アカデミー賞ノミネート作品の裏側 ーー 英語さえ話せなかった日本人の熱意

    一人の絵描きが夢をつかむまで。

    昨年、米アカデミー賞の短編アニメ賞にノミネートされた『ダム・キーパー』。

    Facebook: TheDamKeeper

    街を守るためにダムを動かしつづけるブタくんと、転校生のキツネくんとの出会いを描いた物語です。

    監督したのは堤大介さん(写真左)とロバート・コンドウさん。

    facebook.com

    ピクサーで長い間アートディレクターを務めていた堤さんは『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などの大ヒット作品に携わってきました。

    そんな堤さんが、同僚のロバートさんと長期休暇中に制作したのが今作『ダム・キーパー』。

    Tonko House

    休暇から戻った後も、週末や空いた時間に制作していたといいます。

    やがて『ダム・キーパー』は数々の映画祭に招待されはじめ、

    facebook.com

    ロバートさんと共に、スタジオ「トンコハウス」を立ち上げます。

    やがて『ダム・キーパー』は、米アカデミー賞短編アニメ賞にもノミネートされます。

    惜しくも受賞は逃しましたが、たった数人ではじまった小さなスタジオにとって、十分すぎるほどのスタートとなりました。

    物語は、ここでは終わりません。BuzzFeedは「トンコハウス」で働くもう一人の日本人、長砂賀洋さん(写真中央)に話を聞きました。

    Tonko House

    そこにはもう一つの物語がありました。

    昔から堤さんの大ファンだったという長砂さん。もともとは日本のアニメ制作会社で働いていました。しかし、堤さんのような絵が描けるようになりたいという一心で渡米を決意します。

    そしてはじめての渡米は、少しずつ長砂さんの世界を広げてくれました。

    しかし、そんな新鮮な日々も長くは続きません。

    そんなところに第二の転機が訪れました。

    堤さんに熱意を買われた長砂さんは『ダム・キーパー』の制作に加わることになります。

    Tonko House

    「でも、絵の技術がまったく足りていなかったので、堤さんから課題を出してもらって、絵のトレーニングを受けていました。能力が本当に低くて、ぜんぜん描けなかった。制作に入ってからも、ずっといろいろ教えてもらっていました。だから、ちゃんと役に立てたのは、多分、最後の3カ月くらいです」

    「最初はピクサーの真ん前にある赤レンガのところにスタジオを借りて、窓もない狭い部屋でスタートしました。『ダム・キーパー』のプロジェクトがはじまった当初は、堤さんとロバート、それから僕だけ」

    「二人とも自分にとってのスターだったから。同じ空間にいれるだけで幸せでしたね」

    Tonko House

    「朝から勉強会を開いたり、外に絵を描きに行ったり。チームみんなで『ダム・キーパー』を制作したことは大切な思い出です」と長砂さん。

    「いまは次回作『ムーム』に取り組んでいます」

    Tonko House
    Tonko House

    上の画像は長砂さんの手がけた「トンコハウス」による次回作『ムーム』のコンセプトアート。川村元気さん、益子悠紀さんによる絵本が原作の短編映画です。

    「今回の仕事をやっていても、結局何も変わっていないような気がしていて......。絵が成長すればするほど、堤さんやロバートがどれだけすごいかがわかってくるんです。でも、なんとか食らいついていきたいですね」

    他にも「トンコハウス」は『ダム・キーパー』の長編映画を準備中とのこと。

    「3月には銀座のギャラリーで展覧会をするので是非来てください」

    そんな長砂さんについて、堤さんはこう語ってくれました。

    Tonko House

    「いつも天然キャラで、周りから愛されている長砂は、トンコハウスの顔と言っても過言ではありません」

    「出会った当初、正直、絵の実力ではとても採用できなかったのですが、『掘った芋イジクルナ』しか言えない語学力でアメリカに来ちゃう彼の行動力に心を打たれ、『ダム・キーパー』の制作の見習いから始めてもらいました」

    「失敗を恐れず、どんどん上へ上へ自分を磨き続けた彼は、最後は『ダム・キーパー』のペインターチームのリーダー的存在にまでなってくれました。『努力して、実力をつけ、堤を蹴り落とすのが夢』と冗談ぶいていた、曇りメガネの裏の真剣な目のいびつな光に、僕はいつもインスピレーションを受けています」