• odekake badge

【2020鹿児島おすすめ観光スポット】桜島、砂むし温泉、ご当地グルメ…やっぱり鹿児島は王道コースが楽しかった!

鹿児島のシンボル・桜島の周辺には、自然美と歴史を堪能できる人気の名所が盛りだくさん。絶景の庭園やご当地グルメ、珍しい砂蒸し温泉など、鹿児島を訪れたら必ず行きたい観光スポットは、フォトジェニックな場所も多いので必見です。観光をスムーズに満喫できる便利なホテルも合わせてご紹介!

※新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認いただくとともに、お出かけの際は感染対策にご配慮をお願いします。

名勝 仙巌園

\紹介するのはここ/

【1】桜島

【2】名勝 仙巌園

【3】天文館

【4】城山展望台

【5】砂むし会館 砂楽

【1】鹿児島のシンボル「桜島」へちょいクルーズ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鹿児島と言えば、錦江湾に浮かぶ桜島。雄大な姿をいろんな場所から見ることができますが、やっぱり間近で眺める迫力は格別です。おすすめは桜島と鹿児島港を結ぶ「桜島フェリー」。約15分のプチクルーズを気軽に楽しめます。24時間運航で車での乗船も可能です。

人が集まるフェリーターミナルだから、感染症対策もしっかり丁寧。手すりやテーブルなど、人が触れる部分の消毒はもちろん、換気も徹底。全職員が手洗い・うがいを敢行し、マスクを着用しています。並ぶときも横断幕があり、ソーシャルディスタンスを保っているので安心です。

大爆発の脅威を後世に伝える「黒神埋没鳥居」

© K.P.V.B

もともと島だった桜島と大隅半島が陸続きになったきっかけが大正時代に起きた大爆発。その時に1日で埋もれてしまった腹五社神社(黒神神社)の鳥居を見ることができます。もともとは3mの高さがあったとのことですが、現在地上で見られる部分は1mほど。

長渕剛さんの伝説を残す「赤水展望広場」

Kazuya Shishido / BuzzFeed, © K.P.V.B

鹿児島県出身の長渕剛さんが2004年に開催した伝説のコンサート会場跡地を活かした広場。景色の良さはもちろん、一番の注目は約50トンもの桜島溶岩を積み上げた記念のモニュメント「叫びの肖像」。熱い叫びが伝わる人気の撮影スポットです。桜島港から徒歩約5分「溶岩なぎさ公園」には全長約100mの足湯があり、誰でも利用可能です。

雄大な自然美を大パノラマで楽しめる桜島。ワクワク楽しいフェリーでの移動に加え、展望台や公園など見どころも満載です。海と山を一度に堪能できるぜいたくな場所と言えます。

スポットの情報はコチラから👇

鹿児島港フェリーターミナル

住所:鹿児島県鹿児島市本港新町4-1

アクセス:バス停水族館前から徒歩1分

営業時間:24時間運航

定休日:なし

料金:運賃一般 大人200円、小児(1歳~小学生)100円

駐車場:周辺駐車場利用

Kazuya Shishido / BuzzFeed

【2】見事な庭園が広がる島津家の別邸「名勝 仙巌園

名勝 仙巌園

桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた借景庭園で、広大な敷地内には様々な見どころがあり、貴重な資料が展示されている「尚古(しょうこ)集成館」も隣接。2015年には世界文化遺産に登録され、県内でもかなり人気の高い観光スポットです。

歴史や文化、自然など、いろんな楽しみがある

名勝 仙巌園

5万平方メートルもの敷地には、たくさんの見どころがあり、できれば一日じっくり時間をかけて回る方がベター。なかでも見逃せないものが、鉄製大砲の鋳造のため、島津斉彬(しまづなりあきら)が築いた反射炉跡、島津家の歴史や文化を知ることができる博物館・尚古集成館、そして雅な庭園(写真)。レストランや土産物店もあります。

薩摩切子は、隣接に製造工場があるので敷地内のブランドショップで購入可能

名勝 仙巌園

幕末明治の迎賓館が見られる御殿コースも必見

名勝 仙巌園

庭園や尚古集成館を見学できるコースに加え、島津の邸宅の中が見られる「御殿コース」もおすすめ。来客の応対に使われた謁見の間をはじめ、島津忠義がくつろいでいた御居間や御寝所など、殿様気分を心ゆくまで味わえます。

仙巌園はグルメもすごい。全部行きたい

名勝 仙巌園

園内を見学した後は、薩摩の郷土料理が味わえるレストラン「桜華亭」(写真)へ。地元食材を用いた旬の美食を絶景とともに堪能することができます。他にはカジュアルレストラン「松風軒」や和風カフェ「仙巌園茶寮」、名物ぢゃんぼ餅の「両棒餅屋」があり、味も雰囲気も最高です。

見事な庭園を眺めつつ、明治幕末の時代を感じられる名所。敷地内にはなんと神社まで。豊かな自然の中を散策しながら縁起が良い場所を巡っていると、どんどん運気が上がりそう。また、季節ごとにさまざまなイベントを行っているので、ぜひチェックしてみて。

スポットの情報はコチラから👇

名勝 仙巌園

住所:鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1

アクセス:カゴシマシティビューバス停「仙巌園前」下車すぐ

営業時間:9:00~17:00(レストランは11:00~15:30LO)

定休日:なし(かごしまマラソン開催日を除く)

料金:高校生以上1000円、小・中学生500円(尚古集成館と共通)、御殿コース高校生以上1500円、小・中学生750円

駐車場:あり(駐車料金300円)

Kazuya Shishido / BuzzFeed

【3】多くの人でにぎわう繁華街「天文館」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

飲食店や土産物店、ファッションなどさまざまな店が集まった鹿児島一の繁華街。アーチ型のアーケードが設けられているのが特徴で、桜島の降灰や日差しなどを気にせず店を回ることができます。

鹿児島名物・しろくまの本家「天文館むじゃき

Kazuya Shishido / BuzzFeed

「白熊」とは、削った氷に練乳をかけてフルーツなどをのせた鹿児島の名物スイーツ。その発祥の店が天文館の中心地にある「天文館むじゃき」です。本店は1階が軽食、2階が洋食の店になっていて、どちらの店でも白熊が味わえます。

入口ではキュートな白熊がお出迎え

Kazuya Shishido / BuzzFeed

店の前には立派な白熊のオブジェがあり、人気のフォトスポットになっています。優しい表情がなんともカワイイくまさんで、見ているだけで思わずにっこり。「今日はきっといい日になるよ!きっとね!」のメッセージにもほっこりします。

フルーツや白豆など豪華トッピングが楽しい「天文館むじゃきの白熊」(レギュラーサイズ740円)

Kazuya Shishido / BuzzFeed

細かくふわっふわの削りたて氷に自家製ミルクをたっぷりかけ、季節のフルーツがのった本家の白熊が一番人気。ミルクの豊かなコクと優しい口溶けの氷、多彩なトッピングの組み合わせが本当においしくて、何度でも食べたくなる味です。他にもチョコレート白熊やストロベリー白熊、プリン白熊など、気になるメニューがそろっています。

鹿児島のうまいものをいろいろ味わいたい時にまず訪れたいのが天文館。いろんな店が集まっていて、どこで食べるか見て回る時間も楽しめます。土産物を扱う店も多いので、合わせてチェックしてみてください。

スポットの情報はコチラから👇

天文館むじゃき本店

住所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8

アクセス:天文館通電停から徒歩約3分

営業時間:11:00~19:00「(フード18:15LO、白熊・ドリンク18:30LO)

定休日:不定休

駐車場:なし

Kazuya Shishido / BuzzFeed

【4】桜島を一望できる絶景スポット「城山展望台

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鹿児島市街地と錦江湾、桜島を高台から見渡せる展望台です。西南戦争最後の激戦地でもあり、周囲には西郷洞窟や西郷終焉の地といった史跡も点在します。緑に囲まれた遊歩道もあり、自然散策もお楽しみの一つ。

城山を背景に立つ姿が印象的な「西郷隆盛銅像

Kazuya Shishido / BuzzFeed

幕末・明治維新で活躍した西郷隆盛の銅像。天文館から徒歩圏内の場所にあり、堂々とした姿をいつでも気軽に眺めることができます。鹿児島市出身の彫刻家・安藤照により、1937年に建てられました。銅像の身長は5.257m、5.7頭身。

撮影するなら銅像向かいにある「西郷銅像撮影ひろば」

Kazuya Shishido / BuzzFeed

高さ約8mもの位置にある西郷隆盛銅像。高低差があるので一緒に写るのはちょっと厳しい…ということで、国道を隔てた部分に設けられたのが「西郷銅像撮影ひろば」。この広場に立つと、ちょうどいい感じで西郷さんと記念写真が撮れるのです。素晴らしい。カメラを置くスペースも設けてあり、フレーム内にうまく人物と像が納まります。

西郷銅像撮影ひろばには、時間帯によって地元ガイドさんが登場することも。いろんな観光スポット情報を教えてくれたり、記念写真撮影のシャッターを押してもらえたり、楽しい時間を共有できます。

いろんな史跡が集まっているので、散歩しながらじっくり回ってほしいエリアです。西郷銅像の近くには観光ステーションがあり、情報収集も可能です。

スポットの情報はコチラから👇

城山展望台

住所:鹿児島県鹿児島市城山町

アクセス:カゴシマシティビュー「城山」下車すぐ

料金:無料

駐車場:あり

西郷隆盛銅像

住所:鹿児島県鹿児島市城山町4-36

アクセス:カゴシマシティビュー「西郷銅像前」下車すぐ

駐車場:なし

Kazuya Shishido / BuzzFeed

【5】全国的にも珍しい砂むし温泉を体感できる「砂むし会館 砂楽

Kazuya Shishido / BuzzFeed

天文館から指宿温泉郷の「砂むし会館 砂楽」へ。ここでは海岸の砂に入って温まる「砂むし温泉」を体験できます。貸し浴衣を身に着け、砂むし場へ横になると係の人が砂をかけてくれます。約10分で全身がじんわり温まり、汗が出てきます。入浴は砂よけ用のタオルが必要ですが、記念タオルを販売しているので手ぶらでも安心です。

砂むし温泉後は温泉やサウナでゆったり入浴

Kazuya Shishido / BuzzFeed

砂から出た後は浴衣を脱いで砂を落とします。広々とした内湯とサウナがあるので、そこでさらに温泉を満喫。泉質はナトリウム塩化物泉です。体の芯まで温まり、心も体もスッキリ。

入浴後は海岸ウォークでリフレッシュ

Kazuya Shishido / BuzzFeed

砂むし温泉の後は周辺散歩がおすすめです。見事なオーシャンビューに加えて、心地よい潮風と波の音がリラックス効果抜群。のんびり景色を楽しんだり、写真を撮ったりと、ゆったり流れる時間が日常の疲れを癒やしてくれます。

波打ち際で行う砂むし温泉は、全天候型だからいつでも体験OK。潮の状態や天候に左右されないよう、海岸に屋根付きの全天候型の砂むし場を完備しています。これで雨の日でも大丈夫。砂むし温泉後は温泉に入るので、着替えやバスタオルも用意した方が良いです。バスタオルはレンタルもあります。

砂むし温泉の砂はしっとりとしていて、全身を温かく包んでくれます。さらに海沿いの開放感が癒やし効果を倍増。心も体もリフレッシュできること間違いなし。

スポットの情報はコチラから👇

砂むし会館 砂楽

住所:鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18

アクセス:JR指宿駅から車で約3分、または砂むし会館バス停から徒歩すぐ

営業時間:8:30~20:30受付(平日12:00~13:00は清掃等のため受付休止)

定休日:なし(7・12月の第2週の火曜にメンテナンス休館あり)

料金:砂むし温泉入浴料 中学生以上1100円、小学生以下600円(浴衣レンタル料含む)※砂むし温泉入浴には砂よけ用のタオルが必要

駐車場:あり

Kazuya Shishido / BuzzFeed

天文館エリアのホテルがどこでも行きやすくて便利です。

【1】電停や港が徒歩圏内!「リッチモンドホテル鹿児島金生町

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鹿児島観光の拠点にぴったりの「リッチモンドホテル鹿児島金生町」は、利用客の観光サポートにも並々ならぬ情熱を感じるホテル。電停がすぐ目の前にあり、桜島を結ぶ鹿児島港が徒歩圏内という立地も便利です。

住所:鹿児島県鹿児島市 金生町 5-3

総合評価: ★★★★☆(4.47)

おすすめプラン:3250円~ 

アクセス:鹿児島中央駅から市電乗車、約15分(170円降車時払い)「朝日通」電停下車1分、タクシー約10分(1000円以内)「金生町のリッチモンドホテル」とお伝え下さい

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する
👉一休.comで詳細を確認する

※上記はYahoo!トラベル11月17日時点

オリジナルガイドをもらえて、バス電車1日乗り放題チケット購入もOK

Kazuya Shishido / BuzzFeed

ロビーの一角には観光パンフレットがいっぱい!いろんな種類がありましたが、今回はホテルスタッフさんが手掛けたというオリジナルガイドを頂きました。フロントではお得なバス電車1日乗り放題チケットも購入できるので、すぐに出かけられるのもいいところ。

旅の疲れを癒やしてくれる和モダンな畳の客室

Kazuya Shishido / BuzzFeed

客室は広々36平米の畳タイプ。靴を脱いでゴロンと横になれるので、とっても快適です。バス・トイレ・洗面スペースがすべて独立しているのもうれしいポイントですね。デザインも凝っていて、まるで高級旅館のよう。

朝食は4種類からチョイス可。サイドメニューも充実しています

Kazuya Shishido / BuzzFeed

朝食は4タイプあり、好きなものを選ぶことができます。奄美大島の郷土料理・鶏飯、焼きたて魚の焼き魚朝食、陶板で焼き上げた目玉焼き定食、さつま芋入りの田舎風・豚汁がありました。どれもサイドメニュー付きで豪華内容。

桜島や城山を回るのに便利なホテルです。アクセスの良さに加えて、各種チケットやガイドがそろっています。スタッフさんも話しやすく、親切です。

今ならおすすめプランが3250円から。GoToトラベルとYahoo!トラベルのポイント還元を利用するともっとお得に予約できます。

▲Yahoo!トラベルなら初めての予約で+10%還元です / 2020年11月17日時点の価格です

【2】女性専用フロアや禁煙フロアなど客室タイプ充実の「サンデイズイン鹿児島

Kazuya Shishido / BuzzFeed

さまざまな飲食店が立ち並ぶ天文館通りに隣接するホテル。シンプルで居心地の良い空間づくりと351室もの客室が魅力です。

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町9-8

総合評価:★★★★☆(4.38)

おすすめプラン:2950円~

アクセス:JR鹿児島中央駅より車で5分

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する

👉一休.comで詳細を確認する

※上記はYahoo!トラベル11月17日時点

洗練されたデザインの客室にこだわりを感じます

Kazuya Shishido / BuzzFeed

客室のベッドは140cmのダブルサイズ。シンプルな空間ですが、椅子やテーブルなどのデザインが実におしゃれ。なんというか上質感があります。さらにサービスとして地元メーカーのミネラルウォーターがあり、郷土愛もかなりのもの。

シャワーブースは独立タイプ。シャワー派にはパラダイスです

Kazuya Shishido / BuzzFeed

今回はバスタブがない客室を利用。トイレと洗面スペース、シャワーブースが完全に独立していて、とっても快適です。トイレが湯気で濡れない!床に水が跳ねない!これで料金はバスタブ付きの客室よりお得だからさらにうれしい。

好きなものを選べる朝食メニュー。栄養バランス完璧です

Kazuya Shishido / BuzzFeed

現在の朝食は選べるセットメニュー。奄美の郷土料理・鶏飯、和食、洋食、黒豚入りカレーの4種があり、どれもボリューム満点です。全種制覇のために連泊を考えるレベル。

客室の種類と数がかなり多く、目的に合わせて利用できます。快適性を考えた空間づくりに加えて上質感がとてもいい。居心地が良くて旅の疲れも忘れてしまうホテルです。

今ならおすすめプランが2950円から。GoToトラベルとYahoo!トラベルのポイント還元を利用するともっとお得に予約できます。

▲Yahoo!トラベルなら初めての予約で+10%還元です / 2020年11月17日時点の価格です

【3】鹿児島中央駅にも近くて便利な「ホテルマイステイズ鹿児島

Kazuya Shishido / BuzzFeed

鹿児島全域とのアクセス拠点になる鹿児島中央駅にほど近く、新幹線や空港を利用するにも便利です。同駅周辺にある史跡や観光名所も気軽に巡ることができます。繁華街にありながら静かで落ち着いた雰囲気がまた素敵。

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町2-71

総合評価:★★★★☆(4.17)

おすすめプラン:2350円~

アクセス:九州新幹線鹿児島中央駅より徒歩15分

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する

👉一休.comで詳細を確認する

※上記はYahoo!トラベル 11月17日時点

北欧テイストの客室と細やかな心遣いがうれしい

Kazuya Shishido / BuzzFeed

客室は清潔感があり、小物類を置くスペースも充実しています。マルチタイプのケータイ充電器まで完備されていてびっくり。北欧風のデザインもおしゃれです。アメニティはセルフサービスで必要な分だけもらえます。

朝食はハーフブッフェ。しゃぶしゃぶも食べられます

Kazuya Shishido / BuzzFeed

朝食はお代わり自由のメニューがズラリ。パンやサラダ、しゃぶしゃぶまでありました。ドリンクも好きなものを選べます。レストランは広々としていてゆとりがあり、木のぬくもりを感じる雰囲気の中で食事ができます。

ランチは名物の二官橋バーガー。ボリューム満点で人気です

Kazuya Shishido / BuzzFeed

朝食がとてもおいしかったので、そのままランチも利用。「二官橋バーガー」(写真右)がレストランの名物らしく、お目当て客も多いとか。バーガーセットにはサラダバーとドリンクバー、スープバーまで付いていて、お腹いっぱいになれます。幸せ。

天文館の中にありながら、鹿児島中央駅にも近くて各方面にアクセスしやすいホテル。新幹線や飛行機、高速バスなど、どの交通手段を使っても安心です。電停もすぐ近くにあります。ホテル直結のコンビニも結構便利。

今ならおすすめプランが2350円から。GoToトラベルとYahoo!トラベルのポイント還元を利用するともっとお得に予約できます。

▲Yahoo!トラベルなら初めての予約で+10%還元です / 2020年11月17日時点の価格です

【4】自家農園の採れたて野菜で元気をチャージ!「かごしまプラザホテル天文館

Kazuya Shishido / BuzzFeed

天文館の中心部にあり、グルメやレジャーの拠点におすすめの宿。さらにホテルステイを思う存分楽しむためのサービスが充実していて、本当に感動します。あらゆる世代がうれしくなるようなおもてなしの連続です。

住所:鹿児島県鹿児島市山之口町7-8

総合評価:★★★★☆(4.23)

おすすめプラン:4500円~

アクセス:鹿児島中央駅から車・タクシーで7分。

👉Yahoo!トラベルで詳細を確認する

※上記はYahoo!トラベル 11月17日時点

シャンプーバーやアメニティ、ドリンクサービス、さらにマンガ図書館も

Kazuya Shishido / BuzzFeed

まずフロントからスゴ過ぎます。24時間いつでも利用できる種類豊富なフリードリンク、選りすぐりのシャンプーバー、自由に選べるアメニティなど、自宅ではなかなかお目にかかれないサービスがワンフロアに詰まっていました。そしてその一角には自由にマンガが読める図書館まで。ゆっくりくつろげるようにとホテルからの心遣いを感じます。

極上の眠りを約束するエアウィーヴを完備

Kazuya Shishido / BuzzFeed

スタイリッシュで居心地の良い客室は、寝具もこだわっています。快眠をサポートするマットレスパッド・エアウィーヴを全室に備え、各フロアには選べるレンタル枕コーナーを用意しています。「いびき対策」「首のシワ防止」など約7種類の枕があるので、好きなものを試してみて。

朝食は農園直送の新鮮野菜がたっぷり。おいしい料理で朝から元気いっぱいになれます

かごしまプラザホテル天文館

朝食はバイキングスタイル。農園直送のトマトやハーブ、水耕栽培のレタスなど、食材からとことんこだわっています。快適な寝具でぐっすり眠った翌日にこの豪華メニュー、“泊まって健康になれる特別プログラム”をひそかに受けている気がしてきました。

「ホテルでリフレッシュしてください」と言わんばかりのさまざまなサービスが目白押しです。観光でちょっと歩き疲れていても、好きな香りの入浴剤や高級シャンプーを使い、良質な睡眠をとれば、きっと翌朝には完全回復。また楽しい旅が始まります。

今ならおすすめプランが4500円から。GoToトラベルとYahoo!トラベルのポイント還元を利用するともっとお得に予約できます。

▲Yahoo!トラベルなら初めての予約で+10%還元です / 2020年11月17日時点の価格です

\記事で紹介したホテルまとめ/
【1】リッチモンドホテル鹿児島金生町(総合評価4.47)

【2】サンデイズイン鹿児島(総合評価4.38)

【3】ホテルマイステイズ鹿児島(総合評価4.17)

【4】かごしまプラザホテル天文館(総合評価4.23)

※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。
※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。
※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。