青森のご当地パン「イギリスフレンチトースト」 ピザ風の次は「欧風カレー」

    そういうことか

    青森県のご当地菓子パン「イギリスフレンチトースト(ピザ風)」を知ってる?

    工藤パン提供

    昨年5月から7月末まで期間限定で販売されていたこの商品が、1年経って再販された。

    イギリス? フランス? イタリア? どこの国の味が楽しめるのかわかりにくい上に、パッケージの色合いが意図せずブルガリア国旗カラーになっていたことから、新発売時に話題になっていた。

    開発したのは、青森市にある工藤パン。営業担当の平井一史さんに、この不思議な商品について疑問をぶつけてみた。

    ーーまさか今年も販売するとは!

    お客さまとチェーン側から多くの要望があったためです。ネットやテレビで取り上げていただいたことも影響していると思います。

    ーーパッケージデザインがブルガリア国旗カラーのままですね。

    あえて、そのままにしました。同じパッケージの方がお客さまにとって、わかりやすいかと思いまして。

    ーー味は変わっていますか?

    チーズの種類を変えてはいますが、基本的には同じです。

    イギリスフレンチトースト(ピザ風)の内側 / 工藤パン提供

    ーー「多国籍」だと話題になっています。結局、どこの国の味が楽しめるのでしょうか?

    それは答えづらいですね(笑)。……ピザ味を楽しんでいただきたいと思います。

    ーー今回も期間限定ですか?

    今回は期間を決めていません。具体的なことは言えませんが、要望が多ければ、長く販売したいと思います。価格は、税抜き150円です。

    ーー青森県以外でも買えるのでしょうか?

    通販などはやっておらず、買えないんです。消費期限の問題や、おいしさ、やわらかさが変わってしまうので……。ぜひ、青森県に来て買ってください。

    商品名の由来は?

    ーーそういえば、「イギリスフレンチトースト」はシリーズ商品ですよね。

    現在販売しているのは、ピザ風と「ハムチーズ」「とろ〜りカスタード」「練乳ミルク」の4種類。再販直後のせいか、ピザ風が一番人気です。

    ーー「イギリスフレンチトースト」の由来とは?

    「イギリストースト」という別の商品をベースに名付けました。こちらの由来は、山型の食パン(イングリッシュブレッド、イギリスパン)を使用していることから。

    ほとんどの方はそのまま召し上がられますが、「トーストしてもおいしい」という意味を込めています。

    工藤パン提供

    そして「イギリスフレンチトースト」の由来は、

    (1)山型食パンを使用→イギリス

    (2)フレンチ液に浸しました→フレンチ

    (3)オーブンで焼きました→トースト

    簡単に説明するとこのようになります。

    ーーなるほど、わかりやすい。ちなみに次の味は……?

    次は6月に発売の、「欧風カレー」です。

    Facebookページはこちら🍕✨

    Contact Keigo Isashi at keigo.isashi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here