• covid19jp badge

コロナ禍に祈り。「アベンジャーズ」と話題の宗教者たちが、いま伝えたいこと

Twitterに投稿されたのは、高野山真言宗やカトリック大阪教区、手向山八幡宮などから宗派を超えて集まった7人が、東大寺の大仏殿前に並んだ写真だ。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宗教者たちが奈良・東大寺に一堂に会した写真がTwitterで話題を呼んでいる。

「#共に祈ろう」。そんなハッシュタグとともに投稿された写真には、いったい、どのような思いが込められているのか。

「新型コロナウイルス感染症の早期終息と罹患された方々の早期快復、及びお亡くなりになった方々の追福菩提のため、宗教・宗派を超えて我々は共に祈ります」

4月24日にTwitterに投稿されたのは、高野山真言宗やカトリック大阪教区、手向山八幡宮などから宗派を超えて集まった7人が、東大寺の大仏殿前に並んだ写真だ。

東大寺は4月から「毎日お昼12時からに共に祈りを」と呼びかけており、それに応じた全国の宗教者のうち、近隣にいる人たちが記者会見を開いたという。

写真を投稿した東大寺の僧侶で庶務執事として渉外などを担当をする森本公穣さんは、BuzzFeed Newsの取材にこう語る。

「日本ばかりではなく、世界中で影響が出ているこの状況は、広くいろいろな方々が、それぞれみんなで協力しないとおさまりません。我々も宗教者として、自らが信じる宗教に基づいて正しい行動をすることが求められています。少しでも広く呼び掛けようと、このような形で会見を開きました」

「#疫病退散」「#共に祈ろう」と投稿した写真は26万近くのいいねを集めるなど、多くの反響を呼んだ。ソーシャルディスタンスをとって並んでいる様子から「アルマゲドン」「Gメン」「アベンジャーズ」などのコメントも寄せられている。

こうした反響に、Twitterで「大切なことは、いまこの投稿を読んでいるあなたもその一員だということです」と応じた森本さんはこう語る。

「自分だけが良い、ということはいま、一番通用しない考えかた。みなさんがそれぞれの行動をもう一度改めて見直していただいて、他の人の命を守るという気持ちを持って行動していただければ幸いです」

大切なのは「利他」の気持ち

【拡散希望・詳細添付】ウイルス禍に対して、もし皆さまの社寺・教会でも特別な「祈り」が行われているのであれば、時間(毎日正午から)を合わせて各地で一緒に行いませんか?時間だけの「密接」です。お互いの気持ちを「密集」させて、「密閉」されたような社会の雰囲気を吹き飛ばせたらと思います。

新たな感染症の拡大は、世界中に大きな混乱を巻き起こしている。それまで存在した社会の歪みが露呈し、分裂や批判の応酬も広がっている。

森本さんは、感染拡大そのものだけではなく、こうした状況そのものも、憂慮しているという。

「いままで日常の中では、みんながお互いのことをちゃんと考えるということなく、いろいろ発言なりをしていました。しかし、いまの状況を改めて考えれば、自分のことだけではなく、お互いのことを考えないと、自分の命を守れません」

「他人のことを思いやる『利他』の気持ちを持てば、自分にも返ってくることになるはず。自分勝手になるのではなく、利他の気持ちを持ってもらいたいと思っています」

毎日正午の祈りの時間について、森本さんは「時間だけの『密接』です。お互いの気持ちを『密集』させて、『密閉』されたような社会の雰囲気を吹き飛ばせたらと思います」とも呼びかけている。

このような状況だからこそ、少しでも、心を落ち着かせる時間をつくってもらいたいという思いを込めているという。

「ご家庭なり会社なりで、心を落ち着ける時間を持ってもらいたい。いがみ合ったり、否定しあったりということから、心を遠ざけることができるはずです。写真が、そうしたことのきっかけになれば、ありがたいと感じています」

UPDATE

写真のキャプション部分を修正いたしました。