back to top

墜落事故に遭ったブラジルのチームが優勝へ スルガ銀行杯に出られるか、協会が見解

出場権を得られるはずだが…

サッカーの国際大会の決勝戦に向かう途中に、悲劇の飛行機事故に見舞われたブラジル1部リーグ「シャペコエンセ」に、大会を主催する南米サッカー連盟が、優勝を認める方向で進んでいるという。

Fredy Builes / Reuters

悲劇は、11月28日に起きた。シャペコエンセの選手らを乗せたチャーター機が南米コロンビアの山間部に墜落した。乗客・乗員ら77人のうち、助かったのは6人だけだった。

生存した乗客の中には、メンバーもいた。

国際大会「コパ・スダメリカーナ」の決勝戦は中止され、延期に。

Paulo Whitaker / Reuters

決勝で対戦予定だったコロンビアのチーム「アトレティコ・ナシオナル」は、公式サイトで「タイトルは、シャペコエンセに」と表明している。

それを受け、南米サッカー連盟が正式に優勝を認める方針であることが、一部のメディアで報じられた。

BuzzFeed Newsは、プレゼンティングスポンサーのスルガ銀行に問い合わせた。

Fredy Builes / Reuters

広報担当者は、こう話す。

「南米サッカー連盟、日本サッカー協会の正式なコメントが出てから、結論を出す方向になると思います。現段階では、コメントができません」

「不慮の事故なので、とても残念です」

では、主催者の日本サッカー協会の見解は。

Buda Mendes / Getty Images

田島幸三会長は、公式サイトでお悔やみを述べている。

「ご存知のようにコパ・スダメリカーナの勝者は来年のスルガ銀行チャンピオンシップで日本のJリーグYBCルヴァンカップ優勝チームとの対戦が予定されています。このように日本サッカー界とも関係の深い大会への参加クラブが遭われた事故ということで非常に残念でなりません。改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます」

ネット上では、チャリティマッチにするのか、南米での開催はあり得るのか、との声も上がっている。

サッカー協会の広報担当者は、こう語った。

「今は、事の推移を見守ることしかできません。まだ大会がどうなるか決まっていないだけではなく、シャペコエンセがチームとして成り立つのか、など確認しなくてはいけないことが出てきます」

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.