• animaljp badge

知れば知るほど怖い「クラゲの生態」11選

水族館では人気のクラゲですが、その生態は謎がいっぱい。脳も心臓もないなんて、知れば知るほど怖いぞ…。

海の生物で「怖いもの」といったら、なにを思い浮かべる?

やっぱりサメ?

そんなあなたに伝えたい。いちばん怖いのはクラゲですよ。

box jellyfish

クラゲ?刺すくらいでしょ?

と思ったら大間違い。クラゲの謎を知れば知るほど怖くなりますよ…。

1. クラゲには脳がない

2. 心臓もない。

3. クラゲの95%は水分でできている。

4. 死んだあとでも毒は有効で、刺すことができる。

5. 何百もの小さな繊毛の列があり、これが歯の役割を果たし、獲物を噛み砕く種類もいる。

6. ベニクラゲ類は「不老不死」と言われる。

7. 最強の毒を持つ海洋生物は、クラゲの一種。

Australian box jellyfish swimming

8. そのハコクラゲの触手は約3メートルになることも!

9. 現生する中で最大のクラゲは、キタユウレイクラゲ(ライオンタテガミクラゲ)。これまで発見された最大の個体は、体長が約37メートルだった。

10. 日本で重さ10トンの漁船が、同じく大型のエチゼンクラゲの重さに耐えられず転覆したことがある。

11. クラゲは共食いすることもある。

クラゲ、知れば知るほど謎が深まる…。そしてやっぱり怖いぞ…。

King Jellyfish from SpongeBob

この記事は英語から翻訳・編集しました。  翻訳:髙橋李佳子