back to top

「おヒョイさん」藤村俊二さんが死去 82歳、心不全のため

軽妙な語り口と飄々(ひょうひょう)としたキャラクターで親しまれた。

「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが、1月25日20時45分頃、心不全のため死去した。82歳だった。

2月14日の12〜15時に、「献花の会」が慈雲山 長泉寺(東京・神宮前)で営まれる。

所属事務所の代表取締役で、藤村さんの長男である亜実さんが2月1日、公式サイトで発表した。

「2015年12月に日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』の番組を降板させていただいてから、復帰を目指して療養しておりましたが、最期は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取りました」と報告している。

藤村さんは1934年、神奈川県生まれ。早稲田大学文学部演劇科を2年で中退し、東宝芸能学校舞踊科に入り直した。

日本テレビ「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」、TBS「ぴったしカン・カン」、フジテレビ「なるほどザ・ワールド」などのバラエティ番組、「青春喜劇・ハレンチ学園」、「喜劇・猪突猛進せよ!!」などの映画に出演して人気を獲得。軽妙な語り口と飄々(ひょうひょう)としたキャラクターで親しまれた。

芸能界で活躍しながら、東京・南青山でワインバー「O'hyoi's(オヒョイズ)」を2010年まで経営していた。

晩年は実写映画『DEATH NOTE -デスノート-』のワタリ役や、アニメ『黒執事』のタナカ役など、知的で穏やかな老紳士役を演じた。

Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:Keigo.ISASHI@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.