2020年4月1日

    安倍首相が全世帯への「布マスク2枚」配布を表明。「エイプリルフール?」の声も

    安倍首相は「布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って再利用できるため、急激に拡大しているマスク事情に対応するために極めて有効」と指摘した。来週決定する「緊急経済対策」に布マスクの配布を盛り込むとして、全国で5000万あまりの世帯すべてに日本郵政のシステムを活用して、1住所あたり2枚を配布するとした。

    安倍晋三首相は4月1日、国内5000万あまりの全世帯に対して、国が買い上げた「布マスクを2枚配布する」と発表した。

    予備費の活用などにより、再来週以降、感染者が多い都道府県から順次配布するという。

    これを受け、Twitter上では「布マスク2枚」がトレンド入り。「せめて人数分」「現金給付して」などの批判的な反応もあがっている。

    時事通信

    マスク姿で国会答弁をしていたことが話題を呼んでいた、安倍首相。夜、政府対策本部で以下のように表明した。

    「依然として店頭では品薄の状態が続いており、全国の医療機関に対しては先月中に1500万枚のサージカルマスクを配布、来週は追加で1500万枚を配布する。加えて高齢者施設、障害者施設、全国の小中学校にも布マスクを配布する」

    そのうえで「布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って再利用できるため、急激に拡大しているマスク事情に対応するために極めて有効」と指摘した。

    そのうえでさらに1億枚を確保し、来週決定する「緊急経済対策」に布マスクの配布を盛り込むとして、全国で5000万あまりの世帯すべてに日本郵政のシステムを活用して、1住所あたり2枚を配布するとした。

    安倍首相は「世帯によっては十分な量ではなく、洗濯でのご不便をおかけしますが、国民のみなさまの不安解消に速やかにしするよう取り組んで参りたい」と述べた。

    なお、政府統計によると、日本の平均世帯人数は2.47人だ。このことから2枚の配布では「足りない」とする声もある。

    さらに自粛要請などが長引く中で「自粛は補償とセット」という声もかねて多くあがっており、マスクではなく「現金給付」を求める声も少なくない。

    なかには4月1日という日付にかぶせて「エイプリルフールではないの?」という声もあった。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here