• bousaijp badge

台風19号、12日夕〜夜に東海・関東上陸へ。500ミリの大雨の可能性 気象庁「命を守る行動を」

12日12時までの24時間雨量は、多いところで東海地方で500ミリ。13日12時までの24時間雨量は東海地方で60〜800ミリ、関東甲信地方と北陸地方では300〜500ミリなど、広い範囲で記録的な大雨となる見込み。

気象庁は10月11日午前、台風19号に関する臨時記者会見を開いた。

同庁は予報をもとに「非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方〜夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する可能性が高まってきた」と説明。

場合によっては伊豆、関東地方で河川の氾濫や土砂崩れが相次いだ「狩野川台風」(1958年。死者888名、行方不明者381名)に匹敵する記録的大雨となる可能性もあるため、「自分の命、大切な人の命を守るための行動を」と厳重な警戒を呼びかけた。

気象庁

気象庁予報部(11日午前9時45分発表)によると、大型で非常に強い台風19号は、父島の西約410キロを1時間に約25キロの速さで北北西へ進んでいる。

中心の気圧は925ヘクトパスカル中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風域になっている。

今後も非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方〜夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する可能性が高いと見られる。

また、気象庁では「東日本を中心に、西日本から東北地方の広い範囲で横列な風が吹き、海は猛烈なしけとなり、記録的な暴風となるところもある」と予想。

東海、関東で500ミリの大雨の可能性

気象庁

気象庁

12日12時までの24時間雨量は、多いところで東海地方で500ミリの予想。

13日12時までの24時間雨量は東海地方で60〜800ミリ、関東甲信地方と北陸地方では300〜500ミリなど、広い範囲で記録的な大雨となる見込みで、大雨特別警報を発する可能性もあるという。

場合によっては伊豆、関東地方で河川の氾濫や土砂崩れが相次いだ「狩野川台風」(1958年。死者888名、行方不明者381名)に匹敵する記録的大雨のおそれもあるという。

気象庁

この台風では、東京で1日あたり371.9ミリの降水量を記録。観測史上最大の日降水量を記録した。

最大瞬間風速は60メートルの予想

暴風にも警戒が必要だ。9月に千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号と同程度の暴風のおそれがあり、さらに広い範囲に被害が及ぶ危険がある。

12日までに予想される最大風速は、東海地方で風速45メートル、関東地方で風速40メートル。最大瞬間風速は両地方とも60メートルと予想されている。

気象庁は「今日のうちに、備えが万全か再点検をしてほしい」と呼びかけている。


Contact Kei Yoshikawa at kei.yoshikawa@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here