100円ショップのおもちゃが女児の膣内に 重大事故で消費者庁が注意喚起

    カプセルに入ったスポンジのおもちゃ。カラフルで可愛らしいが…

    消費者庁は2月15日、水で膨らむ「カプセル入りスポンジ玩具」が女児の膣に入ったままになる重大事故があったと発表した。

    発見まで4ヶ月、摘出までさらに1ヶ月を要したという。同庁は、誤嚥や窒息のおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

    同庁の発表によると、カプセルは無色透明のゼラチンでできている。

    恐竜や果物、動物などのカラフルなスポンジが入っており、カプセルを水やお湯に溶かして、中身を楽しむおもちゃだという。

    事故にあった女児は、100円ショップでおもちゃを購入。毎日のように入浴中におもちゃで遊んでいたところ、2ヶ月ほどして不正出血をするようになった。複数の医療機関を受診したが、原因が特定できないままだった。

    その後、血尿の症状が出たことからMRIを受け、不調が出てから4ヶ月後にようやく、膣内に異物があることが発覚。全身麻酔による手術で摘出をしたところ、恐竜型のスポンジが発見されたという。

    5倍の大きさに…

    時事通信

    同庁によると、おもちゃは5倍近くに膨らむものが多いといい、以下の点を「注意のポイント」としてあげている。

    • 入浴中に当該玩具で遊ぶ際には、腟や肛門から体内に入る可能性があるので、大人の目が届くところで遊びましょう。
    • 当該玩具で子どもが遊ぶ際には、カプセルの個数と出てきたスポンジの個数が同じであるか大人が確認しましょう。


    また、今回の事故のケースとは異なり、窒息するおそれもある。「口、鼻、耳」に入れないことも大切だ。

    そのうえで、子どもの手の届かないところで保管すること、何かあった場合はすぐに医療機関を受診するよう呼びかけている。


    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here