• covid19jp badge

人々の祈りにも影響したコロナ。靖国神社の様子は…

靖国神社が終戦の日の8月15日、この日の参拝者数を発表した。平日だった昨年の半分以下の数となり、新型コロナウイルス感染拡大の影響があるとみられる。

by ,

新型コロナウイルス感染拡大は、終戦の日の、人々の祈りにも影響を及ぼした。

靖国神社の発表によると、8月15日の参拝者数は、平日だった昨年の半分以下の数となった。

境内ではソーシャルディスタンスを保つための対応で、参拝のための長蛇の列ができ、2時間待ちをしたという人もいたが、参拝者数は結果として少なくなった。

Kensuke Seya / BuzzFeed

靖国神社によると、今年8月15日の参拝者数(開門午前6時〜閉門午後6時)は、2万4000人だった。

境内の神門より拝殿側である「内苑」の参拝者数で、同じく内苑のみを集計し始めた2018年の6万4000人、19年の4万9000人の半分以下となった。

靖国神社の担当者はBuzzFeed Newsの取材に「今回、8月8日から16日までを『戦没者慰霊週間』として位置付け、期間中に分散しての参拝を事前に呼びかけました」と語った。

こうした措置だけでなく、追悼式典の縮小やイベントの自粛も影響したとみられる。

Kensuke Seya / BuzzFeed

例年、神社の参道では改憲運動を目指す保守団体「日本会議」などによる追悼集会やイベントが開かれていたが、今年はネット中継による開催となった。大型のテントやそこに集まる人たちの姿はなかった。

さらに、関連団体の関連書籍や物販を売る出店ブースも例年のようには並んでおらず、楽器などを使って戦時中の軍歌を歌う人たち、外国人観光客の姿も見られなかった。

靖国神社の担当者によると、近くにある日本武道館で開かれた全国戦没者追悼式の規模が縮小されたため、例年であれば遺族会などが全国各地から大型バスなどで団体で訪れていたが、今年はそうした人たちの姿が少なかったという。

Kensuke Seya / BuzzFeed

一方、神社では新型コロナの感染防止対策として、ソーシャルディスタンスを保つように、導線を確保するなどの措置を取ったという。

そのため、境内には例年と比べて長蛇の列ができ、2時間並んでようやく手を合わせられたという人もいた。

Kensuke Seya / BuzzFeed

初めて参拝したという横浜市の31歳の男性と27歳の女性は取材に「こんなに大勢の人がいて驚きました」と語る。一方、10年以上参拝を続けてきたが、行列を見て熱中症を懸念し、並ぶことを諦めたという76歳の女性もいた。

都内の男子大学生(20)は、いつもならばお盆の時期には帰省しているが、今年は自粛。そこで以前から興味があった靖国神社を訪れたという。

「日本人としては大切な一日ですから、来るべきだなと思って初めて靖国と近くの千鳥ヶ淵戦没者墓苑を参拝しました。ただ、靖国はすごい長い列で、並ぶのを諦めて離れたところから手を合わせました」

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here