back to top

今聴くとめっちゃええやん。70年代洋楽バラード

今こそ聴きたい名曲たち

1. "「誠実」ってなんてさびしい言葉なんだろう"

YouTubeでこの動画を見る

billyjoelVEVO / Via youtube.com

「Honesty」 by Billy Joel(ビリー・ジョエル)

日本でもさまざまなCMに起用されたり、カバーされています。

2. 自由な気持ちになれます

YouTubeでこの動画を見る

Emi Records Italy / Via youtube.com

「Imagine」by John Lennon(ジョン・レノン)

この印象的な歌詞は、オノ・ヨーコ氏の詩集からインスパイアされているそうです。

3. 小鳥のさえずりのようなやさしい曲

「Lovin' You」by Minnie Riperton(ミニー・リパートン)サビの部分の超高音ボイスが話題になりました。
Capitol Records / Minnie Riperton / Via amazon.com*Version*=1&*entries*=0

「Lovin' You」by Minnie Riperton(ミニー・リパートン)

サビの部分の超高音ボイスが話題になりました。

4. 癒されるハーモニー

YouTubeでこの動画を見る

SimonGarfunkelVEVO / Via youtube.com

「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」by Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)

「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」で47位。言わずと知れた大ヒットソング。

5. 今聴くとこの硬派な感じが新鮮です

「Heart of Gold」by Neil Young(ニール・ヤング)「孤独の旅路」という邦題がつけられたこちらの曲。「Heart of Gold」というのは「輝く心」「やさしい心」といった意味だそうです。
Reprise Records / Neil Young / Via amazon.com

「Heart of Gold」by Neil Young(ニール・ヤング)

「孤独の旅路」という邦題がつけられたこちらの曲。「Heart of Gold」というのは「輝く心」「やさしい心」といった意味だそうです。

6. 斬新な曲の展開

YouTubeでこの動画を見る

Queen Official / Via youtube.com

「Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)by Queen(クイーン)

ハードロックやバラード、オペラなど複数の要素がつまっています。

7. シンプルだけれど力強い曲

YouTubeでこの動画を見る

EltonJohnVEVO / Via youtube.com

「Your Song」by Elton John(エルトン・ジョン)

日本でも馴染みの深いこちらの曲。邦題は「僕の歌は君の歌」だそうです。

8. 歌声がとにかくやさしい

「(They Long to Be) Close to You(遙かなる影)」by The Carpenters(カーペンターズ)宇多田ヒカルもカバーしています。
A&M / Carpenters / Via amazon.com

「(They Long to Be) Close to You(遙かなる影)」by The Carpenters(カーペンターズ)

宇多田ヒカルもカバーしています。

9. ピュアでストレートなラブソング

YouTubeでこの動画を見る

CaroleKingVEVO / Via youtube.com

「(You Make Me Feel Like A) Natural Woman」by Carole King(キャロル・キング)

もともとアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)に提供したこの曲。1971年にキャロル自身が歌い上げました。

10. 言うまでもなく名曲

「Let It Be」by The Beatles(ビートルズ)何度聴いても色あせない名曲ですね。
Capitol / The Beatles / Via amazon.com

「Let It Be」by The Beatles(ビートルズ)

何度聴いても色あせない名曲ですね。