• metoojp badge

伊藤詩織さんの裁判、「偽名」とツイートした元東大特任准教授に33万円命じる

33万円の損害賠償の支払いと投稿の削除を命じた。

中傷的な複数のツイートを行ったとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが、AIの開発などを行う企業の社長で元東京大大学院特任准教授の大澤昇平さんを相手取り、慰謝料など110万円の損害賠償と投稿の削除を求めた訴訟の判決が7月6日、東京地方裁判所(藤澤裕介裁判長)であった。

藤澤裁判長は、大澤さんに対して投稿の削除と伊藤さんへの33万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

伊藤さんと大澤さん、両者の代理人のいずれもこの日、出廷しなかった。

判決によると、大澤さんは2020年6月、伊藤さんが漫画家のはすみとしこさんらを訴えた後、Twitterで「伊藤詩織って偽名じゃねーか!」とツイートした。

大澤さんはこの投稿で、破産事件に関する官報公告の一部と思われる画像を添えた。債務者の欄には、「伊藤詩織こと」と通名が、その隣には本名とされる名前が記され、伊藤さんは外国籍だと解釈できるものだった。

判決文に記されたこと

伊藤さん側は、破産した事実はなく、「伊藤詩織」も本名だと否定。「破産開始決定を受けた事実はなく、社会的評価を著しく低下させることは明らかで、被告はツイート前に事実関係を調べてもいない」と主張していた。

一方、大澤さん側は請求棄却を求めていた。

大澤さん側は、ツイートが伊藤さんを指すものではなく、Twitter上では同姓同名の人の話題も多数存在するため伊藤さんの社会的評価は低下しないなどと訴えていた。

だが判決では、大澤さんによる「伊藤詩織って偽名じゃねーか!」とのツイートは、伊藤さんを名指しするものであることは明らかだとした。

そして、伊藤さんが通名を「伊藤詩織」とする外国人であり、東京地裁で破産手続開始決定を受けたとツイートが指していると認められると結論づけた。

そのうえで、ツイート時点で伊藤さんの社会的評価を低下させるし、違法な名誉毀損行為に当たると認めた。

判決は、伊藤さんの本名は「伊藤詩織」であり、通名はなく、過去に破産手続開始決定を受けた事実はないとした。つまり、伊藤さんの主張が正しいと認めた。

伊藤さんは6日夕、記者会見を予定。BuzzFeed Newsは大澤さんに取材を申し込んでいる。

審理が続く他の裁判

伊藤さんを巡っては、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして民事訴訟を起こし、一審で勝訴。山口さん側が東京高等裁判所に控訴し、審理が続いている。

また、はすみとしこさんら3人に対し、損害賠償とともにそれぞれ該当するSNSでの投稿を削除し、はすみとしこさんには謝罪広告を掲載するよう求めて裁判を起こした。

さらに、自身を誹謗中傷する内容が記された多くのTwitterの投稿に対し、「いいね」を押されたことで精神的苦痛を受けたなどとして、杉田水脈衆院議員(自民、比例中国ブロック)を相手取り、損害賠償を求めている。

アップデート

判決文の内容を追記しました。