back to top

1949年のレシピでホットケーキを作ってみたら… 驚きのおやつに!

味も食感もいつもと違う!おすすめの食べ方は?

1949年(昭和24年)に発行された1冊の教科書「たのしい生活」を見つけました。小学5年生向けの家庭科の教科書です。

なぜなら材料に、横に伸びる力のある重曹を使っているから。

ホットケーキミックスには、縦に伸びるベーキングパウダーが入っているんです。

固すぎてもはや飴かも。なので、シロップは最後に作り、早く食べたほうがいいです。

ふっくらしてなくて、しっとりしているんです。他のスタッフにも食べてもらったところ…

「卵の味の主張がすごい。素材の味が生かされている感!」「甘くないクレープ」「朝食に食べたい!おやつというより、おかず!」

見た目は少し悪いですが、「おいしい」と好評でした。

今ではコンビニでも買えるバナナ。戦後すぐは手に入れるのが難しい高価なものでした。

味がクレープに似ていたので、包んで食べてみると…。「水飴バナナクレープ」の完成です!

甘くないホットケーキに、甘いバナナがよく合う。とてもおいしいですよ!

1949年のホットケーキの材料(2人分)

〈ホットケーキ〉

小麦粉 80g(1合カップすり切り1ぱい)

ジュウソウ 1g(茶さじ1/2ぱい)

卵 50g(1コ)

さとう 3g(茶さじ1ぱい)

塩 少量

水 100cc(やく6しゃく)

油 少量

〈シロップ〉(ホットケーキにかけるみつ)

さとう 10g(大さじ1ぱい)

水 同量

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss