【全文】嵐の5人が動画でファンに語りかけたこと

    有料ファンクラブサイトで、動画メッセージによる報告があった。

    ジャニーズの人気グループ「嵐」が1月27日、2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止することを、ファンクラブを通じて報告した。

    嵐は1999年9月に結成し、同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビュー。数々のバラエティ番組やドラマに出演し、2010〜14年まで5年連続白組司会を務めるなど、国民的グループとして活躍してきた。

    5人が有料ファンクラブサイトにアップロードした動画メッセージの内容は、以下の通り。

    読者提供

    ファンには「大切なお知らせがあります」というメールが送られた

    <大野智さん>

    僕たち嵐からファンの皆様にお伝えさせていただきたいことがあります。

    僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。

    突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に、僕たちの決断をちゃんとお話しさせていただきたいと思います。

    2017年6月中旬ごろに、僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。

    その内容は2020年をもって、自分の嵐としての活動を終えたいと。

    嵐20年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか。また勝手ではありますが、一度何事にも縛られず、自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

    メンバーひとりひとりとも何度もあって話しました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。

    メンバー個々の思いもあります。その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走りぬきたいと思っています。

    急な発表ではありますが、今まで僕らのことを支え続けてくださった全ての関係者の皆様。そして何より僕らをずっと応援し続けてくださった全てのファンの皆様、本当に申し訳ありません。

    言葉では表せられないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

    2020年いっぱいまでの残りの期間、今できる自分にできる使命をきっちと果たしていきたいと思っております。


    <二宮和也さん>

    最初に話を聞いたときは驚きました。僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚きましたというのが本音でございます。

    でも、さっきリーダーが言ったように5人で時間をかけて何度も話しあってきた結果がこういうことでございます。

    僕はずっと言っていたように嵐は5人で嵐なので。今回の決断、またリーダーの思いを尊重する形となりました。

    ですが2020年まで、5人で嵐らしく、活動させていただきたいと思っておりますし、何より皆様方と楽しく思い出を作っていきたい。

    関係各位の方々には、まだまだお世話になっていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    そして、ファンの皆さん。忘れないでいただきたいのは、僕らはいつまでも嵐なので、どうぞよろしくお願いいたします。

    <松本潤さん>

    じゃあ、僕喋りますね。

    まずは突然の発表でびっくりさせてしまったと思います。申し訳ございません。5人で話し合いを重ねた上でこのような決断に至りました。

    5人で、2020年まで走り抜くこと、そしてファンの皆様と1日1日を楽しんで、最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく。

    そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命、精一杯一生懸命過ごしていけたらなと思っています。

    このタイミングで、発表することになったのは、僕らの思いを皆さんに理解していただくのは、とても時間がかかることだと思っています。

    また、その話をお話させていただいた上で、自分たちも前を向いて過ごしていけたらなという思いからこのタイミングで発表させていただきました。

    今年は20周年もありますし、2020年の最後まで五人で走り抜けたいと思っております。ファンの皆さん、ついてきてください。

    <相葉雅紀さん>

    じゃあ、僕も喋らせてもらっていいですか。

    僕も本当に驚きましたし、何よりも5人で嵐という思いが強いため、ひとりでもふたりでもかけてしまったら、嵐としてグループ活動をすることは難しいと思いました。

    本当に僕は、そうですね、嵐のことが大好きですし、嵐のためだったらなんでもできると思っております。

    本当に仲が悪くなってこういう結果になったわけではありませんし、何度も何度も話し合いました。

    そして5人、スタッフの皆さんも合わせてですけれども、出た答えです。

    本当に残された時間にはなりますけれども、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。

    そして、いつの日が、5人が同じ方向を向いて、嵐として活動再開ができる時には、皆さんに喜んでもらえるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。

    本当に皆様、今まで支えてくださって、本当にありがとうございました。

    <櫻井翔さん>

    じゃあ、私よろしいですか。

    メンバーそれぞれと何度も話し合いました。そして5人全員でも何度も何度も話し合ってきました。

    今、相葉くんも言ってましたけれども、バラバラになってしまった、というよりは5人でしっかり肩を組んで、大きな目標に向かっている。というのが、今の嵐です。言うならば一致団結と言ったところです。

    みなさんにこれまで数え切れないくらいの夢を見させてもらいました。

    ここから5人で駆け抜けていく中で、温かみを感じされる線香花火のようなものから、どでかい打ち上げ花火まで。

    可能性の是非も含めて、日々考え、考え続けています。どうか見守っていただけたらと思います。

    <大野さん>

    以上が、僕たち嵐が出した決断です。急な発表で驚かせてしまいましたが、休止までの約2年間はファンの皆様と一緒に楽しんでいきたいと思っております。

    <全員で>

    以上嵐でした。(全員で頭を下げる)