back to top

モデルの紗栄子が被災地への思いを語る 「寄付することも立派なボランティア」

インスタグラムに綴った。

モデルでタレントの紗栄子さんが7月14日、「それぞれに出来ることを。それぞれのタイミングで」とファンらに呼びかけた。

理由は、甚大な被害を各地にもたらした西日本豪雨があったから。自身のインスタグラムを更新し、赤十字に寄付したことも明かした。

時事通信

紗栄子さんは「西日本各地を襲った豪雨により被災された方々が1日も早く、安全で安心できる生活を取り戻せますよう心よりお祈り致します」と、赤十字や各自治体、NPOらの振込先をスクリーンショットを3回にわけて掲載。

ボランティアに参加する上での注意点を書いた上で、「支援したいという善意を無駄にしないためにも、参加する前に最新のボランティア募集情報をホームページなどでご確認ください」と続け、こう書いた。

「そして、力になりたくても何をしたらいいのかわからないという方がいらっしゃっいましたら、少しでも参考にしていただけたら幸いです」

「現地に足を運ぶことができなくても」

Yahoo! JAPAN / Via docs-donation.yahoo.co.jp

Yahoo! JAPANのネット募金のページから寄付ができるNPOの団体一覧が見られ、Tポイントやクレジットカードでもお金を寄せられることや、ふるさと納税制度を活用した支援もできる、と説明。

さまざまな支援の仕方があるとして、こう締めた。

「現地に足を運ぶことができなくても、賛同できるボランティア先に寄付することも立派なボランティアだと思います。私も少しでも力になれたらと思い、赤十字に寄付をさせていただきました」

「それぞれに出来ることを。それぞれのタイミングで」

最後の投稿では、「私が掲載している地域だけでなく、他にもたくさんの被災地が掲載されていますのでそちらもご確認ください」と綴った。

被災地には有名人らが続々と寄付を呼びかけている。BuzzFeed Newsでは、次の記事を配信しています。


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.