back to top

大阪の地震、台湾のトップが日本語で表明 「出来る限り支援をする用意ある」

台湾では2018年2月、最大震度7の地震があったばかり。

大阪で最大震度6弱の地震が起きたのを受け、台湾の蔡英文総統は6月18日、Twitterを更新し、日本語で「出来る限り必要な支援を行う用意をしています」とツイートした。

日本の近畿地方で発生した地震で被害に遭われた日本国民の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 また、被害に遭われた方々の速やかな回復と被災地の早期復旧を心からお祈り申し上げます。 台湾は震災後の動向に注目していくとともに、日本に対して出来る限り必要な支援を行う用意をしています。 https://t.co/60Iz632TaN

ツイートは午後1時半ごろ、安倍晋三首相の投稿を引用リツイートする形であった。

Staff / Reuters

蔡総統は、日本の被災者を気遣い、「台湾は震災後の動向に注目していくとともに、日本に対して出来る限り必要な支援を行う用意をしています」と、必要になれば国をあげて支援をする考えを表明した。

直後には、この日本語のツイートを英訳して、世界に向けてメッセージを発信した。

On behalf of the people of #Taiwan, I want to extend my condolences to all those affected by the #earthquake in #Japan this morning. In times of need, Taiwan is always ready to help.

台湾では、2018年2月、花蓮県の沿岸を震源とする最大震度7の地震が襲ったばかり。

台湾の地震の被害
Tyrone Siu / Reuters

台湾の地震の被害

東日本大震災において多額の支援をしていたことから、その地震発生後、日本でも「台湾頑張れ」を意味する「#台湾加油」の言葉がTwitterを埋めた。日本のトレンド1位になるほどだった。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.