Posted on 2018年6月25日

    どんな映画にもある舞台裏 マーベル映画の裏側がこれだ

    ネビュラのマスクはフルーツ・ロールアップのようだ。

    BuzzFeed / Instagram

    1. トニー・スタークとサノスは実は仲良しだ。

    2. ビジョンのビジョン(視野)は完全ではない。

    3. ネビュラの顔をはがすのは一苦労だ。

    4. はがしたマスクは、大きなフルーツ・ロールアップのように見える。

    5. ネビュラは、いつもの格好をするときにも、「KYジェリー(潤滑ゼリー)」が欠かせない。

    6. ガモーラのマスク装着は? これもまた大変な作業だ。

    7. 忍耐を要する。

    8. 『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、コルグのシーンを撮影する時はこんな感じだった。

    9. 同じく『マイティ・ソー バトルロイヤル』。ハルクのシーンの撮影はこんな感じ。

    10. 可哀想なブルース・バナーは、顔中にCGI用のドットを描かれなければならなかった。

    11. おまけに、奇妙なマスクも着けなければならなかった。

    12. トニーと2人のピーターは、間違いなく、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とは違うポーズでタイタンに立っている。

    13. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のセットに立つロケットの姿。

    instagram.com

    ロケットは、セットでは俳優のショーン・ガンが演技をし(彼はクラグリンも演じている)、キャラクターの声はブラッドリー・クーパーが担当している。

    14. グルートを悼むロケット。

    15. ガモーラはいつも、いい音楽を密かに楽しむのが好きだ。

    16. ドクター・ストレンジは、時々ドライバーでネジ留めされるのを気に入っている。

    17. ガモーラと、幼いガモーラが出会った。ソウル・ストーンなんて、クソったれだ。

    18. ヘラは現代のテクノロジーを評価している。

    19. ドラックスには実は感情を表す能力がある。

    20. そして、ドラックスはおいしいサンドイッチが大好きだ。

    21. ガモーラの2人のスタントは、不気味なマスクを装着していたが、それが映画に登場することはなかった。

    instagram.com

    彼らはマスクの代わりにペイントすることを選んだ。

    22. ガモーラやスター・ロードがメール好きなのと同じくらい、エゴは居眠りが好きだ。

    23. 厄介なことに、コルグとソーは実際に馬が合わない。

    24. ガモーラは実は小道具部に属していた。

    25. ヨンドゥには優しい側面もある。

    26. ホープ・ヴァン・ダインは大胆な色の口紅を好む。

    27. そして彼女は、女悪党ゴーストとかなり親密な関係にある――一緒におそろいのカツラを着けようとするほどだ。

    28. ガモーラを特徴づける緑色の輝きを実現する、メーキャップ絵の具の数々。

    29. こちらは、スター・ロード用のジャケット。唯一無二のはずだが、実は唯一無二ではない。

    30. 凄腕のスパイらしく、ナキアは、必要な時には周囲に溶け込む方法を知っている。

    31. エムバクはいつも陽気だ。メーキャップのために椅子に縛り付けられている時でさえ。

    32. ナキアは、実はジャバリ族のために働いているのかもしれない。

    33. ワケビとオコエは、世間のイメージとは違い、思うままにリラックスする方法を知っている。

    34. 実のところリラックスは、ワカンダにおける暮らしの重要な部分だ。

    35. ソーは神だ。それでもスタントマンはいる。

    36. そして、ドラックスにも頼もしい代役がいる。

    37. 正直な話、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の主要4キャラクターの代役は二度見してしまうだろう。

    38. 帽子をかぶったネビュラは本当に格好いい。

    39. ソーは優秀なツアーガイドだ。

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:藤原聡美/ガリレオ、編集:BuzzFeed Japan

    BuzzFeed Daily

    Keep up with the latest daily buzz with the BuzzFeed Daily newsletter!

    Newsletter signup form