back to top

「それはいくらなんでも」 集中審議で、ある質問に太田理財局長がいらだちながら全力否定

質問は、民主党政権時代の太田氏の役職を振り返ったものだった

学校法人・森友学園への国有地売却をめぐり、参院予算委員会は3月19日、財務省の決裁文書改ざん問題の集中審議をしている。

集中審議には、安倍晋三首相や麻生太郎財務相のほか、財務省の太田充理財局長らが出席。議員たちが厳しい質問をする中、太田理財局長が「それはいくらなんでも、それはいくらなんでも」と苦悶の表情を浮かべて、反論する場面があった。

和田政宗議員(左)。2015年
時事通信

和田政宗議員(左)。2015年

質問は、自民党の和田政宗議員がした。財務省による公文書の書き換えを誰が、何のためにしたのか、書き換え当時に理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官がいつからその行為を把握していたのか、などを問い、太田理財局長が対応していた。

その後、和田議員は「太田理財局長は一生懸命答弁してくれているのかもしれないけれど」と前置きした上で、こう質問した。

「まさかとは思いますけれども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だからアベノミクスを潰すために、安倍政権を陥れるために意図的に変な答弁をしているのではないですか」

太田理財局長は終始、首を振りながら、この発言を聞いていた。そして、手を挙げて反論した(発言ママ)。

太田充理財局長。3月15日
時事通信

太田充理財局長。3月15日

「いや、お答えを申し上げます。私は公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なので、それをやられるとさすがにいくらなんでも、そんなつもりは全くありません。それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください」

表情はそれまでの答弁とは異なり、苛立ちがにじみ出ていた。首を振りながら否定した。

Twitterではこの様子を見ていたユーザーたちが、和田議員に対して「ひどい」「これは失礼極まりない」「このような方を質問に立たせる自民党に、呆れを通り越して本当に絶望的な気持ちになる」などと批判の声が上げている。

集中審議で、安倍首相は「行政府の長として責任を痛感しております。国民のみなさまにお詫びを申し上げたい。私や妻が関わったことにならないのは明らか」、麻生副総理兼財務相は「なんで書き換えをしたのか理解できない」などと発言し、議論は紛糾している。

BuzzFeed JapanNews

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Kensuke Seyaに連絡する メールアドレス:kensuke.seya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.