back to top

安倍首相の在職日数、戦後4位ってどれだけすごい? その意味がわかる1枚の写真

来年には小泉元首相を抜き、戦後3位に。

安倍晋三首相の総理大臣としての通算在任期間が12月5日、1807日になった。中曽根康弘元首相を抜き、戦後4位だ。

Agustin Marcarian / Reuters

2006〜7年の第1次内閣と合わせた日数。

NHKによると、安倍首相はこの日、記者団に「中曽根総理は仰ぎ見る存在だったので感慨深い。決しておごることなく、平常心で1日1日に全力で当たり、結果を残していきたい」と話したという。

このまま行けば、2017年5月には小泉純一郎元首相の1980日に並ぶ。ちなみに、ここ最近の在任期間はこんな感じだ。

BuzzFeed

第1次安倍内閣を皮切りに、ほとんどの人たちがほぼ1年で入れ替わっている

* 第1次安倍内閣:06年9月26日~07年9月26日

* 福田内閣:07年9月26日~08年9月24日

* 麻生内閣:08年9月24日~09年9月16日

* 鳩山内閣:09年9月16日~10年6月8日

* 菅内閣:10年6月8日~11年9月2日

* 野田内閣:11年9月2日~12年12月26日

自民党は11月の総務会で、これまで「2期6年」だった総裁任期を「3期9年」に延長することを了承したばかりだ。

仮にこのまま内閣が続けば、安倍首相は2019年8月に戦後1位の佐藤栄作元首相(2798日)を、その年の11月には、歴代最長の桂太郎元首相(2886日)を抜くことになる。

Kota Hatachiに連絡する メールアドレス:Kota.Hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.