Updated on 2020年1月17日. Posted on 2020年1月16日

    人気ビジネス書『すごい準備』の著者が教える、準備=愛なワケ

    昨年末に発表されたプレジデントオンライン「読書家が注目する『11月のビジネス書』」でも1位となった『すごい準備』という本はご存知でしょうか。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    『準備』をテーマにしたビジネス書が売れています

    Amazon

    昨年12月に「読書家が注目するビジネス書」の1位として紹介されました。

    著者はこの人/日本テレビ 栗原 甚さん

    撮影=森田和敬

    演出・プロデューサー。今まで数多くの人気バラエティー番組を手掛け、2013年からドラマ制作も兼任。独創的かつ常識破りの企画で、毎回視聴者を虜(とりこ)にする有名クリエイター。最近では、伝説のギャグ漫画『天才バカボン』を実写ドラマ化し、話題を呼んだ。

    あの伝説の番組『¥マネーの虎』のプロデューサー

    栗原さんは吉田栄作が司会を務めたあの伝説の番組『¥マネーの虎』のプロデューサー。その他にはドラマ『天才バカボン』のプロデュースなど、文字通り「すごい準備」をして業務に取り組んだことで、数々の大きな仕事を成し遂げている。

    「準備」について教えていただきました

    「最終的に『思考の準備』というのが大切になるんですよ」(栗原さん)

    こちらの本の中で栗原さんが紹介されているエピソードの数多くがまた面白い。

    『中居くんに世界に一つだけのプレゼント』

    『マツコさんを喜ばせた「差し入れ」とは!?』

    『俳優・吉田栄作を口説き落とした方法』

    『日テレに、織田裕二が初登場!』

    などなど、読んで「なるほど!」と膝を打ちたくなるエピソードが多数掲載。

    「僕は、相手に喜んでもらうためには、どうしたら良いかと徹底的に考える“準備ニスト”なんです」と栗原さん。

    ちなみに、「すごい準備」をすることについては難しく考える必要はなく、誰かに贈り物をするときなどでも意識するといいのだそう。

    「僕の場合だと、仕事に臨むにあたって、マニュアルや経験ではどうすれば良いかわからないことがあっても、相手のことを想って行動すれば、それが最高の結果につながることが多々あります」(栗原さん)

    最初は贈り物で「準備すること」をトレーニング

    「贈り物に費やす“ちょっとしたひと手間”も、大事な『準備』。ちょっとした贈り物でも、それを用意するためにどんな準備をしたかで『自分の思い』が伝わり、相手の気持ちを掴めます。贈り物に費やす“ちょっとしたひと手間”は、物事を成功させるための『未来の準備』にもなるんですよ」(栗原さん)

    今年のバレンタインは金曜日

    いらすとや

    ”贈り物で相手に思いを伝える”といえば、バレンタイン。2020年のバレンタインは2月14日(金)。

    今年のバレンタインは週末なので、「すごい準備」をすれば何か素敵なことが起きるかもしれない。

    「『準備』って、結局のところ、相手のことをどれだけ考えているかという『サービス精神』だと思うんです。つまり、『愛』なんですよ。どんなモノを持って行けば喜んでくれそうか? そうした相手を想う気持ちが『愛=準備』と言えるんじゃないでしょうか」(栗原さん)

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form