• odekake badge

山梨の自然と“美味しい”を大満喫できる観光スポット5選&おすすめの温泉付宿

フルーツ王国山梨は、秋冬も見所がいっぱい! 豊かな自然の色づきや風情ある雪の佇まい、そして大人気のお菓子をはじめとする土産たちが迎えてくれます。山梨観光は実はこれからがオススメなんです。観光の拠点としてアクセスも良い温泉付きの宿もご紹介します。

※本記事は10月29日・30日、11月4日に現地周辺在住のライターが取材しました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お出かけの際は感染対策に十分なご配慮をお願いします。

また、営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

ほったらかし温泉

\紹介するのはここ/
【1】甲州市勝沼ぶどうの丘
【2】御嶽昇仙峡
【3】ほったらかし温泉
【4】甲州夢小路
【5】桔梗信玄餅工場テーマパーク

【1】約200銘柄2万本のワインが揃う「甲州市勝沼ぶどうの丘」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

140年余りの歴史を誇るワインの一大産地、山梨県甲州市にある「甲州市勝沼ぶどうの丘」。扇状地の小高い丘の上に位置し、正面に南アルプス、眼下にはぶどう畑と甲府盆地という唯一無二の絶景を楽しめる、まさに「ワインとぶどうの聖地」です。ワインの試飲・購入はもちろん、レストラン、温泉、ホテルなどを併設した複合施設としてゆっくり楽しめます。

山梨ワインの一大産地・甲州市のワイナリーのワインが揃う

Kazuya Shishido / BuzzFeed

なんといってもこちらの魅力は「ワイン」の品揃え。甲州市内41あるワイナリーの8割以上のワインを購入できます。現在は2通りのテイスティングでお気に入りを見つけられるので、贅沢に両方ともトライしてみました。

国内最大! 90種の希少ワインから選べるワインサーバー

Kazuya Shishido / BuzzFeed

まずは、今年コロナ対策として導入されたワインサーバーでの試飲から。600円(税込)で専用グラスを購入。館内3箇所に設置されたサーバーから好きな銘柄を選びます。ちなみに、すべて100%山梨県産ぶどうを使った「GI山梨ワイン」。希少価値の高いフラッシングワインもあります。一番のポイントは、絶景を眺めながら試飲を楽しめること! プラス400円(税込)でおかわりもできるので、飲み比べもOK。絶景ワイン、たまりません。

約200銘柄・2万本のワインを揃えるワインカーブで飲み比べ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

飲み比べをもっと楽しみたいので、次は地下のワインカーブへ。ここでは、赤・白・ロゼと、甲州市推奨の約200銘柄を試飲できます。インフォメーションで専用の試飲容器タートヴァン(有料:1520円・税込)を購入しいざ地下へ。ひんやりした貯蔵庫でソムリエ気分でお気に入りのワインを探します。地下ですが、換気もしっかりされていて安心です。

夜景もまた格別!実は恋人の聖地だったりもするのです

Kazuya Shishido / BuzzFeed

再三プッシュしますが、ここからの眺めはとにかく最高! すり鉢状の甲府盆地を一望でき、正面には南アルプス。これぞ、山梨という絶景は、いつまでも眺めていたくなります。「恋人の聖地」に認定されていて、夜には眩いばかりの甲府の夜景をふたり占めすることも。

温泉にレストランも。のんびり滞在もOK

Kazuya Shishido / BuzzFeed

他に、今年初夏に“木の温もり”をコンセプトにリニューアルした絶景温泉「天空の湯」やレストラン、BBQスペース、そして宿泊施設もある複合施設「甲州市勝沼ぶどうの丘」。ワインと絶景を中心に、1日ゆっくりステイするのもいいかもしれません。

11月3日に山梨ヌーボーが解禁され、2020シーズンの新酒も楽しめるように。最寄駅からぶどう畑の中をのんびり散策して15分ほどなので、電車利用もオススメです。

スポットの情報はコチラから👇

「甲州市勝沼ぶどうの丘」

住所:山梨県甲州市勝沼町菱山5093

アクセス:【車の場合】中央自動車道勝沼ICから約10分 【電車の場合】JR中央線勝沼ぶどう郷駅下車徒歩15〜20分、市民バス

営業時間:売店・インフォメーション9:00〜17:30、展望レストラン11:30〜20:00(L.O.)、和食処11:00〜14:00、バーベキュー11:00〜16:00(L.O.)※完全予約制、温泉 天空の湯8:00〜22:00(最終受付21:00)

定休日:無休

料金:入場無料(地下ワインカーブ、ワインサーバー、レストラン、温泉利用はそれぞれ料金がかかります)

駐車場:無料/普通車300台、バス5台

【2】日本遺産に認定された渓谷美「御嶽昇仙峡」

昇仙峡観光協会

甲府駅から車で約40分。市の北部に位置する「御岳昇仙峡」は、国の特別名勝に指定された自然豊かな渓谷。長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石の連なる渓谷は圧巻で「日本一の渓谷美」とうたわれるほど。渓谷沿いには山梨のグルメや土産スポットも揃うので、散策しながらのんびりと過ごすことができます。

スニーカーで気軽に散策!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

昇仙峡を訪れたら、まずは散策。スタートは「滝上」から。渓谷沿いに整備された階段を下ること約5分。花崗岩の岩肌を削りながら落下する「仙娥滝(せんがたき)」が、轟音とともに姿を表します。落差30m、この日は運良く滝壺にかかる虹も見られました。そして、周囲の岩のくぼみに小銭を挟み込みご利益を願います。

神々しさすら感じる圧巻の渓谷美

Kazuya Shishido / BuzzFeed

水音をBGMに遊歩道を進むことさらに5分、見上げれば昇仙峡のシンボル「覚円峰(かくえんほう)」が。車窓から眺めることもできますが、下から見上げると迫力が違います。それにしても、渓谷の岩々の大きさたるや! 天然のアーチ「石門」は、上に被さる巨大な岩が宙に浮かんでいるという、自然の神秘を感じずにはいられません。

四季の彩りと奇石に見惚れる…

昇仙峡観光協会

石門で折り返せば往復40分ほどの散策ですが、遊歩道をさらに進めば奇石の数々を拝むことができます。紅葉の名所としても知られる昇仙峡。例年見頃は11月中旬から下旬。紅や黄色に染まる渓谷散歩を楽しめます。

ロープウェイに乗って海抜1058mへ。美しい山々のパノラマに感動

Kazuya Shishido / BuzzFeed

大自然をもっと味わうため「昇仙峡ロープウェイ」も乗ってきました! 約5分の空中散歩は、現在、感染症対策のため乗車人数を制限していて、乗り心地も快適です。パノラマ台から一望できる富士山や南アルプス連峰はまさに絶景。テラス席に座り清々しい風を感じながらゆったりと過ごせば、いるだけで贅沢な気分に…。

日本遺産、パワースポットとして再注目

Kazuya Shishido / BuzzFeed

2020年、日本遺産に認定された昇仙峡。長い年月をかけて、花崗岩が風化水食することでできあがった美しい渓谷は、水晶の産地としても名高い地。かつて甲府駅前にあった水晶の噴水を蘇らせた「クリスタルファウンテン」や、日本最大の水晶玉を祀った縁結びの「昇玉堂」など、パワースポットとしても注目を浴びています。

希少な造形美を形成する日本有数の渓谷は、全てを網羅するなら片道約1時間半。アップダウンがあるのでいい運動にもなります。おなかが空いたら名物・御嶽そばを是非。

スポットの情報はコチラから👇

「昇仙峡ロープウェイ」

住所:山梨県甲府市猪狩町441

アクセス:【車の場合】甲府昭和ICから40分 【公共交通の場合】JR中央本線甲府駅下車、南口バスターミナルよりバス40〜60分「昇仙峡滝上」下車徒歩3分 ※所要時間は路線によって異なる

営業時間:ロープウエイ9:00〜17:30

定休日:年中無休

料金:大人往復1300円・片道 700円、小人(4歳〜小学生) 650円・片道 350円 ※3歳以下無料

駐車場:無料(普通車40台、大型5台)他、周辺に公営無料駐車場複数あり

【3】絶景と手づくり感で魅了する「ほったらかし温泉」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「ほったらかし温泉」は、標高約700mから見渡す盆地の景観と美しい山々の大パノラマを楽しめる露天風呂。特に休日は日の出前から多くの人が訪れ、温泉に浸かりながら日の出を眺めているそう。お風呂の後は、テラス席で新名物のたまごかけご飯も味わおう!

眺めの良い山頂にある天然温泉

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「本当にこの上に温泉が?」とドキドキしながらぐんぐん登っていくと、なんとなくひらけた場所に到着。砂利の駐車場に車をとめて、建物の方へ歩いていくと看板が。都会のスパにあるようなサービスはないけれど、心を癒やす自然がある。ほったらかしの名の通り、自然の中にほったらかされているような佇まいが魅力です。

どちらにするか悩む「こっちの湯」と「あっちの湯」

ほったらかし温泉

「ほったらかし温泉」には、「あっちの湯」と「こっちの湯」の2種類の湯があり、「こっちの湯」は、木造りと岩造りの風情ある雰囲気、「あっちの湯」は日の出とともに営業を開始し、眼前に富士山を望むお風呂を満喫できます。風呂はお湯の綺麗さを保つために、毎朝掃除。安心して、気持ちよく湯につかることができます。

湯上りに食べたい名物料理

Kazuya Shishido / BuzzFeed

敷地内には、小さな食事処が2つ。ワインたまごのたまごかけご飯が楽しめる新名物「ごはんセット」は、朝10時前には完売となるそうで、この日も残念ながら、売り切れ…。なので、一日に2000個売れたこともあるという「温玉あげ」(150円・税込)を。サクサクの薄い衣と塩加減が絶妙で、何個も食べられてしまいそうな美味しさです。

自然なままの風景と湯を心に留めて

Kazuya Shishido / BuzzFeed

何かあるわけじゃないけれど、何かある。ほったらかし温泉は、そんな心地よさを体感できる場所。美しい自然に見とれて、スマホでシャッターを切り続けてしまいそうにもなるけれど、その場の空気とまたとない美しい自然の光景はぜひ心に留めてほしいです。

これからの季節、早朝の霞がかった山々も素敵…。湯船は「あつ湯」と「ぬる湯」があるので、交互に使って体の芯からあったまるのがツウ。

スポットの情報はコチラから👇

「ほったらかし温泉」

住所:山梨県山梨市矢坪1669-18

アクセス:【車の場合】中央自動車道勝沼ICから約25分、【公共交通の場合】JR中央本線山梨市駅下車タクシーで約10分

営業時間:日の出1時間前~22:00(最終受付21:30)

定休日:年中無休

料金:大人800円、小人400円

駐車場:300台(無料)

【4】グルメも、山梨みやげも揃う小江戸情緒漂う「甲州夢小路」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

JR甲府駅北口、改札を出て5分かからず辿りつける好立地にある「甲州夢小路」は、ワインや印伝、和紙などを用いた製品など、山梨ならではの土産物が揃うほか、美術館もあり、散策とアートを気軽に楽しむことができるランドマーク。絵になるフォトスポットもたくさんあるので、SNS映えも間違いなしです。

古き良き時代にタイムスリップしたような情緒…

Kazuya Shishido / BuzzFeed

甲府城の下町を再現したという「甲州夢小路」の楽しみ方は、レトロな雰囲気の路地をのんびり散策しながらのショッピング。漆黒の蔵造りの建物が並ぶ石畳の通りには、水が流れ、緑もあって、四季の移ろいも美しい…。どこを切り取ってもフォトジェニックなので、ついつい撮影に忙しくなってしまいます。

鹿皮に漆の紋様の伝統工芸「印伝」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

印伝とは、400年以上前から伝わる鹿革に漆(うるし)で模様をつけた革の伝統的工芸品。江戸時代からの技術を受けづく老舗「印博屋」の小銭入れやカードケース、印鑑ケースなどの小物も可愛い。模様も色々です。バラ、かわいい!

和紙の産地・市川三郷から生まれた和紙の小物

Kazuya Shishido / BuzzFeed

1200年以上の歴史を持つ和紙の産地、市川三郷町にある工房の和紙小物ブランド「めでたや」。季節の商品を始め、一つひとつ手作りのご祝儀袋や消臭炭が人気だそうで、どれもかわいくて、選ぶのに迷ってしまいます。

お土産にも人気のスイーツをつまんでひと休み

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ご当地ものの雑貨のほか、甲州ワインやぶどうを用いた菓子の店も。少し歩き疲れたので、甲州葡萄屋の「こうふのまちのレーズンサンド」(216円・税込)をテラス席でいただくことに。レア食感のレーズンとバタークリームの相性は言うまでもなく最高!お土産にもオススメの逸品です。

アートを気軽に楽しめる、小さな蔵の美術館も

Kazuya Shishido / BuzzFeed

線路沿いを歩き、水晶のまち・甲府を印象付けるような水晶や天然石を多彩にあつかうショップ「玉屋」の隣には「小さな蔵の美術館」というミュージアムが。1階はアンティークジュエリーのコレクション。2階は版画のコレクション。程よい広さの展示ルームで、静寂の中、アートに向き合うこともできます。

古材の梁などを使用した古民家風の建物があるほか、蔵や倉庫など、昔の建築様式を取り入れた店舗がずらり。県内を代表するシェフが腕を振るう飲食店もあるので食事利用もオススメです。

スポットの情報はコチラから👇

「甲州夢小路」

住所:山梨県甲府市丸の内1丁目1-25

アクセス:【車の場合】甲府南ICから約20分【電車の場合】JR中央線甲府駅下車、北口より徒歩2分

営業時間:10:00〜店舗ごと異なる

定休日:年中無休

料金:入場無料

駐車場:24台(60分無料)

【5】遊べる土産処「桔梗信玄餅工場テーマパーク」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

山梨名物土産のひとつ「桔梗信玄餅」。その製造工場のある本社には、アウトレット商品や自社農園産野菜を購入できる店舗や桔梗屋商品が並ぶ土産屋、食事処などが併設され、「テーマパーク」となっています。特に休日は、早朝から県外ナンバーのクルマでいっぱいに。超・お得な「お菓子の詰め放題」に夢中になってきました。

創業明治の老舗菓子店

Kazuya Shishido / BuzzFeed

喜ばれる山梨のお土産として名高い「桔梗信玄餅」でおなじみの桔梗屋。創業明治22年という桔梗屋は、はじめ小さな和菓子店だったそう。それから130年以上!美味しいお菓子はもちろん、レストランやカフェなど、“美味しい”や“楽しい”を作り続けています。

お菓子はこうやって作られる!製造工程にワクワク

Kazuya Shishido / BuzzFeed

現在は感染症対策のため行なっていませんが、普段はお菓子製造工場の見学ができるこちら(今回は特別に見学させていただきました)。いくつもの専用の機械があったり、人の手でしか行えない作業があったり。何より実際にお菓子ができあがる様子を見ると、商品にとても愛情がわくから不思議!

「桔梗信玄ソフト」を満喫

Kazuya Shishido / BuzzFeed

工場見学のあとは、土産店手前のフードコーナーで「桔梗信玄ソフト」(510円・税込)を堪能。ソフトクリームにたっぷりのきな粉と黒蜜、そして桔梗信玄餅と桔梗信玄棒!なんて幸せなスイーツなんでしょう。あっという間に食べてしまいました。

時間を忘れて夢中になる「お菓子の詰め放題」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

桔梗信玄餅工場テーマパークの人気ナンバーワンイベント「お菓子の詰め放題」に挑戦!平日でも午前中には整理券がなくなってしまうという人気っぷりなので、挑戦には覚悟が必要です。

新ルール適用!さぁ、いくつ詰められるか!?

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ルールはカンタン。袋を破らないように桔梗信玄餅を好きなだけ詰め込み、最後は一本結びをすれば完了!現在は感染症対策のため、先に挑戦したい個数を決めて、実際に詰めるというフローになっています。詰められなかった数は「買取り」なので、頑張って!しばらく無言で工夫をしながら、完成!14個詰め込むことができました。

人気土産はこれ!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

桔梗屋のお菓子をテーマパークのように楽しんだあとは、お土産選び!ほとんど全ての商品が揃う土産売り場があれば、アウトレット商品や自社農園産野菜を取り扱う店も。この日、土産に購入したのは「桔梗信玄餅」「信玄軍配」「桔梗信玄生プリン」の3つ。家に帰っても楽しみがあるっていいですね。

桔梗屋の商品は山梨県内のあちこちで購入できますが、アウトレットでしか買えないお得な和菓子もあるというので見逃せません!

スポットの情報はコチラから👇

「桔梗信玄餅工場テーマパーク」

住所:山梨県笛吹市一宮町坪井1928

アクセス:【車の場合】中央自動車道一宮御坂ICから約5分、【公共交通の場合】JR中央本線石和温泉駅からタクシーで15分

営業時間:9:00〜17:00(店舗により異なる)

定休日:年中無休

料金:入場無料

駐車場:100台(無料)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お出かけの際は感染対策に十分なご配慮をお願いします。

また、営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

\そんな甲府エリア観光におすすめの宿がこちらです/

【1】甲府の街を見下ろす天然温泉の大浴場&リーズナブルさが魅力の「天然温泉 勝運の湯 ドーミーイン甲府丸の内」

株式会社共立メンテナンス

街中とは思えない開放感!「ドーミーイン甲府丸の内」は、甲府駅から徒歩5分。最上階の天然温泉露天風呂付大浴場「天然温泉 勝運の湯」にファンの多いホテルです。

住所:山梨県甲府市丸の内3-1-3

総合評価:★★★★☆(4.35)

おすすめプラン:4700円~

アクセス:JR甲府駅南口下車、徒歩約8分また甲府昭和ICから約4km、

甲府南ICから約7km

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する
👉一休.comで詳細を確認する

※Yahoo!トラベル 11月25日時点

壷風呂に露天にサウナ。あれもこれも入りたくなる、最上階天然温泉

株式会社共立メンテナンス, Kazuya Shishido / BuzzFeed

お湯は甲府の天然温泉で体を内側からじんわりと温めてくれます。内風呂に加えて、露天風呂が2種類。さらに、サウナルームと水風呂も!ファンが多いというサウナは設備の新しさも魅力。利用者が気持ちよく使うための配慮(ソーシャルディスタンス&ルールの掲示)がされていました。

期待以上の広々としたお部屋

Kazuya Shishido / BuzzFeed

お部屋は期待以上に広々! 120センチ幅の大きなベッドが並んだツインルームは、一目見た瞬間から「また利用しよう」という気持ちになります。山梨観光を楽しんだ後にゆっくり体を休めることができるプランなど、多彩なプランも魅力です。

朝食は、免疫力が上がりそうな彩豊かなお膳。地元の味「ほうとう」も

株式会社共立メンテナンス

免疫力アップをテーマにした朝食は、彩り豊かな和食のお膳「朝の彩御膳」。「和菜お重膳」「洋菜コンビネーションプレート」から選べ、少量ずつ盛られた惣菜はどれも美味!また、山梨の郷土料理「ほうとう」を朝食にすることもできます。

山梨のエッセンスが随所に散りばめられていて旅気分満点。宿泊する前は、「寝るためだけだから……」と、強いこだわりがあったわけではありませんが大満足!滞在を存分に楽しめるホテルです。

【2】133年の歴史が薫る、甲府随一の老舗「ホテル談露館」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

創業は1887年。130年以上の歴史を有する「ホテル談露館」は、甲府随一の老舗ホテルです。「談露館」の由来は、俳句を愛した初代の俳号「談露」から。本物のレトロが薫る館内でフォトジェニックなスポットを探すのも一興。

住所:山梨県甲府市丸の内1-19-16

総合評価: ★★★☆☆(3.80)

おすすめプラン:3930円~

アクセス:甲府駅(徒歩8分)、甲府南IC(車20分)

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する

※Yahoo!トラベル 11月25日時点

ここに暮らしたい!な、露天風呂付き和室。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

広くて、上質で、落ち着いていて、露天風呂付!部屋にある源泉掛け流しの露天風呂は、時間を気にせず好きな時間に入れるから、チェックインして夕食の前に、食後にまた入って、なんなら朝風呂も…。湯上りは、藤のチェアに腰掛けて、窓の外の坪庭を眺めながらのんびり…。

夕食は、結婚披露宴でも評判のコース料理

ホテル談露館

夕飯は和会席とフレンチのコースから選択ができます。今回は「甲府で初めてナイフとフォークを用いて食べるコースを提供したホテル」の噂を聞いていたので、フレンチの甲州牛コースにしました。朝食は、季節の旬菜と地産地消を意識して作られた食事で、優雅な気分で1日をスタートできます。

館内を散歩したり、ワインの飲み比べを楽しんだり。

Kazuya Shishido / BuzzFeed

時が積み上げてきた本物のレトロが薫る「談露館」。せっかくなので、館内のレトロな雰囲気を楽しんだり、「甲州ワインの飲み比べセット」をオーダーしてお部屋で楽しんだりして過ごすのもおすすめです。

【3】抜群の機能性と利便性。最上階の天然温泉&サウナで、リラックスも叶う「天然温泉 甲斐路の湯 ドーミーイン甲府

Kazuya Shishido / BuzzFeed

JR線「甲府駅」から約900mの「ドーミーイン甲府」。洗練された上質なデザインのエントランスをくぐって、いざチェックイン!

住所:山梨県甲府市中央1-14-3

総合評価:★★★★☆(4.46)

おすすめプラン:3450円~

アクセス:甲府南ICより国道358を荒川沿いに甲府方面にお進み下さい。甲府駅手前の相生歩道橋を右折、3つ目の信号(桜町南)を左折して下さい。正面左手にホテルがございます。【電車】JR線「甲府駅」南口下車、平和通りを南へ約600m甲府署前の信号を左折、約300m先の桜通り中の信号を右折約100m先正面左手にございます。

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する

👉一休.comで詳細を確認する

※Yahoo!トラベル 11月25日時点

シモンズ社を採用したベットは感動の寝心地

Kazuya Shishido / BuzzFeed

シンプルな宿泊だけどちょっとリッチな気分も味わいたいので、今回は、ダブルルームをチョイス。ベッドはシモンズ社製。寝心地にうっとりします。

天然温泉。しかもサウナ・露天風呂付き。朝風呂OK

株式会社共立メンテナンス, Kazuya Shishido / BuzzFeed

「ドーミーイン甲府」の人気の理由がこちらの大浴場。設備は広々&お湯は甲府の天然温泉!サウナルームもあるので、観光の疲れをゆっくりと癒せます。また、眺望抜群の最上階の天然温泉は朝湯も最高。天気がいい日には富士山も見えるそう。

洋食プレートにテンションが上がります!

Kazuya Shishido / BuzzFeed

和・洋から選べる朝食は、「洋菜コンビネーションプレート」をチョイス。「免疫力アップ」をテーマにした朝食には、ご当地食材も積極的に使用しているそう。電源もあるので、スマホの充電をしながらゆったり朝食を堪能できます。

夜食には、ドーミーインの名物というあっさり醤油ラーメン「夜鳴きそば」が無料でサービスにつきます。温泉も設備も言うことなしで、すっかりドーミーインのファンになってしまいました。

【4】オリエンタルモダンな都会の隠れ家。老舗の宿「古名屋ホテル」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

甲府の街とともに歴史を重ねてきた「古名屋ホテル」は、館内のあちこちに歴史の面影を携える名ホテルです。足を踏み入れた瞬間から、その世界観に圧倒されます。

住所:山梨県甲府市中央1-7-15

総合評価:★★★☆☆(3.94)

おすすめプラン:8800円

アクセス:JR線甲府駅より徒歩8分、甲府南ICより車で15分

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する
👉一休.comで詳細を確認する

※Yahoo!トラベル 11月25日時点

露天風呂付きの和室。レトロモダンな雰囲気に癒やされて……

Kazuya Shishido / BuzzFeed

人気のお部屋は畳の香りに癒やされる、露天風呂付きの和室。露天風呂の贅沢な造りと上質な雰囲気に感動!お湯は甲府で沸いているという天然温泉を掛け流しで使用しています。体がじんわりと温かくなり、湯上がりの肌はツルツル。

夕食はワインセラーのある館内レストラン見た目も美しいフレンチのコースを

Kazuya Shishido / BuzzFeed

夕食はレストランで旬が光るこだわりのフレンチコースを。一皿ひとさら、絵画のように美しいお料理が次々と運ばれてきます。そのどれもが、ワインの個性を際立たせるお料理ばかり。レストラン内のワインセラーには、甲州をはじめ山梨県産ワインが赤・白ずらりと並ぶので、至福のマリアージュを愉しむことができます。

オリエンタルモダンな雰囲気に魅了されて…

Kazuya Shishido / BuzzFeed

他にはないオリエンタルモダンな雰囲気にうっとりするロビーは、かなりの癒やしスポット。水と緑がスクリーンのように映し出される大きな窓があり、くつろぎながら、ずっと眺めていたくなります。夜には、バーラウンジでアルコールを嗜む大人の時間がおすすめです。

丸ごと歴史が生きた、非日常。その雰囲気にすっかり酔いしれてしまったのは、言うまでもありません。特にあのロビー。普段はカフェを楽しむこともできるそうで、近ければ間違いなく常連です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お出かけの際は感染対策に十分なご配慮をお願いします。

また、営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。価格・サービス内容等の情報は変更になっている可能性がございます。ご了承ください。
※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。
※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。