• lgbtjapan badge

一目惚れからはじまった女性同士のカップルの恋。2人の"ささいな"日常と幸せ

女性同士のカップルである2人は、時を重ねるごとに幸せを実感している。

新型コロナウイルスは、「コロナ離婚」という言葉を生むほどカップルの関係にも影響を与えた。

一方で、ある女性同士のカップルは違った。かえって幸せを実感したという。

「幸せやねぇ、2人で過ごせて幸せやねぇ」。そう語り合いながら、外出自粛の日々を過ごした。幸せとは何か。2人の日常をのぞいた。

提供写真

2人の関係は、ポチさん(仮名、33歳)の一目惚れからはじまった。

パートナーのタマさん(仮名、25歳)が2017年、同じ職場にやってきてすぐに恋心が芽生えた。

顔、声、仕草まですべてが可愛く思えたという。

ポチさんは、BuzzFeed Newsの取材に「性格的に我慢できなくて。すごい押しました」と話しながら笑う。

出会って1週間で告白したその後

たわいない会話から仕事の悩みを聞いて、信頼関係を築いていった。

そして、出会って1週間で、ポチさんが告白した。

ただ、これまで恋愛経験がなかったタマさんにとって、ポチさんは「職場内の数少ない女性の同僚」という印象しかなかった。

タマさんは、女性を恋愛対象として自認しているわけではない。だから、なおさら突然の告白に驚いたという。

そこで、ポチさんはお試しで付き合うことを提案。タマさんは受け入れた。

「強引な人やなーと思いましたね」とタマさんは笑う。

Johan Vesters / Getty Images

イメージ写真

ポチさんは幼稚園生の時、女性が好きだという気持ちに気づいたという。

また、男友だちとチャンバラをして遊ぶことや、黒色のランドセルを好んだ。高校時代には、スカートを履くのが嫌で、精神的な苦痛を味わいもした。

そんな様子を見た家族もポチさんのことを理解してくれている。

「トランスジェンダーのFtM(女性として生まれ、性自認が男性である人)かと思ったんですが、違うと感じています。体に嫌悪感があっても、メスを入れて体を変えたいとは思わないんです」

「この先も女性として生きていくのだと思います。私は、服装や仕草を男性らしくするだけで十分です」

24時間、一緒に過ごすということ

女性を恋愛対象だと自認しているポチさん、そして、いまだに性自認や性的指向がわからないというタマさんの2人は、カップルとして生活していくことになった。

交際して2年が過ぎたある日のデートの帰り道、ポチさんが投げかけた。

「それぞれの家に帰るのが寂しいね。一緒に住もうか」

新居に引っ越し、2人で家具や家電を選んだ。新生活を送るにあたって、わくわくが止まらなかった。

そして、昨年8月から同棲生活がスタートした。

提供写真

職場も自宅も同じになった。それまでは考えられなかった生活に「愛が深まっていきました」とポチさんは言い、タマさんも「嫌なところが、まだ見つけられていないんですよね」と照れながら話す。

「同棲前は、帰る時間が近づくと、寂しさだけが募っていました。それが、ちょっと疲れれば、『帰ろか』とすぐに言えるし、『早くご飯食べよか』とも言えるようになりました」

ただ、同棲生活を始めた半年後、新型コロナウイルスが世界各地に猛威を振るった。

4月には感染防止策から仕事が休業になり、3週間ほど自宅で引きこもる生活を2人で送ることになった。

共にいる時間はより増え、24時間、常に一緒に過ごした。家事をする幸せ、真面目な話題を語り合う幸せ、寝る前に「おやすみ」と言える幸せ...。2人にとっては、かけがえのない日々だったという。

ポチさんは言う。

「毎日、『幸せやねぇ、2人で過ごせて幸せやねぇ』と話していました。一緒にいられる時間が長くなって、幸せが増えましたし、『2人なら大丈夫やろ』と笑って過ごしていました」

光る指輪、幸せのカタチと実現させたい夢

提供写真

2人の左手の薬指には指輪が光る。一生涯、ともに連れ添って生きたいと考えている。

ただ、今の日本では結婚ができないため、「現時点では他人です」とポチさんは声を落とす。

というのも、日本ではまだ同性婚が法制化していないからだ。だからこそ、早く実現するよう願ってやまない。

「私の方が歳上だから、歳を取るのも早く、病院で入院した時を考えても、制度上は他人ということで不便が多いです。だから、結婚したいんです」

「パートナーがたまたま同じ性別なだけです。同性同士が結婚しても、誰にも迷惑かけないじゃないですか。より幸せなほうがいいはずです。結婚したら、不幸になることはないですし、何かあったら対応できるように、早く同性婚が実現してほしいです」

提供写真

2人には、もう一つの夢がある。自宅の部屋を漫画で埋めることだ。

「漫画が2人の共通の趣味なんです。だから、本棚がパンパンになってきています。いつか部屋を改造したいなと思っていて、どうレイアウトしようかと話しています」

「一個ずつの幸せは、大きくなくていいんです。一緒に家に帰るとか、目の前でご飯を美味しいと言えるとか。そんなささいなことの積み重ねが、幸せだと思うんです。だから、私たちは毎日が幸せなんです」

提供写真

「幸せ」をテーマに、一言書いてくれた。左からポチさん、タマさん

🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈

世界各地でLGBTQコミュニティの文化を讃え、権利向上に向けて支援するイベントなどが開催される毎年6月の「プライド月間」。BuzzFeed Japanは2020年6月19日から28日まで、セクシュアルマイノリティに焦点をあてたコンテンツを集中的に発信する特集「レインボー・ウィーク」を実施します。

特集期間中は、ハッシュタグ「#虹色のしあわせ🌈」を活用し、さまざまな記事や動画コンテンツを配信します。

【配信中】オトマリカイ@ BuzzFeed News Live あなたのお悩み一緒に考えます🏳️‍🌈 LGBTQの当事者から寄せられた相談について、りゅうちぇるさん(@RYUZi33WORLD929)&ぺえさん(@peex007)と一緒に考えます。 視聴はこちらから👇 #PrideMonth #虹色のしあわせ🌈 https://t.co/H3uXcYtszu

ゲストのりゅうちぇるさん、ぺえさんにLGBTQ当事者がお悩みを相談するライブ番組「オトマリカイ@BuzzFeed News LIVE あなたのお悩み、一緒に考えます。」を配信しました(視聴はこちらから)。

BuzzFeed

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Contact Kensuke Seya at kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here