• odekake badge

鬼怒川温泉で必ず行くべきおすすめ観光スポット9選

鬼怒川周辺で家族やお子さん連れでも楽しめる観光スポットをご紹介します。

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

Masataka Kin / BuzzFeed

\紹介するのはここ/

【1】SL大樹

【2】鬼怒川ライン下り

【3】足湯カフェespo

【4】鬼怒川ロープウェイ

【5】東武ワールドスクウェア

【6】EDO WONDERLAND 日光江戸村

【7】グランデ・イソーラ

【8】巨大迷路パラディアム

【9】とりっくあーとぴあ日光

【1】圧倒的な迫力で野山を駆け抜ける蒸気機関車「SL大樹」

Masataka Kin / BuzzFeed

1966年を最後に廃止されたSLが約50年ぶりに復活したのは、今から3年前のこと。JR北海道で保存されていたSLを借り受ける形でこの地にやってきたのは二つのランプが目のように見えることから「カニ目」の愛称で知られるC11形207号機。1941年に製造されたSLは今も元気に煙を上げて、力強い走りで今市駅ー鬼怒川温泉駅を25分で結びます。

Masataka Kin / BuzzFeed

コロナ禍自粛明けの運行再開にはちびっこのSLファンも駆けつけました。わずか25分の短い旅ですが、SLは単線を静かに走り抜けていきます。時折聞こえる汽笛の音。ブルーの客車はJR西日本が所有するものを譲渡されたもの。鬼怒川駅と下今市駅にある、機関車の方向を変える転車台も譲渡されたもので、ターンテーブルの前には熱心なファンが集まります。

東武鉄道

SLが復活する際は、地元の方たちからも大いに歓迎されたとそうですが、単に運行をするだけでなく、地域住民の方を巻き込んで、沿線を盛り上げようという思いを感じます。たとえば、遠くからSLを目にした沿線の住民の方は、親しみを込めて、大きく手を振ってくれます。車窓からその様子を見ると、なんだか温かい気持ちになり、思わず手を振り返してしまいます。見渡せば客車内にはたくさんの笑顔があふれていました。幸せを運ぶSLに、ぜひご乗車ください。

スポット情報はこちら👇

「SL大樹」

区間:東武鬼怒川線下今市駅~鬼怒川温泉駅間 12.4㎞

料金:<SL大樹>大人=760円、小児=380円、<DL大樹>大人=520円 、小児=260円(すべて税込)

※運行日・時刻表は公式サイトで確認

※チケット購入はこちらから

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【2】鬼怒川の流れと景色を船から楽しむ「鬼怒川ライン下り」

Masataka Kin / BuzzFeed

鬼怒川温泉を象徴するのが、鬼怒川の流れ、水が長い時間をかけて作り出した渓谷の美しさです。鬼怒川ライン下りはその鬼怒川を船で下りながら、景色を楽しむアクティビティです。予約をしていなくても当日空席があれば乗船することができますが、あらかじめ予約しておくことをおすすめします。

鬼怒川ライン下り

チケットを買うと救命胴衣が渡されます。靴を脱いで船に乗り込むと、船頭さんが昔ながらの櫂(かい)をつかって漕ぎ出します。さあ、ライン下りの始まりです。カーブでは水しぶきがかかることもありますが、ビニールがあるので安心です。すぐに両岸が高くなり、川が長い時間をかけて、この渓谷を掘って作り上げたことがわかります。川幅は広くのんびりと景色を楽しむことができます。観光名所の一つである、地上40mの鬼怒楯岩大吊橋がはるか頭上に見えます。

鬼怒川ライン下り

のんびりと川面と周囲の景色をながめると、あっという間に40分が経ち終点に到着しました。秋は紅葉が美しいので特におすすめです。風を感じながら、低い視点から眺める鬼怒川の景色は、あまりに雄大で、船を降りたあともずっと心に残ることでしょう。お子さんも安全に楽しめる人気のアクティビティですが、天候や河川の状況により運休になることがありますので確認のうえご利用ください。

スポット情報はこちら👇

「鬼怒川ライン下り」

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414

アクセス : 鬼怒川温泉駅から徒歩5分

発船時間:9時〜15時45分(時刻表は公式サイトで確認ください)

料金 : 一般=2900円、小人(4歳以上)=1900円、幼児=600円

駐車場 : あり

その他:天候や河川の状況により運休の場合あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【3】足湯しながらビールやイチゴドリンクが楽しめる「足湯カフェespo」

Masataka Kin / BuzzFeed

「足湯カフェespo」は、ホテルの併設のカフェなのですが、一般の方も利用できます。名物は足湯で、お茶しながら、足湯も楽しめちゃうなんとも欲張りな施設なんです。ライン下りからも見えた、鬼怒楯岩大吊橋のすぐ近くなので、観光のついでに寄るのもいいでしょう。

Masataka Kin / BuzzFeed

足湯をしながらコーヒーでひとやすみするカップルの姿がたくさん見られました。靴下を脱いだリラックス状態でティータイムを楽しんでいると、自分が足湯に入ってることを忘れそうになります。濡れた足を拭くタオルも無料で貸してくれるので、手ぶらでも安心ですね。

Masataka Kin / BuzzFeed

名物は栃木産「とちおとめ」を使ったスイーツです。いちごミルク550円はとちおとめの甘酸っぱさと、甘いミルクのコンビネーションがとにかく最高。最初はいちごだけを口の中で味わったあとに、ミルクとゆっくり混ぜながらいただきます。足湯であったまりながら冷たいドリンクを飲めるなんてぜいたく。鬼怒川の自然を感じられるテラス席もあるので、散策の途中の休憩にいかがでしょう。お子さん連れのパパやママにはおいしいビールもありますよ。

スポット情報はこちら👇

「足湯カフェespo」

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1437-1 ホテルサンシャイン鬼怒川内

アクセス:鬼怒川温泉駅から徒歩10分

営業時間:9時〜17時(料理L.O.16時、ドリンクL.O.16時30分 )

定休日:不定休

駐車場:あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【4】街並みを一望できるパワースポット「鬼怒川温泉ロープウェイ」

Masataka Kin / BuzzFeed

鬼怒川温泉ロープウェイは鬼怒川温泉駅から徒歩20分ほど、この一帯で最も大きなあさやホテルの入り口前に乗り場があります。山頂には猿がたくさんいるので「おさるの山」と呼ばれているんですね。山の標高は710m。300mほどの高低差を4分で結びます。

鬼怒川温泉ロープウェイ

紅葉の季節は特に眺めが素晴らしいんです。ロープウェイって苦手だったんですが、すぐ下が地面なのであまり恐怖は感じません。

ロープウェイはのぼるにつれて、後方の視界がどんどん開けて、鬼怒川の温泉街がどんどん小さくなっていきます。川に沿って温泉街が栄えていることがよくわかります。その昔は歩いて山頂まで登れましたが、現在はロープウェイ以外のアクセス方法はありません。

鬼怒川温泉ロープウェイ

山頂からの眺めはもちろん素晴らしいですし、猿もかわいいのですが、注目したいのは、昭和34年に鎮座した温泉神社です。豊川稲荷の御分体を祀っており、金運上昇のパワースポットとして知られています。山頂に奉納された双龍門の下で祈願すると、願い事を託された金の玉を龍が天に届けてくれるとか。温泉で日頃の疲れや災厄を落とし、運気も上がって、いいことづくしの旅になることでしょう。

スポット情報はこちら👇

「鬼怒川温泉ロープウェイ」

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝 834

アクセス:鬼怒川温泉駅から徒歩約30分、またはタクシーで5分

料金:<往復>大人=1100円、小人=550円、<片道>大人=650円、小人=350円

営業時間:9時〜16時

駐車場:70台

その他:営業日はHPで確認してください

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【5】ハロー、グーテンモルゲン!素晴らしき世界の旅へ「東武ワールドスクウェア」

Masataka Kin / BuzzFeed

最後に訪れるのは「東武ワールドスクウェア」です。テレビのCMソングを覚えている方も多いことでしょう。世界各国のミニチュアサイズの建造物が並んでいることはご存じでしょうが、ただの展示施設ではないんです。

Masataka Kin / BuzzFeed

サン・ピエトロ大聖堂は、ミケランジェロをはじめとする有名な画家や彫刻家の手によってつくられたことで知られていますが、ミニチュアを作る際は実際の設計図をもとに建物や遺跡を作るそうです。海外の建物は、大使館を通じて手配しますが、設計図が残ってない場合は、スタッフが現地まで足を運んで計測して図面を引くそうです。だからこんなにも精緻なつくりで、再現性も高いんですね。人形の目線から見るとまるで本物にしか見えません。このミニチュアだけで、8500体もの人形が使われているそうです。

Masataka Kin / BuzzFeed
Masataka Kin / BuzzFeed

こちらの園内は6つのエリアに分かれ、世界各国の建築や遺跡を楽しむことができます。新型コロナウイルスの影響で卒業旅行が中止になってしまった学生さんたちが、新たな思い出を作りにやってくるとか。102の建造物が展示されていて、じっくり見ていると時間が経つのを忘れそうになります。昔のワールドスクウェアのCMの歌詞にもありましたが、ここはまさに夢の国、華麗な玉手箱なんです。

Masataka Kin / BuzzFeed

ピラミッド型のカレー(1100円)も人気です。

スポット情報はこちら👇

「東武ワールドスクウェア」

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1

アクセス:東武ワールドスクウェア駅から徒歩1分

営業時間:3月20日~11月10日 9時~17時/11月11日~3月19日 9時~16時

定休日:無休

料金:大人=2500円、中学生=2500円、小学生=1200円、4歳以上=1200円

駐車場:あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【6】気軽に江戸時代にタイムスリップできる「EDO WONDERLAND 日光江戸村」

masataka kin / BuzzFeed

江戸時代を体感できるカルチャーパーク「EDO WONDERLAND 日光江戸村」は木造建築で江戸の街並みが本格的に再現されています。私たちが映画やドラマの中でしか見たことがない景色がここにはあります。

関所の門を抜けるとすぐに目に入る江戸の光景。

masataka kin / BuzzFeed

広大な敷地には、街道、宿場町、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの町並みが再現されています。街を歩いていると、いきなり町娘や侍たちが声をかけてきたのでびっくり。町娘や侍などの江戸人に扮したキャストが、私たちを江戸時代のスタイルでお出迎えしてくれるのです。

せっかくですから見た目も江戸時代にタイムスリップしましょう。

masataka kin / BuzzFeed

「変身処-時空-」ではお気に入りの衣装に変身できるとあって、大人や子供から大人気。お子さんの一番人気は忍者ですが、侍や花魁にもなれます。こちらの親子は殿様とお侍さんの格好をしていますね。町を歩いていると江戸人はお客様が着る衣装の身分に合わせて声をかけてくれます。

masataka kin / BuzzFeed

子供も大人も楽しめるのがこちらの侍修行館。武士の礼儀作法や、刀の扱い方をじっくり学べる体験型プログラムです。木刀を使った稽古も本格的。侍とはなんたるかをこの場所でしっかり学んでください。(平日限定)

masataka kin / BuzzFeed

そして子供に大人気の忍者に関連するイベントも充実しています。「忍者からす御殿」では大迫力の忍者ショーが鑑賞できます。「江戸職業体験」は土日のみ(夏休みは毎日)の開催ですが、忍者や侍を体験できるお子さんに人気のプログラムです。ここでしか味わえない、家族の素敵な旅の思い出を作ってはいかがでしょう。

スポット情報はこちら👇

「EDO WONDERLAND 日光江戸村」

住所:栃木県日光市柄倉470-2

アクセス :鬼怒川温泉駅から車で10分

営業時間:9時~17時 (3/20~11/30)、9時半~16時 (12/1~3/19)

定休日:水曜(1/16~1/31は冬期休村)※水曜が下記該当する場合は営業。祝日、春期(3/25~4/7)、ゴールデンウィーク(4/29~5/5)、夏期(8/1~8/31)、年末年始(12/29~1/5)

料金 :<通行手形(1日)>大人(中学生以上)=4800円、小人=2500円

駐車場 :あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【7】プロも納得! 本格的なカートが体験できる「グランデ・イソーラ」

masataka kin / BuzzFeed

グランデ・イソーラはカート専用サーキット。カートは免許がなくても運転できるため、初心者はもちろんタイムを競い合う上級者まで楽しむことができます。この日は落ち着いた雰囲気のご夫婦が楽しんでいました。ちなみに下は5歳から利用できます。

一周365mのコースはカーブあり、高低差ありでかなり本格的。

masataka kin / BuzzFeed

路面の状態もよく、アクセルとブレーキを駆使して、スリル溢れるコーナリングを楽しむことができます。小さい頃からここで特訓を重ねてプロレーサーになった人もいるとか。

masataka kin / BuzzFeed

スクーターのエンジンを積んだカートは、なんと時速60キロまでスピードが出ます。カートの座席に座ると目線が低くなるので、想像以上のスピード感があります。小さなお子さんにぜひ体験させてあげたいと思いました。ちなみにカートの整備は敷地内で行っています。

masataka kin / BuzzFeed

素晴らしいコーナリングを見せるこちらの男性は、カートに乗るためにわざわざ遠くからご夫婦で足を運んでいるのだとか。年齢に関係なく楽しめるのがカートの魅力ですね。ちなみに奥さんもなかなかの腕前でした。

タイムトライアルでは1000分の1秒まで測定できます。

masataka kin / BuzzFeed

こちらで使用している計測機器は鈴鹿サーキットと同じシステムなんだとか。アクセルを踏み込む爽快感とコーナーのスリル。本格的なカートをいちど体験してはいかがでしょう。

スポット情報はこちら👇

「グランデ・イソーラ」

住所:栃木県日光市小佐越334

アクセス :小佐越駅西口から徒歩約10分

営業時間:9時~17時

料金 :8周3000円、5周2000円

駐車場 :あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【8】もう出られないのではと不安になる「巨大迷路パラディアム」

masataka kin / BuzzFeed

小さい頃に巨大迷路に挑んだことがあります。その時は親と一緒だったのですが、ここから出られるのか不安になったことを覚えています。あれから時は流れましたが、ふたたび鬼怒川で巨大迷路を発見。こちらは親子連れやカップルに人気の施設なんですって。

迷路面積はなんと約3,500平米。

masataka kin / BuzzFeed

入口と出口にタイムレコーダーが設置されていて、20分の制限時間内にクリアすると景品がもらえます。大人がのんびり歩くと30分はかかるとか。早速挑戦してみましょう。

入場時にもらった入場券に時間を刻印したらスタート。

masataka kin / BuzzFeed

こちらはスタンプラリーの台紙にもなっていて、4カ所にスタンプを押しながらゴールを目指します。スタンプラリーになると俄然やる気が出るのは、子供も大人も変わりません。さあ、あっという間にクリアしちゃいましょう。

masataka kin / BuzzFeed

さて「こんなの余裕だな」と思ってスタートしてはや10分が経過。自分がどこにいるのかまったくわからなくなってしまいました。似たような壁が続き、さっきと同じ場所に戻ってきたりと大混乱。スタンプポイントの物見小屋までが果てしなく遠く感じられます。ちなみに「どうしても無理」という場合はリタイア扉があるのでご安心を。

masataka kin / BuzzFeed

自分の勘を頼りに「こちらだ」と思って進むと「行き止まり」のマークが。これを見ると本当にガッカリするんです。でも気を取り直してゴールを目指しましょう。そして迷いに迷った末、ようやくゴールへ。所要時間は30分でした。いい汗をかきましたし、ゴールできた充実感もありました。みんなが子供のように無心になれる巨大迷路へ、ぜひ足を運んでください。

スポット情報はこちら👇

「巨大迷路パラディアム」

住所:栃木県日光市柄倉465

アクセス :鬼怒川温泉から車で10分

営業時間:9時~15時半(最終受付)

料金 :大人800円、小学生以下500円

駐車場 :あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

【9】大人も子供も不思議を楽しむ「とりっくあーとぴあ日光」

masataka kin / BuzzFeed

さて、お次は目で楽しむだけでなく、実際に触れて体験することができるトリックアートミュージアムをご紹介します。鬼怒川一帯では数少ない屋内施設なので、雨の日でも問題なく楽しめます。

masataka kin / BuzzFeed

左の女性がとびきり背が高い可能性は否定できませんが、こちらは手前の女性が大きく見えるような仕掛けのお部屋で、写真を撮るとこんな感じになります。現場で楽しめるのはもちろん、こんなふうに写真に残すことで旅の思い出になりますし、せっかくだったらSNSにあげたくなりますよね。

平面に描かれた絵が立体的に見える錯覚を利用した作品もたくさん。

masataka kin / BuzzFeed

たとえば、2階から1階を見ると、まるで通路に階段があるよう。きっと仕掛けがあるんだろうとわかっていても、引っかかってしまいますし、思わず触りたくなる作品ばかりがたくさん展示されています。

masataka kin / BuzzFeed

ドアを開けたらニャンコが出てきましたね。写真に残した時に、本物のように見せるのはちょっとしたコツがいりますが、近くにいる黄色い服の係員さんに聞けば親切に教えてくれます。大人は頭で理解していても改めてその不思議さに驚き、子供は初めて目にするトリックアートに興奮がおさまらないなんてことも。大人も子供も不思議=面白いと思う気持ちは変わらないんですね。

masataka kin / BuzzFeed

ギフトショップではこんな気の利いたお土産も。この財布さえ持っていれば、給料日前でもリッチな気持ちで過ごせそうですね。鬼怒川旅行の思い出に、誰もが等しく楽しめるトリックアートミュージアムで、新鮮な驚きを堪能してはいかがでしょう。

スポット情報はこちら👇

「とりっくあーとぴあ日光」

住所:栃木県日光市小佐越1-4

アクセス:鬼怒川温泉駅からバスで約20分「トリックアート前」下車

営業時間:9時半〜17時(時刻表は公式サイトで確認ください)

料金: 中学生以上 1900円、3歳以上 1100円

駐車場 : あり

\鬼怒川温泉で口コミ評価の高い宿泊施設を探す/

👉Yahoo!トラベルで予約する

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。

※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。

参考記事👉【最新版】Go To トラベル「もっと安く」旅行するお得な方法まとめ