「ラーメン二郎」をCG映像で再現 クオリティの高さにびっくりする

    あまりにもおいしそうな二郎が着丼する姿は、まさに圧巻です。

    この画像、本物のラーメン二郎だと思うじゃないですか。実は、CGなんです。

    amnys / Via Twitter: @amnys_

    制作し、Twitterに投稿したのはCGデザイナーのamnysさん(@amnys_)。

    amnysさんは、以前から趣味で食べ物を題材にしたCG映像を制作してきました。

    ラーメン二郎もかねがね作品にしたいと考えていました。そこで、パソコンを新調したのを機に、念願だったこの作品に挑んだといいます。

    作業は3月18日から始め、ちょうど1週間で完成。他のCG映像と比べて時間がかかり、「とても苦労した」そうです。

    絶大な知名度を誇るラーメン二郎。その理由の一つが見た目の迫力ですが、amnysさんがこだわったポイントは違うと言います。

    「今回、絶対に外してはならないと思ったのは『おいしそう』であることです。二郎が好きかどうかは人を選びますが、それでも行列が絶えないのは絶対的なおいしさがあるからです」

    「コピペや爆盛り画像などネタとしての二郎ではなく、『おいしそうなラーメン』の表現にとことんこだわりました」

    では、一杯のラーメンが着丼する姿をご覧ください。これが「おいしそうな」二郎を追求したCG映像です。

    本気でラーメン二郎のCGを作りました 音あり #C4D

    ツイートは3月26日現在、1万5000件以上リツイートされています。二郎だからこそ、ある程度の反響は予想していたそうですが、「思っていたより、ずっと反響が大きく驚いています」と喜びます。

    これまで、チャーハンやウイスキーを題材にした、センスやユーモアにあふれた作品を世に送り出してきたamnysさん。

    CGは「技術がなくても、時間をかければクオリティが上がる」と語り、その魅力を「リアリティが生むシュールさも武器の一つではないでしょうか」と評します。

    「新たにフォローしてくださった方も多く、また頑張ろうと思っています」

    「 世の中には、かっこいいCGや綺麗なCGがたくさんありますが、あまり真面目じゃない、自分のような人間でも楽しめる作品をこれからも作っていきたいです」

    あー、猛烈に二郎が食べたくなってきました😂