アメリカ大統領選をめぐっては、日本でも大量の陰謀論がSNSを中心に拡散した。多くはトランプ氏の支持者の間で広がり、YouTubeやまとめサイトが影響力を持っていたことがBuzzFeed Newsの調べでわかっている。

陰謀論の動画には、数十万〜100万回以上再生されているものもある。なかにはゲーム実況やビジネス系のノウハウを発信していたYouTuberが陰謀論に転じた例もあり、収益目的の可能性も否定できない。

報道機関、公的情報など信頼できる一次ソースへの言及がない、こうした陰謀論の拡散に加担しないよう、注意が必要だ。

BuzzFeed Newsでは、まとめサイトやトレンドブログ、YouTube動画などを通じて広がる陰謀論、フェイクニュース、疑義言説などの取材を進めています。

情報提供はBuzzFeed Japanのニュースチーム(japan-report@buzzfeed.com)や、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)までお願いします。LINEの友達登録で編集部と直接やりとりも可能です。

友だち追加

UPDATE

ペロシ氏の肩書きを修正しました。