back to top

「普段より待たせるかも」 ゴールデンウィークはJAFへの救援依頼が急増

高速道路でのトラブルが増える

約12.5秒に1件の救援依頼

ゴールデンウィーク期間中は車やバイクのトラブルで救援依頼が急増するとして、日本自動車連盟(JAF)がドライバーに注意を呼びかけている

2015年のゴールデンウィーク(4月29日~5月6日)にJAFが実施したロードサービスは、全国で5万5073件、1日平均6884件。特に高速道路での「タイヤのパンク」「燃料切れ」などのトラブルが多く、また追突事故も多発していたという。

JAFでは、“路上トラブルの際には必ず同乗者を含め全員が車外の安全な場所に避難してから救援依頼”をするよう促している。

依頼してからの待ち時間。普段よりもかかる?

BuzzFeed Newsの取材に対し、JAFは「救援依頼数がどれだけ増えるかによる。全てのケースで時間がかかるわけではないが、全体としては、普段よりも時間がかかってしまう傾向にある」と答えた。

(サムネイル:dreamnikon / iStock / Getty Images)


Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:Keigo.ISASHI@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.