「すごい偶然の一致!」立憲の泉健太新代表、岸田首相、志位委員長との共通点に驚きの声

    全員、誕生日が7月29日。「大物政治家多すぎ」「特異日か」「すごい偶然の一致!」など、SNSでは驚きの声があがっています。

    野党第一党の立憲民主党の代表選挙は11月30日、投開票が行われました。

    1回目の投票ではいずれの候補も過半数を獲得できず、代表選は逢坂誠二候補と泉健太候補の決選投票に。決選投票の結果、泉健太氏が新たな立憲民主党代表に選出されました。

    泉健太氏は47歳。自らの年齢について、以下のように抱負を語っています。

    時事通信

    「47歳の新しい船長に就任いたしました。今回の4人の候補者の中では最も若いーーしかし、枝野代表は官房長官の時に、まさにこのご年齢だったと思います。小沢一郎先生は47歳の時に自民党の幹事長をされていたと思います。ある意味、若すぎることはございません」

    そんな泉氏の誕生日は1974年7月29日なのですが……。実は7月29日生まれの政治家は他にもいるんです。

    自民党総裁の岸田文雄首相は、1957年7月29日生まれ。64歳です。

    時事通信

    さらに共産党の志位和夫委員長も、1954年7月29日生まれの67歳。

    時事通信

    そのほか、橋本龍太郎・元首相江田三郎・元日本社会党書記長重光葵・元外相も7月29日生まれでした。

    「大物政治家多すぎ」「特異日か」「すごい偶然の一致!」など、SNSでは驚きの声があがっています。

    12月6日に始まる臨時国会。同じ誕生日の与野党の代表同士がどのような論戦を繰り広げるのか、目が離せません。

    【訂正】初出時、岸田首相と志位委員長の年齢が入れ違っていました。お詫びして訂正いたします。