• lgbtjpnews badge
  • lgbtjapan badge
Updated on 2020年4月30日. Posted on 2020年4月26日

歌手のMISIAが台湾を評価した理由、紅白歌合戦の反響の中で得た気づき

歌手のMISIAさんが、NHKの紅白歌合戦で見せたステージを振り返り、歌声も披露した。

日本最大のLGBTQの祭典「東京レインボープライド2020(TRP2020)」のオンラインイベント「#おうちでプライド」が4月26日あり、リアルタイムでオンライントークイベントが開かれた。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京・代々木公園で予定していたイベントは中止した。しかし、それに代わり、TwitterなどSNSを駆使したイベントを開催している。

この日は、歌手のMISIAさんがスペシャルゲストとしてライブ出演し、「私ができる音楽を通して、元気を与えられたら」と語った。

東京レインボープライド

今回のオンラインイベントは、5月6日までをプライドウィーク期間と予定通り位置付ける。

SNSで使えるハッシュタグ「#おうちでプライド」を活用。それぞれ個人が思い描く「幸せのかたち」を尊重し合い、お互いの存在を笑顔で祝福できる社会の実現を目指し、さまざまなメッセージを発信していくという。

4月26日にあったオンライントークイベントの様子は、TRPのTwitter公式アカウント(@Tokyo_R_Pride)でライブ配信した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、それぞれが遠隔で出演した。

Toshifumi KITAMURA /AFP=時事通信

歌手のMISIAさん

司会者は、女装パフォーマーのブルボンヌさんと、いずれもTRPの共同代表理事であるトランスジェンダーの杉山文野さんとレズビアンの山田なつみさんなどが務めた。

この日、タレントのりゅうちぇるさんやモデルの水原希子さんに続き、MISIAさんが最後のゲストとして登場した。

紅白の反響の中で気づいたこと

東京レインボープライド

MISIAさんは2019年末、NHKの紅白歌合戦で、紅組のラストを飾り、歌った。

バックには、レインボーフラッグがあり、会場もレインボーの小旗を持っている様子が話題を呼んだ。

さらに、ドラァグクイーンがステージをサポートし、レズビアンだと公表して活動するDJ のNoodlesさんが台湾から参加した。

レインボーフラッグは、LGBTQコミュニティの象徴であり、当事者の人々の尊厳や社会運動を象徴するものとして知られる。

NHK提供 / Via buzzfeed.com

レインボーフラッグが掲げられた紅白でのMISIAさんのステージ

MISIAさんがこのような演出をしたのは、LGBTQの人々や多様性に対する思いがあったからだ。トランスジェンダーの杉山さんは「いち当事者としても嬉しかった」と紅白歌合戦での演出に感謝した。

当時のことをMISIAさんは語る。

「すごい反響があり、追いつかないくらいでした。ああそうか、と思ったのは、毎年、紅白という2色という部分に傷つけられた人もいたんだなと」

「紅白では、赤が女性、白が男性という2色の中で『自分はどっちも入れないのかなと、とても寂しい気持ちで見ていた。でも、今年は違いました』という声があったんです」

枠にとらわれずに番組を楽しんでいる人ももちろんいる。一方で、そんな気持ちを抱いている人がいたことに、反響の中で気づいたという。

みんなで多様性を認め合う

時事通信

紅白歌合戦で見せたステージと同様、MISIAさんと一緒にドラァグクイーンがステージに上がるのは、1998年にデビューした当初から続いているという。

「ヒップホップやハウスやR&Bが好きで。ハウスは、ゲイカルチャーとは切っても切り離せないカルチャーです。皆さんに愛していただき、皆さんとショーを作ってきたので、『INTO THE LIGHT』を紅白で歌うとなった時に、皆さんに参加してもらおうと思ったんです」

「NHKの方の理解とご協力があり、出演者の方にフラッグの意味を説明して、会場中の皆さんがフラッグを振ってくださいました。皆さんのご理解とご協力をいただいてあの瞬間がありました。みんなで多様性を認め合うという大きなメッセージに繋がったんだと思います」

そう語ったMISIAさんは、「(今日は)イヤリングもレインボーにしました」とカラフルなイヤリングを視聴者に見せた。

時事通信

台湾・台北市内で行われたLGBTパレードに特別ゲストとして日本から参加したMISIAさん(左)=2017年10月28日

MISIAさんは、2017年に台湾で開かれたレインボーパレードにゲストとして招かれ、プラカードを掲げた。

その点に触れつつ、アジアで初めて同性婚を法制化した台湾について評価した。

「台湾は、もともとジェンダー問題に、ものすごく取り組んでいる場所で、セクシュアリティとか性ではなく、個人の能力を認めよう、個人として人を認めあおうという教育がされているんです。同性婚の法案が通ったのは、ものすごく愛に溢れているからなんだなと思いました」

「私ができる音楽で」

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

MISIAさんは4月14日、「あなたにスマイルプロジェクト」を始めたと発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、会うことができない大切な人、誰かのために頑張っている人、不安を抱えて過ごしている人、医療関係者の人たち、すべての人に音楽を通して、笑顔を届けること、日々をより楽しく過ごすことを目的としているという。

公式サイトには「年齢も性別も国籍も超えてどなたでも参加いただけるプロジェクトです」とも記されている。

MISIAさんは、自身の曲『あなたにスマイル:)』のサビである「あなたにスマイル」のフレーズを歌い、その動画をTwitterで「#MISIAsmile」をつけて投稿してほしいと呼びかけた。

そのうえで、TRPのトークイベントに参加した司会者らと一緒にそのフレーズをライブで歌うと、最後にこう話した。

「みんなで一緒に歌う瞬間は幸せですね。世界中で、みんなで同じ時間に拍手を送り合ったり、ベランダで歌い合ったりするムーブメントがありますけど、人に力を与えられるから広がっていると思うんですよね。私ができる音楽を通して、みんなに元気を与えられたらと思います」

🌈🌈🌈🌈🌈

BuzzFeed

東京レインボープライドの公式メディアパートナーであるBuzzFeed Japanは、4月26日、27日の両日、BuzzFeed Japan Newsの公式Instagramアカウントにて「オトマリカイ」のインスタライブを配信します。

オトマリカイ」はLGBTQなお友達をお招きし、「We Are More Than Sexuality」をモットーにゴロゴロ語り合う番組です。

BuzzFeed

今回はいずれも午後8時より、計5組のゲストと話しながらリアルタイムで視聴者の質問にお答えします。

さらに、BuzzFeed Japanでは、6月19日〜28日までの期間中、年に一度の特集「レインボー・ウィーク」を実施し、LGBTQをはじめとする性的マイノリティに焦点をあてた記事や動画を集中的に発信する予定です。

今年の特集のテーマは「幸せ」です。現在、テテレビ会議システムなどを活用し、オンライン上でインタビュー取材に協力してくださる、LGBTQの方やカップルを募集しています。

メール(japan-report@buzzfeed.com)やBuzzFeed NewsのLINE公式アカウント(@buzzopi)、または担当記者にご連絡いただけますと幸いです。

あなたは、あなたのままでいい。私も、私のままでいい。
誰だって、違うところがあるのだから。
毎日、異なった生活を送り、それがこれからも続くのだから。
愛や幸せがみんな異なるから、この豊かな世界が、今があります。
それぞれの“らしさ”がもっとも尊重される世の中に。
BuzzFeed Japanは、多様な「幸せ」について発信していきます。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here