DeNAが「WELQ」全記事を非公開に 不正確な医療情報に相次いだ批判「深くお詫び」

改善策を25日に発表したばかりだった。


DeNAは11月29日、医療・ヘルスケア情報を扱うキュレーションメディア「WELQ(ウェルク)」の全記事を非公開化し、WELQで取り扱っている全ての広告商品の販売を停止したと発表した。

記事の監修体制を整え、「皆様に安心してご利用いただける状態にしたのち」、WELQ編集部名義で記事を掲載していく方針としている。

また、同社代表取締役社長兼CEOの守安功氏を長とする管理委員会を設置し、記事のチェック体制などを強化するという。

WELQはこれまで、命や健康に関わる情報を扱っていながら、記事の正確性に責任を負わないとしていた。

その上、編集部があらかじめ設定したテーマや構成に沿って、外部ライターにマニュアル通りに書かせた記事を、専門家の監修を経ずに編集部自らが公開していた。

WELQは11月25日に、専門家に対する医学的知見からの記事監修の依頼を始め、また読者向けの「通報フォーム」を設置したと発表したばかり。

しかし、この改善策では、既存記事の多くは公開を続け、「問題があると判断した場合は記事の削除等の措置」をとるとしており、対応が不十分だと批判の声があがっていた。

WELQは11月上旬頃から、「不倫」「略奪愛」などを扱った内容をはじめとする大半の記事を閲覧できない状態にしていた。

また、11月28日夜頃には、体の不調や病気に関する記事をまとめた「病気・不調」カテゴリ自体をトップページから削除していた。


Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:Keigo.ISASHI@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.