12月23日は「平成の日」ではありません

    令和最初の天皇誕生日は、2020年2月23日に。天皇陛下が即位されたのは5月1日のため、2019年は天皇誕生日のない年になりました。

    平成の30年間、天皇誕生日として祝日となっていた12月23日が今年から平日になります。

    時事通信

    天皇陛下の即位に伴う変更です。令和最初の天皇誕生日は、2020年2月23日になります。

    天皇陛下が即位されたのは5月1日のため、2019年は天皇誕生日のない年になりました。

    12月23日は「平成の日」になるのでしょうか…?

    時事通信

    明治天皇は「文化の日」(11月3日)、昭和天皇は「昭和の日」(4月29日)と、それぞれ祝日になっています。

    ネット上では12月23日についても、「平成の日にしてほしい」「祝日のままになればいいのに」「勝手に平成の日と呼んで会社を休む」などという声も上がっていますが、現段階で祝日になる予定はありません。

    今後祝日になるのかどうかについて、政府は2017年に「多様な論点があり、国民各層の幅広い議論が必要」とする見解を発表するにとどめています。

    「二重権威」を避けるためとの指摘もあります。実際、毎日新聞(2017年12月21日)の取材に対し、政府関係者はこう証言しています。

    「上皇の誕生日を祝日にすれば権威付けになりかねない。上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もある。少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきではないか」

    なお、大正天皇の誕生日である8月31日は平日。戦前には命日の12月25日が休日だったが、1948年以降は平日になりました。

    なお、2020年2月23日は日曜日のため、24日が振替休日の三連休となります。

    2月はこれまで「建国記念の日」(2月11日、2020年は火曜日)だけしか祝日がありませんでしたが、1日増えることになります。

    どういう過ごし方をするか、そろそろ検討し初めてみてもいいかもしれませんね。

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here