back to top

条件は「10日で最低500投稿」 日本のインスタグラマーをブータンに無料招待

「妥当」と事務局

日本とブータン王国が2016年に外交関係樹立30周年を迎えた。これを記念して、ブータン政府観光局は、日本のブロガーとインスタグラマーを対象にした招待旅行を企画した。定員は3人。10日間にわたりブータンの観光地を巡る豪華なプランだが、応募の条件は以下のとおり。

<応募条件>・ブログまたはInstagramを一年以上継続している方・以下の投稿をすることができる方ブログ: 旅行前後で15回の投稿(旅行前と後は最大4回)していただくInstagram: 旅行中に最低500枚の写真を投稿していただく。旅行後、ブータン政府観光局の関連する2イベントにスピーカーなどでご参加いただける方

インスタグラマーの場合、10日間の旅行中に最低500点の写真を投稿しなければならない。ブロガーは合計15記事の投稿を求められる。Instagramといえばクリエイティブに凝った写真が多いが、影響力の強い人気ユーザー(インフルエンサー)は、1点を仕上げるのに何度も撮り直して、時間をかけて加工を施すこともあるという。

申込みフォームには「ブログ・インスタグラムでの過去のランキング、他国政府観光局招待での掲載経験など、自己PR」の記入欄もある。インフルエンサーを呼び込むのに、この投稿点数は現実的か。

ブータン政府観光局日本事務所は「妥当」という見解だ。「目的は、日本でのブータンの認知度を上げること。日本からの観光客に、SNSを通じて(ブータンの魅力を)広げてもらいたい。1日50点と考えれば、妥当ではないかと思う」

申込み締め切りは5月25日。ブータン政府観光局日本事務所は、現時点での申込者数は明かさなかった。

「投稿回数には自信がある」という人は応募してみてはどうだろう。

Keigo Isashiに連絡する メールアドレス:keigo.isashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.